便秘がつらいけど便秘に良い食べ物を家で料理する時間もない、コンビニを利用して昼ごはんや晩ごはんを終わらせないとダメなんてことは多いですよね。

 

そういう時には少しでも便秘に良いものを選びたいと思っても、どれが効果が高いのか、どれを選べば良いのか迷ってしまいます。

 

そこで、今回の記事では便秘を解消するために選びたい、コンビニで買うことができる飲み物に焦点を当てて紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

便秘に良い飲み物とは

便秘に良いと言われるものはたくさんありますが、基本的には3つの効果が期待できるものを選ぶことになります。

 

1. 食物繊維が含まれる飲み物

食物繊維はとにかく便秘には必須の栄養素です。これが含まれている飲み物を飲むと、食べ物だけでは足りない部分を補うことができます。

 

2. 腸内の善玉菌を増やす飲み物

腸内には善玉菌と悪玉菌がせめぎ合ってバランスを取っています。便秘になると善玉菌が減っていき、悪玉菌が増えて、腸の動きを低下させてしまいます。善玉菌を増やす飲み物で腸内細菌のバランスを整えてあげるのです。

 

3. 腸を刺激して、動きを活発にする飲み物

便秘になっていると腸の動きはかなり悪い状態です。これを刺激する飲み物で活発に動かして便秘を解消してあげることができます。

 

この3つの効果が期待できるものを選んで、便秘解消の助けをしてあげると良いのです。それでは具体的にどんな飲み物を選べば良いのか見ていきましょう。

スポンサードリンク

1. 食物繊維が含まれる飲み物

食物繊維が含まれると聞いて、思い浮かべるのは野菜ジュースでしょうか。野菜ジュースだけでなく最近人気が高いスムージーにも食物繊維が含まれているので、便秘解消に良い飲み物です。


また、食物繊維が含まれているのは特保の飲み物で、食後の血糖値の上昇を抑える、脂質の吸収を抑えると宣伝されている飲み物ですね。

 

難消化性デキストリンという水溶性食物繊維が添加されており、これが便秘解消に良い成分なんです。

 

難消化性デキストリンと聞いて、それって飲んで大丈夫なのと思うかもしれませんが、これ以上飲んだら危ないという規定が安全すぎて作られなかったくらいです。

 

食物繊維は便秘を解消しようと思ったら1日に25gは摂取したいものです。外食やコンビニが多いなら25gを達成するのは、難しいので食物繊維が多い飲み物で補助してあげましょう。

 

コンビニで売られている飲み物にどれくらいの食物繊維が含まれているのでしょうか。

 

・カゴメ 野菜1日これ1本: 1.2~2.9g

カゴメは栄養を添加していない、野菜と果物を絞ったものだけをパッキングしているのが特徴です。1本200mlで100円程度です。

 

・伊藤園 1日分の野菜:食物繊維2.0~4.2g  栄養強化型1日分の野菜:7.0~10g

伊藤園は野菜を絞ったものに作る段階で失われる栄養素を添加して作っています。その分栄養は豊富に含まれています。こちらも1本200mlで100円程度。

 

・カゴメ 野菜生活グリーンスムージー:3.8g

スムージーの商品は多すぎるのですが、どれでも良いわけではありません。カゴメのグリーンスムージーは食物繊維が3.8gとなかなか優秀です。

 

スムージーはファミリーマート、セブンイレブン、ローソンで限定のものが販売されていますが、飲みやすく仕上げてあるために食物繊維の量が少ないです。(表示されてないものも多い)

 

コンビニ限定のものは1~2g程度しか食物繊維が入っていないので、物足りません。現在はスムージーが多く販売されているので、表示されている栄養素を見て食物繊維が多いものを選びましょう。

食物繊維が3.8g含まれているおすすめ

 

・コカコーラ からだ健やか茶W:5.25g

最近CMで良く流れている商品ですが、食物繊維の量は豊富です。1本あたり350mlで、157円と特保の中では安めに抑えられています。

 

・アサヒ 十六茶W:10g

こちらも今どんどん発売されている特保の商品です。1本500mlで172円と高いのですが、10gも食物繊維を摂ることができます。

 

・キリン メッツコーラ:5.0g

炭酸飲料を飲みたいなら、特保のこの商品がおすすめです。480mlのペットボトルで150円です。

 

・大塚製薬 ファイブミニプラス:5.0g

栄養ドリンクのコーナーにほとんどのコンビニで売られているでしょう。ロングセラーの商品で根強い人気があります。1本100mlで110円くらいです。

 

・ココア

ココアにはリグニンという不溶性食物繊維が多く含まれた飲み物です。このデメリットとしては砂糖が多い商品ばっかりということです。

 

2. 腸内の善玉菌を増やす飲み物

腸内の善玉菌を増やすことができるものは、いくつかありますが上に書いた食物繊維が含まれている飲み物も有効です。

 

食物繊維は消化されにくく、腸へと移動していきます。そこで善玉菌の餌となるので腸内環境を整えてくれるのです。

 

善玉菌を増やすための飲み物は腸内環境が整うまで時間がかかります。最低でも1週間は毎日続けるようにしましょう。

 

・飲むヨーグルト

善玉菌を増やすことができる代表と言えば乳酸菌が含まれているヨーグルトです。メーカーでたくさんの種類のものが販売されていますが、どれを選んでも良いでしょう。

 

それぞれの商品で乳酸菌の種類が違うので合う合わないことがあるのがデメリットです。1本200mlで100円程度で買えます。

 

・ヤクルト

乳酸菌が大量に入った飲み物です。もちろん便秘解消の効果はあります。もしあればヤクルト400という乳酸菌が多いタイプを選びましょう。

 

・植物性乳酸菌ラブレ

こちらも大量のラブレ菌という名前の乳酸菌が入った飲み物です。ラブレ菌は非常に強く胃酸で死ぬことがほとんどないので、腸へと到達できます。

 

また、乳酸菌には動物性、植物性と分けられますが植物性の方が便秘解消効果は高いと言われています。1本80mlで80円くらいで買うことができます。

 

・ピルクル

乳酸菌飲料として販売されているピルクルは紙パック500mlなので飲みごたえがあります。乳酸菌が入っているので善玉菌を増やす効果はあります。ただし、糖分が多すぎるのが問題です。

 

・甘酒

意外かもしれませんが甘酒にも便秘解消効果はあります。甘酒は発酵食品の1つなので腸内の善玉菌を増やす効果を持っているのです。また、そのほかにも甘酒には便秘に良いものがたくさん含まれています。

 

甘酒について詳しく書いてある記事があるので参考にどうぞ⇒⇒甘酒の便秘解消効果がすごい??

 

3. 腸を刺激して動きを活発にする飲み物

最後は直接的に腸を刺激することで、腸を動かして便を早く出すという効果を持っている飲み物についてです。

 

・炭酸飲料

炭酸は飲んだら直接胃腸を刺激してくれます。これによって腸が活発に動きます。注意することは甘すぎる炭酸飲料はやめた方が良いことですね。できれば炭酸水で砂糖が含まれていないものを選びましょう。

 

・コーヒー

コーヒーに含まれるカフェインは腸を刺激する効果を持っています。

 

こちらも出来れば砂糖が含まれていないタイプがおすすめです。また、飲みすぎてしまうとカフェインの刺激に腸が慣れてしまって飲んでも腸が動かなくなるということがあります。

 

・ミネラルウォーター

腸を刺激するという分類には入らないのですが、便秘に良い飲み物として紹介させてください。ミネラルウォーターに含まれている、マグネシウムには便を柔らかくしてくれる効果があります。

 

マグネシウムは下剤としても使われる栄養素で、それを天然の水から摂れるミネラルウォーターは安全で便秘解消効果も高いです。

 

選ぶポイントは軟水ではなく、硬水にすることです。硬度が高ければ高いほどマグネシウムの含有量が増えます。

 

コンビニではなかなか硬水の種類は少ないですが、あるとすればエヴィアンを選びましょう。(国産のミネラルウォーターはほぼ軟水です)

コンビニの飲み物で便秘解消しようとしたときの注意点は??

コンビニで販売されている飲み物にも便秘に良いものがたくさんあることが分かったでしょうか?でも、上に書いた商品でも選ぶときには注意することが2つあります。

 

飲み物の注意その1

砂糖が入っている飲み物は便秘を悪化させる可能性があります。砂糖は摂取すると腸の動きを止めてしまうという作用を持っていることが分かっています。

 

また、砂糖は腸内の悪玉菌の大好物で、悪玉菌を増やしてしまう原因なんです。

 

便秘に良い成分、栄養素が含まれていても砂糖によって相殺されたり、逆効果になってしまうこともあります。砂糖が使用されていない飲み物を選ぶ方が便秘には良いのです。

 

上で書いた甘酒、コーヒー(ブラック以外)、炭酸飲料(甘いやつ)、ピルクルなど甘すぎる飲み物は選ばない方が良いでしょう。飲むヨーグルト、ヤクルトも甘いので人によっては飲まないほうが良いかもしれません。

 

飲み物の注意その2

もう1つ注意することは、飲み物が冷たい場合です。冷たい飲み物はお腹を冷やしてしまい、腸の動きを低下させてしまいます。

 

できれば常温になるまで待ってから飲む、一気に飲まずにゆっくり飲むなどお腹を冷やさないようにしましょう。

 

まとめ

コンビニで買える飲み物で便秘に良いというものはたくさんあります。その中でも便秘解消する効果が高いと思えるものは。

 

特保のお茶がおすすめです。副作用が無い不足しがちな水溶性食物繊維が大量に入っているので、便秘に良いのは間違いありません。

 

他の飲み物と違って甘くなく、逆に便秘を悪化させる可能性がないからです。デメリットは食物繊維以外の栄養素を摂ることができないことくらいです。

 

次に選ぶとしたら野菜ジュースです。

 

栄養が添加されているのが気にならないのであれば、伊藤園の栄養強化型1日分の野菜です。添加されている食物繊維が水溶性なのも良い点です。ビタミンなどの栄養素が摂れるのがメリットですね。

 

野菜ジュースと差が無いくらいなのがファイブミニです。コンビニの栄養ドリンクのコーナーに確実にあるので試す価値はあります。

 

コンビニで売られている乳酸菌の飲料は甘いためおすすめできません。便秘解消に良いと思っていたら逆効果だったということもあるからです。

 

乳酸菌を取り入れるなら、コンビニ以外で買える砂糖が入っていないプレーンのヨーグルトもしくはサプリメントにしておきましょう。