オリゴ糖が便秘解消にかなり効果があるというのは有名ですよね。

 

・オリゴ糖がなぜ便秘に良いのか知りたい

・オリゴ糖を摂って本当に効果があるのか怪しい

・オリゴ糖は赤ちゃんや妊婦さんでも安全なのか知りたい

・オリゴ糖を摂っても便秘に効果が無いけど?

・オリゴ糖の正しい摂り方が分からない

 

こんなことを知りたいと疑問に思っているあなたのために、今回の記事ではオリゴ糖について詳しく紹介していきます。

実際に私もオリゴ糖を使ってみて、どうだったのか自分で試した経験もあわせて見ていってください。

スポンサードリンク

Contents

私もひどい便秘に苦しんでいた

自分の場合もひどい便秘に長く悩まされてきましたが、いろいろな便秘対策を繰り返してきた経験があります。

頑張って一度は便秘を完全に解消することに成功したのですが、怠けてしまったので元の通りの1週間は出ないという状態に戻ってしまったことがあります。

 

最初の便秘解消のときはいろいろなことを同時にやってみたのですが、今回はオリゴ糖だけで便秘解消してみたらどうなんだろうと思って自分の身体で実験してみました。

 

オリゴ糖を紹介しているサイトはたくさんあるのですが、なんだか怪しいと思っている人も多いと思い、あえて挑戦してみました。

最終的には便秘を解消することが出来ましたが、いろいろ思ったことがあるのでシェアしたいと思います。

ぜひあなたの便秘解消の参考にしてみてください。

そもそもなぜオリゴ糖が便秘解消に効くのか

オリゴ糖を摂ることで便秘に効く理由は「悪玉菌が減って、善玉菌が増えることで大腸の動きか活発になる」という効果を持っているからです。

 

オリゴ糖の効果は腸内細菌の善玉菌を増やして、胃腸の調子を整えることにあります。

胃腸の中では善玉菌と悪玉菌がせめぎ合っていて、もう一つ日和見菌(ひよりみきん)と言うどっちつかずの菌の3種類の菌たちが住み着いています。

 

善玉菌と悪玉菌は割合を増やしたり、減らしたりしています。

日和見菌は善玉菌が優勢の時には、善玉菌を助けるように働きます。

逆に悪玉菌が優勢の時には、悪玉菌を助けるように働いてしまうのです。

参考:大鵬薬品

 

オリゴ糖は腸内に住んでいる善玉菌、悪玉菌、日和見菌すべてのエサとなります。

この時に善玉菌はオリゴ糖を分解するときには、『有機酸』を作り出すのです。

 

この有機酸こそが腸内環境を改善する肝です!

有機酸の中には乳酸と酢酸があり、腸内環境のpHを酸性にしていくことで、悪玉菌が増えるのを抑え込んでしまいます。

すると悪玉菌が増えることが出来ないのに、善玉菌が増えていって、さらに日和見菌が加勢してくれるため腸内環境が改善されていきます。

 

 

善玉菌が増えて、オリゴ糖の多くが善玉菌が分解するようになると『有機酸』も豊富にになります。

大腸はこの『有機酸』をエネルギーとして使って、活発に動くことが出来るようになるので便秘を解消する効果が出てくるのです。

善玉菌を増やすのにオリゴ糖を選ぶ2つの大きな理由

オリゴ糖が便秘解消に良いことは分かったでしょうか?

善玉菌の代表として有名なのは乳酸菌、ビフィズス菌ですよね。

それなら善玉菌を増やすなら、ヨーグルトとかを食べれば良いのでは?と思うかもしれません。

 

善玉菌を増やすためにオリゴ糖を選ぶ理由は

  • 合う合わないを考えなくて良い
  • 継続するのが大変ではない

①合う合わないを考えなくて良い

たしかにヨーグルトなどの乳酸菌がたっぷり含まれた食べ物も善玉菌を増やすのに有効です。

ただ、乳酸菌、ビフィズス菌には多くの種類が存在しています。

 

腸内にいる善玉菌の種類もかなりの数で20種類以上も存在していることが分かっています。

ヨーグルトには1~2種類の乳酸菌が含まれているだけなので、人によっては合う合わないということがあり、食べたところで意味がないことも少なくありません。

 

商品を選んで食べ始めてから最低でも2週間は続けないと効果が出るか分かりません。

効果が出なければ、また商品を変えて続ける必要があります。

 

でもオリゴ糖を摂り入れると、もともと腸内にいる色々な種類の善玉菌が増えてくれるのです。

どのヨーグルトが良いのかな?と選ぶ必要が無くなるのはメリットです。

②継続するのが大変ではない

便秘を解消しようと思うとヨーグルトなら1日に200gという結構多い量を毎日食べ続ける必要があります。

この量って結構大変ではないですか?私がヨーグルトを続けることが出来ないのはこのせいでした。

 

オリゴ糖なら砂糖の代わりに使ったり、飲み物に混ぜたりと簡単に使うことが出来るので継続するのが本当に簡単なんです。

 

ここまで読んでみてどうでしたか?

オリゴ糖って便秘解消には最強な気がする!と思いませんでしたか?

でもオリゴ糖を食べ物から摂り入れるのって大変なことなんです。

オリゴ糖を食べ物から摂り入れるには

便秘に最高な効果を持っているオリゴ糖ですが、食べ物から摂ることは難しいのです。

  • オリゴ糖が豊富な食べ物が少ない
  • オリゴ糖の種類をたくさん摂れない

 

この2つの理由から食べ物から十分な量を毎日摂り入れることは・・・無理ではないかと思います。

オリゴ糖が豊富な食べ物は

オリゴ糖が豊富に含まれていると言われている食べ物は

 

  • きな粉  7.0g
  • ゴボウ  3.6g
  • 玉ねぎ  2.8g
  • 納豆  2.0g
  • ハチミツ  1.5g
  • ニンニク  1.0g
  • バナナ 0.3g
  • (100gあたり)

 

こういった食べ物に含まれていますが、多いとされているものでも、大量に摂れるわけではありません。

 

オリゴ糖は種類にもよりますが、1日あたり5~8gを目安に摂り入れると便秘の解消が期待できます。

ゴボウを毎日1本(150g)くらいという苦しい量ならオリゴ糖は十分に摂れます。

 

もちろんオリゴ糖は善玉菌のためには毎日食べたほうがいいです。

継続することができれば、長くても1ヶ月くらいで腸内環境は改善できるかもしれません(ゴボウは食物繊維も豊富ですし・・・。)

オリゴ糖の種類をたくさん摂れない

もう1つ大変な理由があります。

それは1つの食べ物から摂れるオリゴ糖は1種類だけということです。

 

実はオリゴ糖の種類はかなり多く存在しており、とくに便秘解消の効果が高いものは4~5種類くらいあります。

そして、腸内の善玉菌はそれぞれエサにすることが出来るオリゴ糖が決まっています。

 

●●オリゴ糖は●●菌がエサに出来る。▲▲オリゴ糖は▲▲菌がエサに出来るという感じで、好き嫌いを持っています。

効率よく善玉菌を増やそうと思ったら、複数のオリゴ糖を摂る必要があるのです。

 

便秘のために、意識してオリゴ糖が含まれるものを毎日続けるのはかなり難しいこと・・・食べ物からは正直無理だと思います。

食べ物からは難しそうであれば、オリゴ糖の製品を試した方が長続きするのでオススメです。

オススメしたいオリゴ糖は!オリゴ糖の選び方

私は結局オリゴ糖の製品を使うことにしたのですが、いろいろな製品が販売されていたので調べまくりました。

その中で良さそうだったのが2種類だけ!!選んだポイントをまとめています。

純度が高い

オリゴ糖と書いてある商品でも、オリゴ糖の含有量が50%くらいしかないというようなものはたくさんあります。

代表的なのはスーパーやドラッグストアなどで販売されている液体状のオリゴ糖です。

 

液体状のオリゴ糖には普通の甘い糖分が使われているので、あまり効果はありません。

ほぼ100%のオリゴ糖が使われている商品はすべて粉状の商品です。

安全性が高い

私は妊娠中でも授乳中でもないのですが、ここを見てくれている方にはいるかもしれないので。

すべて天然成分がから作られている、オリゴ糖のものを選んでいます。

ちなみに、おすすめするものは赤ちゃんでも大丈夫な安全なものです。

オリゴ糖の種類が多いもの

上にも書きましたが、多くの種類のオリゴ糖が含まれていた方が、腸内の善玉菌の多くがエサとすることが出来ます。

複数の種類のものを組み合わせて効果をアップさせることをEOS理論(いおすりろん)と呼びます。

選んだオリゴ糖は2種類だけ

最終的に残ったオリゴ糖は2種類だけでした。『カイテキオリゴ』と『はぐくみオリゴ』という製品です。

 

詳細を確認するなら⇒⇒はぐくみオリゴ

 

 

『カイテキオリゴ』

カイテキオリゴの詳細は⇒⇒毎日スッキリな生活!!

 

どちらも安全性が高く、複数の種類のオリゴ糖を配合しています。

悩みましたが、1番売れている、継続した時の値段が安い、溶けやすい、返金保証が長いという理由でカイテキオリゴにしています。

カイテキオリゴを30日間チャレンジ

長続きしない、自分でも簡単に続けられたのがオリゴ糖の製品。

コーヒーや紅茶に砂糖代わりにティースプーン1杯入れるだけです。料理するときに1杯入れても大丈夫

ヨーグルトに混ぜて食べるのも良いし、とにかくティースプーン1杯を1日に1回口にすれば良いだけです。

 

 

カイテキオリゴを簡単に紹介しときます。

このカイテキオリゴはオリゴ糖純度ほぼ100%の高品質なものです。

お子さんや妊婦さんが食べても大丈夫な品質で天然由来のオリゴ糖だけを使用しています。

ws000147

1袋150g入っています。1日5gで1ヶ月分です。

 

ws000148

ws000149

さらさらのパウダー状です。ヨーグルトやコーヒーに入れてます。

 

 

さらにオリゴ糖にも種類があり、善玉菌によってエサになるものが違ってくるのです。

これに対応するために、オリゴ糖が6種類も入っているのです。

カイテキオリゴを継続する上でのルール

カイテキオリゴを継続したときのルールを紹介します。

・1番最初に便秘薬を使う

・3日出なかったときは、便秘薬を4日目に使う

・カイテキオリゴを1日に5g以上摂る(基本は5gだけ)

・とりあえず30日間続ける

 

1番最初に使う便秘薬はなんでもいいです。(私はコーラックにしました)

まずは1度出してリセットしておいた方が便秘解消には良いです。

 

次に3日出なかった次の日には便秘薬を使うのは、3日を超えて出なかった時には何をしても出にくい状態になってしまうためです。

この時に使うのは酸化マグネシウムの緩下剤です。

これで出ないときには刺激性の便秘薬を使ってもOK。

 

便秘薬はダメって聞いたし、副作用もすごいって言うしという方は無理に使う必要はありません。

酸化マグネシウムの便秘薬は副作用も少ないので、いざという時だけ使っても良いとは思います。

カイテキオリゴ1~7日目

1日目

前日の夜にコーラックを飲んでおいたので、朝からトイレにダッシュすることが出来ました。

(コーラックなどの刺激性の便秘薬は使い続けるのはダメ。いざという時だけにしておきましょう。)

 

1日目ということで継続するのが苦手なヨーグルトにカイテキオリゴを1杯かけて食べました。

他に変わったこともなく、もちろん朝のトイレ以外には出ていません。

2日目

この日も頑張ってヨーグルトにカイテキオリゴをかけて食べています。

カイテキオリゴは甘みが砂糖よりもかなり少ないので、これだけだとプレーンのヨーグルトが苦手な人には辛いかも。

 

苦手な人はフルーツも入れて食べましょう。

この日もうんともすんとも言わず。

3日目

ヨーグルトを家族に食べられていたため、朝食のコーヒーに入れて飲みました。

なんだかガスが張って、グルグルとお腹が鳴る1日でしたが出ていません。

4日目

この日も朝食後のコーヒーにカイテキオリゴを入れて飲んでいます。

もう出ていない状態で4日目なので、この日の夜に酸化マグネシウムの便秘薬を飲みました。

5日目

朝にヨーグルトに入れて食べています。

食後にトイレに行きたくなったので、便秘薬の効果なのですが出ています!

 

変化したことと言えば、出した時のニオイが減ったような気がします。

6日目

この日も変わらずヨーグルトにカイテキオリゴをIN。

グルグルとお腹が鳴っていて、腸が動いているような気がしましたがウンチは出ず。

7日目

この日はヨーグルトを食べたくなかったので・・・朝食後のコーヒーに入れています。

 

いつも通りで出るような気配はなく、やはり私のひどい便秘だとオリゴ糖だけでは無理かもと思いながら就寝。

カイテキオリゴ8~14日目

8日目

この日は寝坊したため、朝食の時間が取れず。

時間が無かったので水にカイテキオリゴを溶かして飲んだだけです。

水でもサラッと溶けるのは本当に楽かも。

 

そして、昼食後に来た!!とトイレに駆け込んで硬めのこげ茶色のウンチがちょっとだけ出ました。

スッキリ感は無いけど、少し安心。

9日目

前日に出たので頑張ってヨーグルトにかけて食べました。

この日は出ていませんが、おならのニオイが臭くないということに気づきました。

おそらく腸内環境が改善されているからだろうと思います。

10日目

この日もヨーグルトにかけてカイテキオリゴを摂っています。量はずっと5gだけ。

もちろん出ていません。

11日目

ヨーグルトは無かったので、この日は朝食のお味噌汁に入れて飲みました。

甘さが強くないのでちょっと甘くなったかな?という程度で気にならなかったですね。

この日も音沙汰が無く、次の日に出なかったら便秘薬だなぁと不安になりながら就寝。

12日目

朝食後になんと催したのでトイレにこもりましが。

出そうで出ないというのを何度か繰り返しましたが、硬くてコロッとしたのが少々出ました。

 

朝食の時に忘れていたので、この日は晩御飯のスープに投入しています。

なかなかスッキリと出てくれません。

13日目

朝食のヨーグルトにかけて食べてた後に、なんと2日連続で来ました!

しかも、なぜかこの日は硬いウンチじゃありませんでした。

快便というほどの量ではありませんでしたが、少しスッキリ出来ました。

14日目

この日は飲み物のココアに投入して飲んでいます。

このあたりで、お腹がグルグル言わなくなりました。

 

若干の手応えを感じながらも、そこまでスッキリ出来ていないので続けるか迷いました。

でも出ていないわけではないので、続行!何もしていない時よりも出ていたので・・・。

カイテキオリゴ15~21日目

15日目

ヨーグルトに投入して食べる。

ちなみにヨーグルトは1日に200gを毎日が便秘解消に良いらしいですが、私はそこまで食べれないので100g程度です。

 

この日は出ず。

16日目

朝食のシリアルに入れて食べる。

この日に、オリゴ糖は最初に効果がでて、しばらくすると効果が出なくなるという停滞期があるのを思い出す。

これを乗り切るにはいくつか方法があるけど、食べる時間を変えたり、量を変えたりすると良いらしい。

17日目

さっそくだけど、この日はあえて夕食のスープに投入して食べる。

夜に出そうになったけど、引っ込んでしまった。

 

便秘薬を飲む日だったのですが、翌日になんとなく出る気がしたので飲まずに就寝。

18日目

朝食後に予想通り、普通よりちょっとだけ硬いくらいの便が多めに出た。

なんだか便の色がこげ茶色では無くなっているのに、改善してるという実感が。

 

晩御飯の煮物にかけてカイテキオリゴを取っています。

19日目

朝食のだし巻き卵に投入して食べる。

この日は出ず。そして晩御飯が焼肉だったので爆食した。

20日目

いっぱい食べたけど出ず。この日は夕食の時のスープに入れて飲みました。

21日目

この日も晩御飯のスープに入れて飲んだだけ。

まったくうんともすんとも言わず。

 

お肉の食べ過ぎは腸内環境を悪化させるというのは本当っぽい。

なんだか出そうにない上に3日出ていないので、酸化マグネシウムの便秘薬を飲んで就寝。

カイテキオリゴ22日目~30日目

22日目

朝食のヨーグルトにかけてカイテキオリゴを食べる。

食べたあとにバナナ上の良い硬さが出たけど、こげ茶色でした。

23日目

この日も朝食のヨーグルトにかけて食べる。

午後にコーヒーを飲んだ後に催したので、トイレに。

 

少し硬めのが少しだけ出ました。

24日目

この日は外食予定だったので、ちょっとオリゴ糖を多めにしてみました。

朝食のヨーグルトにかけて。夜に水に溶かして飲んで、いつもの倍に。

25日目

前日に多めに取ったのがよかったのか、分かりませんが朝食後にちょっと硬めのが普通の量出た。

この日は夕食のときに摂っています。

26日目

朝食のヨーグルトにかけてカイテキオリゴを摂る。

なぜか友人と山に登るということで、連れていかれる。この日は出ず。

27日目

いつもと違うタイミングで取ろうということで、昼食後の紅茶に入れて飲みました。

この日もまったく出ず。3週間目くらいからはおならのきついニオイも無し、お腹が張ることもなくなっています。

28日目

朝食のシリアルにかけてカイテキオリゴを摂る。

この日も出ず、便秘薬を飲む日だったけど忘れていました。

29日目

この日も朝食のシリアルにかけて食べる。

そして、その後にすぐに小さめのバナナくらいの良い感じのが出ました。

30日目

最終日予定だったので、出したかったが出ず。

夕食のときにミネラルウォーターに入れて飲む。

 

カイテキオゴ30日間チャレンジのまとめ

30日間ではスッキリと便秘が解消された!というところまでにはいきませんでした。

ただ、1週間も出ないのが多かった、おならが臭かった、ガスがよく張っていたというのは確実に改善されています。

 

この後もカイテキオリゴだけで便秘解消をというのは継続しています。

2日に1回くらいのペースになることが出来たのは76日目でした。

 

ただ、2日に1回のペースなんですが、硬い便が出ることがあったので、それも出なくなったり、完全解消したのが92日目

時間がかかったのは、カイテキオリゴくらいしかしていなかったからだと思います。

 

まあヨーグルトを食べたり、野菜は食べたりと出来る範囲ではしていました。

カイテキオリゴを使っていなかったら、これだけでは解消出来ていなかったので確実に効果はあると思います。

 

以前に便秘を解消した時には、乳酸菌サプリメント、カイテキオリゴ、食物繊維のサプリメントの3種類を使いました。

その時には16日目くらいから2日に1回のペースに出るようになったので、一気に解消したいときには試してください。

 

のんびりと腸内環境を整えていきたいなら、カイテキオリゴを試す価値はあるでしょう。

はぐくみオリゴという商品とどちらでも良いと思いますが、決められないなら、カイテキオリゴを試してみてください。

カイテキオリゴをもっと知りたいなら>>

腸内環境の状態をチェック

オリゴ糖を続けていくうえで本当に聞いているのか分からないということもあると思います。

腸内環境が改善されていっているのか、自分でチェックしてみましょう。

ウンチの色

黄色〜茶色は腸内環境が善玉菌のおかげで酸性になっている証拠です。

こげ茶〜黒色は腸内環境が悪玉菌のせいでアルカリ性になっています。

ウンチとおならのニオイ

強烈なニオイの場合はインドール、スカトールという悪玉菌が作る有害物質が多い状態です。

ウンチの形

コロコロで硬いウンチは腸の動きが悪いこのを示しています。

毎日出ていてもコロコロなら便秘です。 正常なのはバナナ状で途中で切れません。

オリゴ糖を摂る上で注意したいこと

カイテキオリゴに限らずオリゴ糖を摂るときに注意したいことがあります。

オリゴ糖はすでに腸内に存在している善玉菌のエサとなって数を増やしてくれます。

 

腸内の善玉菌の数が少ない状態でオリゴ糖を摂っても改善されるまで時間がかかってしまうのが注意点です。

 

善玉菌が減っている人は長期間の慢性的な便秘の人、歳を重ねていくにつれて便秘になった人です。

(腸内のビフィズス菌は加齢とともに減少していくことが分かっています。)

 

すでに善玉菌が少なくなっている人はオリゴ糖と一緒に乳酸菌を摂ると相乗効果が得られます。

ヨーグルトなどの乳酸菌を食べる習慣が無い人はこれから頑張って食べるか、乳酸菌のサプリメントを利用するのも1つの手です。

 

便秘を解消するために、これからどうしようかと迷っている人、今までいろいろ試したけどダメだった人。

サプリメントで便秘を解消しても良いなと思っているなら参考にしてみてください⇒⇒私はこうやって便秘を一気に解消しました!

オリゴ糖の危険性

オリゴ糖が便秘に良いのは確かなのですが、本当に摂り続けても大事ですなのか心配な人は多いようです。

便秘解消のための市販薬やお茶にも危険な副作用があるものは多いので、聞きなれないオリゴ糖に不安を覚えるのは無理はないと思います。

オリゴ糖の原材料は

  • 天然の原料
  • 糖質どうしをくっつけたもの

この2つのどちらかに分けられます。

どっちでも結局は糖が元なので安全性に問題はないようです。

 

  • フラクトオリゴ糖・・・ショ糖が原料
  • ラフィノース・・・ビート(テンサイ)が原料
  • 乳果オリゴ糖・・・ショ糖と砂糖が原料
  • キシロオリゴ糖・・・トウモロコシが原料
  • ガラクトオリゴ糖・・・乳糖が原料
  • 大豆オリゴ糖・・・大豆が原料
  • イソマルトオリゴ糖・・・トウモロコシが原料

どうやってオリゴ糖を作るのか

オリゴ糖を原料からどうやって作るのかも安全かどうかを知るのに大事です。

  • 天然の原料から抽出
  • 酵素で合成した後にろ過する
  • 原料から酵素で分解してろ過する

 

こうやって作られているのですが、反応させて作る時も酵素反応を利用したものです。

オリゴ糖の作られ方も安全には問題ないでしょう。

オリゴ糖の製品は大丈夫か

オリゴ糖自体は問題ないというのは上に書いたとおりですが、製品によっては大丈夫か?というものは多くあります。

 

  • オリゴ糖という表示で売られていても含有量が半分くらいで、他は砂糖がいっぱい
  • 添加物、香料が使われている

 

こういう摂り続けるのには向いてないようなものも多いのです。

つまり、オリゴ糖は安全だけど、他に使われているものがあると危険かもということです。

 

オリゴ糖を選ぶときには原料表示を見て、オリゴ糖以外のものが入っていない純度が高いものを選んでおきましょう。

妊婦、授乳中、赤ちゃんはオリゴ糖は大丈夫?

妊婦さん、授乳中のママは本当に大丈夫かなと思う人も多いでしょう。

市販されている便秘薬、下剤とは比べものにならないくらい安全です。

妊娠中の便秘に苦しんでいる、産後の便秘に苦しんでいる人こそオリゴ糖を試してほしいです。

 

赤ちゃんはそもそも母乳中には何種類ものオリゴ糖が含まれていることが分かっています。

ママさんの母乳がしっかりと出ていて、たっぷり飲んでくれているなら、オリゴ糖をわざわざ与える必要はありません。

 

粉ミルクには1〜2種類のオリゴ糖しか含まれていないため、オリゴ糖を与えてみて便秘解消させても良いでしょう。

この場合は量は少なめに始めて、ウンチの様子を見ながら調節します。

 

妊婦さん、赤ちゃん誰が飲むにしても、砂糖や添加物が入っていないものを選んでください。

オリゴ糖の副作用

オリゴ糖を摂り続けても問題はないのですが、副作用と言うものも少しはあります。

下痢をする

これは急激にオリゴ糖を多くて摂ったときによく起こります。

消化されにくいオリゴ糖はそのまま腸の中に進んでいき、腸内の浸透圧を高めます。

浸透圧の差によって、水分を集めてきてウンチの水分が増えすぎて下痢をしてしまうのです。

 

これを防ぐには、摂った量があなたには多すぎたということなので減らして適量を探しましょう。

ガスが出る

オリゴ糖を取り始めたときにお腹がグルグルと鳴りまくって恥ずかしい。

おならがいっぱい出るということは多く起こります。

 

これは腸内にいる日和見菌がオリゴ糖をエサにしてガスを作り出すからです。

このときには日和見菌は悪玉菌に加勢している状態です。

 

オリゴ糖を継続して、善玉菌が増えて、悪玉菌が減ると、ガスの量は減っていきます。

オリゴ糖が効かなくなる

オリゴ糖を飲み始めると、しばらくすると効果が出てきたけど。 なんだか飲み続けてるのに効果がなくなってきたなあということが起こります。

 

これを腸内環境停滞期という状態です。

善玉菌がある程度増えて、腸内環境が整っているときに悪玉菌が頑張って耐えようします。

 

つまり、耐性菌が出てきて悪玉菌が少しでも増えてしまうため起こると考えられています。

 

  • 毎日同じ量を摂っている
  • 毎日同じ時間に摂っている
  • 毎日同じ食べ物に混ぜて食べている

こんな場合には腸内環境停滞期が起こりやすくなってしまいます。

 

これを防ぐためには難しいことをする必要はありません。

オリゴ糖をやめて(半分の量にして)、3日後に元の量に戻す

朝だけでなく昼、夜に変えてみる

混ぜている食べ物を変える

 

これだけでも再びオリゴ糖の効果を感じることが出来るようになります。

なるべく毎日の摂り方に変化をつけるようにしましょう。

オリゴ糖とは

糖にはいくつも種類があるのは知っていますか?

たとえば、単糖というそれ以上分解することが出来ないものが

  • ブドウ糖
  • ガラクトース
  • マンノース

 

2糖類という単糖が2つくっついた構造をしているもの。

3糖類という3つくっついたものなどいくつも種類があります。

 

オリゴ糖は単糖が2~10くらいつながった糖類です。

オリゴ糖にもいくつも種類があり、善玉菌を増やす効果が強いもの、弱いものと効果も違います。

オリゴ糖の種類

オリゴ糖の種類はあまりにも多いので、ここでは代表的なものを紹介します。

とくに便秘の解消に効果のある善玉菌を増やすことが出来るものは、難消化性オリゴ糖と呼ばれます。

 

胃では消化されにくく、小腸でも消化吸収されにくく、大腸まで届いて善玉菌のエサになってくれるものです。

キシロオリゴ糖

トウモロコシから作られるオリゴ糖で、甘みが砂糖の半分程度です。

善玉菌を増やすだけでなく、カルシウムの吸収を高める効果もあります。

ガラクトオリゴ糖

牛乳にも少量ですが、含まれています。

乳糖を酵素反応させて作り出されているオリゴ糖です。

 

脂肪の代謝を向上させたり、アミノ酸の吸収率を高めるという効果もあります。

ラフィノース(ビートオリゴ糖)

別名を砂糖大根とも呼ばれる、北海道で採れるビートという野菜から抽出されて作られます。

甘さは砂糖の1/5というほんのりした甘さを感じられます。

血糖値も上がりにくいので、糖尿病の人にもおすすめです。

大豆オリゴ糖

名前のとおり大豆に多く含まれているオリゴ糖です。

このオリゴ糖も消化されやすいため、大腸まで届きにくいのですが、善玉菌を増やす効果は高いです。

 

他のオリゴ糖よりも甘みは強く、砂糖の3/4くらいあります。

乳果オリゴ糖

天然の食べ物ではヨーグルトに少しだけしか含まれていないため、乳糖とショ糖から作られるオリゴ糖です。

これも甘みが強く、砂糖と同じくらいの甘みを感じることができます。

フラクトオリゴ糖

玉ねぎ、にんにく、バナナに含まれており、虫歯になりにくい糖分としても使われたりします。

トクホの商品にも使われるくらい、効果が証明されています。

イソマルトオリゴ糖

スーパーやドラッグストアでも売られている液体状のオリゴ糖によく含まれています。

甘みは砂糖と同じくらいで、砂糖代わりにも使われることがあります。

味噌やハチミツにも含まれています。

 

ただし、このイソマルトオリゴ糖は難消化性ではないので、大腸まで届きにくいため善玉菌を増やすこうかはそこまで高くありません。

オリゴ糖のカロリー

オリゴ糖を使い続ける上で気になる情報の1つがカロリーではないでしょうか。

見た目は砂糖と同じなので太ったりしないのか気になりますよね。

 

オリゴ糖のカロリーは砂糖の半分の1gあたり2kcalです。

(イソマルトオリゴ糖は4kcalあります)

 

そして、カロリーが低い分ですが甘みもおよそ半分程度しかありません。

甘いヨーグルトに慣れている人ならオリゴ糖だけをかけて食べると甘さが物足りない人も多いでしょう。

 

甘くないからといってオリゴ糖を使い過ぎてしまうと、カロリーも増えるので太る原因になってしまうので注意しましょう。

オリゴ糖の効果

オリゴ糖の効果は善玉菌を増やして、腸内環境を整えるというものです。

そこから身体にとってうれしい良い影響が出てきます。

便秘解消

これはもういっぱい説明してきたので良いでしょう。

オリゴ糖の効果でメインとも言えます。

アレルギー

アレルギーは免疫の異常で起こるものです。

腸の中で身体の免疫を70%も担っているのを知っていますか?

 

腸内環境が悪くなれば、風邪をひきやすくなるというのは有名なことです。

つまり腸内環境を整えることで、免疫力を正常にするのでアレルギーの症状を抑えることにもつながります。

免疫力アップ

上のアレルギーと同じ理由で免疫力がアップして風邪をひきにくい、ガン予防にもつながります。

ダイエット

オリゴ糖で腸内環境を整えると身体の代謝がアップします。

悪玉菌が作り出す有害物質によって血液の流れが悪くなり、代謝が悪くなっています。

 

善玉菌を増やして代謝がアップすると自然と消費するカロリーも高くなるのでダイエット効果があります。

美肌効果

オリゴ糖で便秘が解消されてスッキリすると肌にすごい効果が出てきます。

それだけ悪玉菌の有害物質が肌に悪い影響を与えているということです。

血糖値が上がりにくい

オリゴ糖は砂糖よりも消化吸収されにくいので血糖値を上昇させにくいのです。

また、食膳に難消化性のオリゴ糖を摂っておくと食事による血糖値の上昇も抑える効果も持っています。

生活習慣病

腸内環境が悪い状態はコレステロールが高くなってしまいます。

これは腸が動かず、必要以上にコレステロールを吸収してしまうためです。

 

これを解消することでコレステロール値を抑えることができ、動脈硬化予防にもつながります。

また、カロリーも少ないので太りにくくダイエットにも良いのです。

口臭

オリゴ糖で腸内環境が良くなると代謝がアップするので口臭が減ります。

また、便秘も解消されるので、悪玉菌が作るガスが口から出てこなくなることも口臭が減る理由です。

虫歯になりにくい

オリゴ糖は虫歯菌が利用しにくいので虫歯になりにくいのです。

砂糖を減らすことにもつながり、虫歯予防の効果が期待できます。

オリゴ糖の上手な摂り方は

オリゴ糖を摂るときにどんな摂り方でも良いのですが、さらに効果を高めるためにおすすめの摂り方があります。

オリゴ糖プラスヨーグルト

オリゴ糖をプレーンのヨーグルトにかけて食べるとかなり効果が高いです。

腸内の善玉菌が少ない状態でも乳酸菌と一緒に摂ることで、効率よく善玉菌を増やすことができます。

 

甘さが足りないときには砂糖をかけるのでなく、フルーツと一緒に食べるとさらに効果が高いです。

オリゴ糖プラス食物繊維

便秘に良いもののコンビでさらに効果アップが期待できます。

おすすめとしては甘さを控えた野菜多めのスープを作って、そこにオリゴ糖を混ぜて食べる方法です。

 

オリゴ糖は甘みが少ないので、甘くなりすぎないので、お味噌汁でも問題ありません。

とくに一緒に食べたいのが水溶性食物繊維が豊富なゴボウです。

オリゴ糖プラスココア

ココアにオリゴ糖を混ぜて飲むのもかなり効果が高いです。

ただし、ココアは砂糖が入っていないタイプのものにしておきましょう。

(砂糖は悪玉菌のエサになります)

 

ココアはリグニンという食物繊維が豊富なので便秘解消の飲み物としても良いのです。

オリゴ糖プラス酒粕

酒粕をお湯で溶かして、レンジでチンしてオリゴ糖を混ぜると甘酒の完成です。

酒粕はスーパーなどで手に入れることができる発酵食品です。

 

善玉菌を増やす効果も高いのでオリゴ糖でさらに効果アップすることが出来ます。

妊婦さんや授乳中の方はアルコールが少しだけ含まれるので控えてください。

まとめ

オリゴ糖のことを詳しく見ていきましたが、腸内環境を整えるエキスパートですね。

便秘に悩んでいたらオリゴ糖をぜひ試してみてください。

 

私もオリゴ糖だけで時間はかかりましたが、便秘解消することに成功しています。

オリゴ糖を試してみようかなと思ったら⇒⇒こんなの無かった!毎日のすっきり習慣☆