喉が渇いた時に冷たい飲み物って美味しいですよね!

でもそんな冷たい飲み物が便秘の原因になることがあります。

 

冷たい飲み物でお腹を冷やすことで、どんな悪影響があるのか紹介します。

スポンサードリンク

冷たい飲み物が便秘原因になる?

冷たいものを飲んだり食べたりすると、お腹が冷えてしまい、お腹が痛くなる人は多いです。

下痢を引き起こすというのはよく聞きますが、便秘になったり、便秘を悪化させる人もいます。

 

冷たい飲み物だけでなく、アイス、かき氷、ざるうどん、ざるそばなど冷たい食べ物でも便秘原因になるので注意しましょう。

でも、どうして冷たい物で便秘になってしまうのでしょうか??

①冷たい飲み物で腸の動きが低下する

冷たい飲み物によってお腹を冷やすと、血管が収縮してしまいます。

 

血管が収縮すると、身体全体の血行が悪くなるのですが、腸への血流も低下してしまうので機能が低下してしまうのです。

そのため腸の動きが悪くなるので、便がうまく送り出すことが出来なくなります。

②冷たい飲み物で悪玉菌が増える

また、胃腸の働きである消化吸収の機能も低下してしまいます。

 

食べたものを、消化吸収できなくなると悪玉菌のエサが大量に残った状態になり、悪玉菌が増えてしまいます。

 

悪玉菌は消化しきれなかったものを腐敗させてしまい、ガスなどの有害物質を作り出していくのです。

腸の中に有害物質が溜まっていくと、腸の機能がさらに低下していき便秘を悪化させる原因になります。

スポンサードリンク

腸の動きが低下する便秘とは

腸の動きが低下してしまうことで起こる便秘を「弛緩性便秘」と言います。

 

  • 硬い便
  • コロコロした便
  • お腹は痛くなることは少ない
  • 便意が弱い

こういった症状を出すことが多いです。

 

便秘になっている人は、ほとんどの場合が弛緩性便秘の状態です。

弛緩性便秘は冷たい飲み物以外にも原因はあります。

 

  • 食物繊維の不足
  • 運動不足
  • 筋力不足
  • 加齢
  • ダイエット
  • 脂っこいものが好き
  • お肉が好き

こういった原因でも弛緩性便秘は起こります。

 

私もかなりひどい、弛緩性便秘だったのですが、便秘解消するためにいろいろなことを試してみました。

その中で効果のあった解消法をすべて紹介しています↓↓

私はこうやって便秘を解消した!!実践した解消方法をすべて公開!

③冷たい飲み物で腸が動きすぎる

3つ目の理由は、上の2つと少し違います。

腸の動きが低下するのではなく、腸が動きすぎることで便秘になってしまうことがあります。

 

冷たい飲み物は腸を刺激するので、この刺激で腸がけいれんしてしまいます。

腸が異常に動きすぎてしまうと、便をうまく送り出すことが出来なくなるためです。

腸がけいれんする便秘って?

これが原因となって起こる便秘をけいれん性便秘と言います。

けいれん性便秘の特徴は腹痛です。

冷たい物を食べた、辛い物を食べた、脂っこいものを食べた場合には刺激となるため、腹痛が起こってしまいます。

 

その他にも、

  • ストレスが多い
  • 悩みが多い
  • 疲れが溜まっている
  • お腹が痛くても、便が出ない
  • 辛い物を食べると腹痛
  • 脂っこいもの食べると腹痛
  • 便秘と下痢を繰り返す
  • 腹痛があっても出ないことがある
  • コロコロの小さい便が出る

 

こういった症状があるなら、あなたはけいれん性便秘の可能性が高いでしょう。

 

1番の原因はストレスで腸が過敏になってしまうことです。

緊張した、怒られた、嫌なことがあった後などにも腸にけいれんが起こるため、腹痛が出ます。

 

けいれん性便秘では、ちょっと便秘解消するための方法が違います。

この便秘を改善させたいなら、こちらの記事を参考にしてみてください↓↓

なぜストレスで便秘になってしまう?その原因と対策!

お腹を冷やす悪影響は便秘だけではない!

ws000202

お腹を冷やすことで、便秘になるだけでなくその他に問題も引き起こすので注意したいですね。

これは、冷たい飲み物や食べ物で冷えるだけではありません。

 

お腹を出して寝てしまった、寒い日に薄着で出かけたなど、寒さからもお腹を冷やすと起こります。

お腹を冷やすと代謝が落ちてしまうので、冷え性、太りやすい、疲れやすい、生理痛がひどくなるという悪影響があります。

 

そして、お腹が冷えると、胃腸の働きが低下するため、腸内細菌の悪玉菌が増えてしまいます。

この悪玉菌が身体に与える影響は、何一つ良いことはありません↓↓

便秘の原因になる腸内細菌の悪玉菌とは!

逆に温かい飲み物が与える影響は

冷たい飲み物がダメなら温かい飲み物はどうでしょうか?

温かい飲み物は胃腸を暖めてくれるので、動きが活発になります。

 

つまり、便秘解消する方向へ働いてくれるのです。

便秘になっている、便秘になりやすいというのであれば、温かい飲み物がおすすめなんです。

 

ただし、どんな飲み物でも温かければ良いというわけではありません。

コーヒー、紅茶、緑茶などのカフェインが含まれているものは便秘を悪化させることがあるので、飲みすぎはダメ

 

基本的には、カフェインが含まれていない温かい飲み物で水分補給するのが良いでしょう。

まとめ

身体を冷やす=胃腸を冷やす⇒⇒腸の動きが低下する

これを防ぐためには、冷たい飲み物は避けるべきです。

 

冷たい飲み物はノド越しも良く、スカっとしますが、便秘の原因の1つになってしまいます。

ちょっとくらいなら良いですが、一気に飲み干すようなことはやめておきましょう。

 

しかし、冷たい飲み物を少し飲んでも便秘気味になるのであれば、すでに腸内細菌バランスが崩れています。

腸内の善玉菌が減って、悪玉菌が増えている状態です。

 

悪玉菌を減らして善玉菌を増やすものを取り入れていきましょう↓↓

オリゴ糖の便秘解消の効果がすごい!おすすめのオリゴ糖は!