便秘の原因は様々ですが、中には生まれつき便秘になることもあります。

 

いったいその原因とは何なのでしょうか。

スポンサードリンク

生まれつき便秘になる?

生まれつき便秘になると言うと便秘体質が遺伝してしまっているのではと考えるかもしれません。

しかし、それは少なくほかに原因があることが多いです。

 

とくに赤ちゃんや子供が便秘になってしまう原因は、両親の生活習慣が大きく影響しています。

これについてはこちらの記事を参考にしてみてください⇒赤ちゃんの便秘の原因とは?

 

こういった生活習慣などは全く関係なく、生まれつき便秘になる原因もあるので見ていきましょう。

スポンサードリンク

①機械的腸閉塞(きかいてきちょうへいそく)

これは何かの原因で腸を便が通ることができなくなっている状態の便秘を指します。

  • 腸がねじれてしまっているため、便が出てこない。
  • 腫瘍などが腸を圧迫して、便が進まない。
  • 生まれつき腸が繋がっていない。

 

少ないですが、こういったことが生まれつき起こっていることがまれにあります。

 

この時の症状は、強い腹痛、嘔吐、便がまったく出ないなどです。

点滴などで栄養補給しながら、外科手術で治療していきます。

②機能的腸閉塞(きのうてきちょうへいそく)

ws000204

腸の構造は正常ですが、腸を動かすための機能がない病気です。

代表的なものにヒルシュスプリング(先天性巨大結腸症)というものがあります。

 

お腹の張りがひどく、腸炎、腸が破れることもある危険なものです。

 

この治療は正常に動く腸と、動かない腸を見極めて、動かない腸を取り除く外科手術が行われます。

③結腸過長症

生まれつき大腸が長いという人がいます。

大腸が長いので、便が長く腸の中に留まるのです。

 

この間に便から水分を吸収しすぎてカチコチの便秘になってしまうものです。

 

病気というよりも、体質として受け止めるしかないとされています。

特別な治療法が無く、普通の便秘対策、食事などの対症療法が中心になります。

④ねじれ腸

最近分かってきた、ねじれ腸というものがあります。

詳しいことはまだまだ分かっていませんが、生まれつき腸がねじれているため、便のうまく進むことが出来なくなってしまうのです。

 

腸を3Dとして写すことができる機器で診断します。

ただし、これは分かったとしても治療法はありません。

 

便秘になりやすい体質として、便秘対策をしっかりするしかありません。

まとめ

生まれつきの機能性閉塞、機械的閉塞は死の危険があります。

子供や赤ちゃんに異常を感じたらすぐにでも病院に行くようにしましょう。

 

大腸が長い、ねじれ腸の場合は生まれつきの便秘体質です。

 

長い間、便秘に悩まされて対策をいろいろしたけど治らないのであれば、可能性があります。

 

ちょっと〇〇をしてみたけど・・・というような便秘対策だけでは足りません。

生活習慣を改めて見直してみましょう。

 

今まで便秘対策をどれくらいしましたか?

便秘解消のために出来る限りのことをできているのか確認してみてください。

 

⇒⇒私はこうやって便秘を解消した!!実践した解消方法をすべて公開!