秋のフルーツと言えば柿です。他のフルーツと比べて大好き!と言われることが少ないのですが、素晴らしい効能を持っているのは知っていますか?

 

今回は柿が便秘解消に良いのか、悪いのかを中心に紹介していきます。

スポンサードリンク

柿の栄養はすごい

柿は秋が旬のフルーツなのですが、「柿が赤くなれば、医者が青くなる」ということわざもあるくらい栄養価が高いものです。

 

まずは柿にはどんな栄養があって、どんな効能があるのか見ていきましょう。ちなみに干し柿はここに書いてある栄養よりも少なくなります。

 

カロリーは少し高め

100gの柿にはカロリーは60kcal含まれています。その他のフルーツのカロリーは下に書いた通りなので、フルーツの中では少しカロリーは高めですね。

  • バナナ・・・85kcal
  • マンゴー・・65kcal
  • みかん・・・45kcal
  • すいか・・・37kcal
  • イチゴ・・・34kcal

 

だいたい柿1個で90gくらあるので、1個で54kcalのカロリーが含まれています。

 

ビタミンC

柿に含まれているビタミンCはかなり豊富です。100gあたり90mg含まれています。ビタミンCを1日に摂った方が良いとされている量は100mgなので、柿だけで大部分足りてしまいます。

 

この量はフルーツの中でビタミンCが豊富と言われているイチゴと同じくらいの量です。

 

ビタミンCの効能は肌をきれいにする、美白効果、風邪をひきにくくする、老化防止など健康に欠かせません。

ビタミンA

柿にはもビタミンAも豊富で、100gあたり1600IU(食べられない部分含)含まれています。1日の摂取量は1800~2000IUとされているので、素晴らしいですよね。

 

ビタミンAの効能は粘膜を強化、老化予防、がん予防、視力などが期待できます。

 

カリウム

どのフルーツにも含まれていますが、カリウムという栄養も多く、100gあたり170mgもあります。

 

カリウムの働きは体内の余計な塩分を排出して、調整したり、むくみを改善してくれるのです。また、腎臓の負担を和らげたり、ビタミンBの働きを助けたりもしています。

 

食物繊維

柿には食物繊維も含まれており、これが便秘解消に効くと言われている理由の1つです。

 

100gあたり2.8gの食物繊維が含まれています。(水溶性0.5g、不溶性2.3g)1日に摂った方が良いとされているのは19gなので、柿にはそこそこの量含まれていると言えるでしょう。

 

食物繊維は言わずと知れた、便秘解消するためには必須の栄養です。腸内の善玉菌を増やしたり、腸の動きを活発にして胃腸の調子を整えてくれます。

タンニン

タンニンという成分は柿に特徴的な栄養です。タンニンはお茶などにも含まれていると渋みの成分なんです。

 

ちなみに、渋柿から作るあま~い干し柿は渋みを感じませんがタンニンが無くなっているわけではありません。

 

タンニンはポリフェノールの1種で抗酸化作用があり老化予防に効きます。また、殺菌消臭の効果もあるので口臭、体臭予防までしてくれます。

 

他にも組織をキュっと引き締める収れん作用を持っているのでお肌の引き締め効果があります。この収れん作用によって腸が動きすぎるのを抑えてくれるので、下痢も改善してくれます。

 

また、腸が動きすぎることで起こる便秘の改善には効果が期待できます。この腸が動きすぎる便秘を痙攣性便秘と言って、下痢と便秘を繰り返します。

 

痙攣性便秘の詳細は↓↓

腸が動きすぎても便秘になってしまう??

 

動きすぎて便秘になっているので、腸の動きを抑える柿には改善してくれるのです。

 

タンニンは腸が動きすぎているような状態に効果を発揮してくれて、胃腸の調子を整えてくれるのです。しかし、食べ過ぎてしまうと動きを抑えすぎてしまうために、逆に便秘の原因にもなります。

 

もちろん食べ過ぎなければ、便秘になってしまうほどまでにはなりませんので大好きでも1日の量は守るようにしましょう。

 

柿の1日の適量はどれくらい?

柿を食べ過ぎると、便秘になる可能性があるのは分かったでしょうか。便秘になるかもしれないなら、食べないようにしようというのはもったいないです。

 

積極的に食べたいくらいの健康と美容によい栄養素が豊富だからです。

 

便秘にならないように、柿を食べるのであれば1日に1個までが適量です。(かなり大サイズのあたご柿なら1個は多いです)

 

普通サイズの柿なら1個90gくらいまでにしておくと、便秘になるまで食べ過ぎにはなりません。

まとめ

柿が便秘解消に効くと聞いたから、それだけのために食べようかなというのはおすすめではありません。

 

柿に含まれている食物繊維のほとんどが不溶性だからです。食物繊維は水溶性と不溶性のバランスが大事で不足しがちなのは水溶性です。

 

柿を食べてもそれほど水溶性食物繊維を摂ることが出来ないので、便秘解消のためにはそこまで効果が期待できないのです。

 

柿を食べるのであれば、美味しいから、美容と健康に良いからという理由で食べるようにしましょう。