タバコを吸うとウンチが出る!という人は少なくないようです。

本当にタバコを吸っていれば便秘解消に役立っているのでしょうか?

 

タバコと便秘の関係について本当のことを知りたい

禁煙すると便秘になってしまった

 

こんな疑問や悩みがあるなら、ぜひ読んでみてください。

今回の記事ではタバコと便秘の関係について紹介します。

 

スポンサードリンク

タバコで便秘解消する!?

タバコを吸って便秘が解消される。

ウンチをする前にはタバコを吸ってからという方は多いです。

 

タバコを吸うことで便意を催すということはちゃんと理由があります。

胃腸を動かす効果

タバコの成分であるニコチンには腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)を活発にするという作用を持っているのです。

この蠕動運動とは腸の中の便を後ろに後ろに送り出すための動きのことです。

 

つまり、蠕動運動が活発になることで便を送り出そうとするので、便意を催すことが出来ます。

 

このニコチンの作用は即効性があり、タバコを吸ってから10分前後でトイレに行きたくなるということが多いです。

タバコを吸うとお腹が痛くなるという人が時々いますが、腸の動きが活発になることで腹痛になっています。

もう少しだけ詳しく説明すると。

脳の伝達物質にはアセチルコリンというものがあり、ニコチンと似ている構造をしています。

 

アセチルコリンは胃腸を動かすときに分泌されるもので、タバコを吸ってニコチンが身体に入ると、似ているため同じような効果が出てきます。

スポンサードリンク

タバコが便秘の原因になる!?

上に書いた作用をタバコは持っているので、便秘解消に効いていると思うかもしれません。

実際にタバコを辞めて、禁煙すると便秘に悩まされる人は多いです。

 

ただ、タバコが便秘を解消させる、予防になっているというのは間違いで、タバコの便秘解消の効果は1時的なものなんです。

つまり、タバコを吸うと出るわけではなく、タバコを吸わないと出ない状態になってしまいます。

 

タバコは便秘を悪化させてしまう原因と言っても間違いありません。

副交感神経が正常に働かなくなる

ニコチンによって腸が動くという作用はありますが、これはやはり1時的なもので、無理やり動かしているようなものです。

タバコを吸ってニコチンを体内に入れつづけると、自律神経が乱れてくることが分かっています。

 

自律神経は2つあり、交感神経と副交感神経からなり、バランス良く身体の機能を調節しているのです。

そして、副交感神経には腸の動きを調節するという、作用を持ってます。

 

ニコチンの効果が続くことで、副交感神経が上手く機能しないため、本来なら腸を動かさないとダメな時でも、動かさないということも起こってくるのです。

つまり、タバコを吸い続ければ吸い続けるだけ、自力では腸が動かせなくなっていくということです。

 

タバコを吸う⇒自力で腸が動かない便秘気味⇒タバコを吸って、無理やりに排便する⇒さらに自力での腸の動きが悪くなる

この流れになると、どんどん悪循環に陥っていきます。

血管が収縮する

タバコには血管を収縮させてしまうという効果があります。

血管が収縮してしまうと、血流が悪くなるので栄養が十分に運べなくなってしまいます。

 

ウンチを作ったり、動かしたりする大腸もこの影響を受けるため、どんどん動きが鈍くなっていくのです。

ニコチンの依存性

タバコによって便秘体質になってしまったら、なかなか改善されることはありません。

タバコを吸い続けないとウンチが出なくなってしまます。

そして、吸い続けていると、慣れが起こるのでニコチンの量を増やさないと出なくなるという危険な状態にまで陥ります。

 

また、ちょっとでもタバコが吸えない環境になってしまうと、依存性からイライラしてしまいます。

このイライラのストレスも副交感神経の正常な働きを邪魔してしまうのです。

 

タバコで便秘が悪化しているなら、禁煙するしかありません。

便秘解消するためには、食生活や生活習慣が大事なんですが、悪化させている原因となるニコチンを排除しないと何をしても便秘は解消されることはありません。

禁煙してどれくらいで便秘が解消される?

便秘が身体に与える悪影響のこと、タバコの悪影響のことを考えたら禁煙すべきです。

禁煙すると、便秘が解消されるまでは1週間から3か月くらいは必要です。

 

これは身体から完全にニコチンが抜けてしまうまでには3日くらいと言われています。

ニコチンが抜けるだけで、便秘が解消される人もいますが。

自力では動かなくなってしまった、腸が動くようになるまで時間が必要です。

 

この期間が苦しすぎて、ついついタバコを吸ってウンチを出したくなるという人もいます。

(ニコチン依存から吸いたくなるということのほうが多いですが・・・)

 

禁煙と同時に便秘解消のために出来ることを同時進行していないと、禁煙したけど腸が自力では動かないままで、便秘が治らないということもあります。

出来る限り便秘に良いこともするようにしましょう。

上手く便秘を解消できる方法はこちらを参考にしてみてください↓↓

私はこうやって便秘を解消した!!実践した解消方法をすべて公開!

禁煙したら便秘になったらどうする?

今までは便秘じゃなかったのに、禁煙したら便秘になってしまったという人は多いです。

これは上で書いた通り、無理やり動かしていた腸が、タバコが無いと動かないせいです。

 

これを解消していくためには、自力で腸を動かせるようになる必要があります。

  • 食物繊維
  • 乳酸菌
  • 運動

この3つを継続していく必要があります。

食物繊維は1日に最低でも20g必要で、乳酸菌をヨーグルトなら1日に200gです。

これを毎日続けるのは、大変ですが動きが弱まった腸を改善するまでは、頑張ってみましょう。

 

食事の中だけで改善する、毎日継続するのが無理そうなら、サプリメントに頼りましょう。

タバコを買うよりも安く行うことができます↓↓

便秘解消に効く乳酸菌サプリメント・食物繊維・オリゴ糖のおすすめ!

 

そして、運動についてはこちらの記事を参考にしてみてください↓↓

なぜ運動不足は便秘の原因になるの?効果的な運動のまとめ!