親が便秘体質だから、子供が便秘になってしまうのは仕方ない!?

これって本当か知っていますか?

 

便秘体質が遺伝することが原因で便秘になってしまうのでしょうか。

子供が便秘になりやすい理由と一緒に紹介したいと思います。

スポンサードリンク

遺伝が原因で便秘に??

子供や赤ちゃんが便秘になってしまうと、便秘体質が遺伝してしまったのかも・・・と悩む人も少なくないようです。

腸が長すぎるという原因で便秘になってしまう人もいて、それは遺伝する可能性があります。

 

しかし、便秘が腸の長さによって引き起こされているというのは、本当に珍しくほとんどありません。

つまり、親の便秘体質が子供に遺伝してしまうことは考えられないので、悩む必要は無いでしょう。

 

遺伝はしないのですが、親が便秘だと子供が便秘しやすい理由はあります。

便秘の親の子供は便秘になりやすい?

便秘体質の親の子供が便秘になってしまいやすい理由は生活習慣腸内細菌の2つです。

生活習慣

ほとんどの便秘の原因は生活習慣によって引き起こされるもので、これは大人も子供も同じです。

最近は子供の便秘がかなり増えてきています。

 

昔と比べて生活習慣が変化したことが原因になっているのです。

親の生活習慣にどうしても子供は合わせるように生活します。

 

つまり、親の便秘になりやすい生活習慣と同じように生活していれば、子供が便秘になりやすいのは当たり前です。

 

子供は自分で食生活を整えたりすることは出来ません。

また、生活のリズムを自分たちで作ることも難しいです。

 

子供が便秘にならないようにしたいなら、家族全体で生活習慣の見直しをしていく必要があります。

スポンサードリンク

腸内細菌

生まれた赤ちゃんが便秘気味ということもあります。

寝て起きてを繰り返すだけの赤ちゃんなのに便秘になりやすいのです。

 

生まれてくるときに産道を通るときに、赤ちゃんの口から細菌が入っていきます。

これが赤ちゃんの腸内細菌として住み着きます。

 

これは母親の腸内細菌のバランスによって変化すると言われており、腸内環境が良い状態の母親からは赤ちゃんへ良い腸内細菌がプレゼントされるのです。

 

この腸内細菌のバランスがすべて生まれつき決まるというわけではありませんが、母乳や粉ミルクしか飲まない赤ちゃんの便秘を引き起こしやすくなる原因の1つになっています。

妊娠中の腸内細菌のバランスを整えておくことは子供の便秘を予防するということに繋がるのです。

子供が便秘になりやすい理由

子供の生活習慣を改善することは便秘解消に繋がることは上に書いた通りです。

ここからは、なぜ子供が便秘になりやすいのか理由を知っておきましょう。

親のウンチへの対応がダメ

赤ちゃんのおしめを変えるときに、ため息をついたり、嫌な顔をしたり、嫌な気持ちが出ていませんか?

トイレトレーニングの時に出来なかったら怒ってはいませんか?

 

子供は親の機嫌にかなり敏感で、赤ちゃんの時でも感じています。 ちょっとしたことも気づいています。

 

おしめを変えるとき、トイレトレーニングで失敗したときに嫌な顔をされた、怒られたというのはすごいストレスになります。

また、怒られたりするとウンチをすると怒られる、親に嫌な気持ちをさせてしまうと思い込み、出さないように我慢することもあります。

 

ウンチを我慢するのは習慣化してしまい、どんどん出なくなっていきます。

我慢と便秘の関係についてはこちらの記事を参考に↓↓

便秘の原因は我慢することにあった!?

運動不足

子供たちの運動量は年々減っていっています。

これは便秘の大きな原因の1つです。

 

とくに腹筋周りの筋力不足は腸の動きが低下します。

ただし、腹筋をさせる必要はありません。

 

とにかく外で走り回ったりなど運動をなんでいいからするようにしましょう。

 

子供は親を見ています。

親が出不精で全然外に出ない、運動しないというのを見せておくのは悪影響ということは覚えておくべきです。

 

家の中で暴れまわるというのも、良い運動になります。

出来る限り、子供に運動させてあげましょう。

寝不足

寝不足は身体の代謝を大きく落としたり、自律神経も乱れてしまいます。

寝不足はたくさんの問題が身体に出てきますが、特に胃腸の働きが低下してしまいます。

 

ウンチを作って、運ぶ大腸が1番動いている時間は寝ている時間なので、寝不足は便秘を引き起こす大きな原因です。

 

テレビやゲーム、スマホを夜遅くまで見ているのは、寝不足になってしまいます。

また、液晶画面の明かりは脳を活性化させるのですぐに寝付けなくなり、睡眠の質を低下させます。

 

まったく、使わないということは難しいので出来るだけ画面から目を離して、暗めの設定で使うようにしましょう。

 

1歳前後は1日に11~13時間。

6歳くらいまでは1日に11~12時間。

小学校の間は1日に10時間。

これくらいが、必要な睡眠時間と言われています。

 

もちろん、昼寝も入れての時間なのですが、これくらいは寝ていますか?

食生活

脂っこい食べ物、お肉中心のメニューになってませんか?

また、スナック菓子、インスタントラーメンなどジャンクフードが増えているのもダメです。

これだけでなく、ジュースやケーキなどの甘いものもダメなんです。

 

こういった食べ物は腸内の悪玉菌がエサにしてしまうので、どんどん増えていきます。

悪玉菌によって腸の動きが低下するため、子供の便秘の大きな原因になります。

 

また、便秘を解消させるために必要な食物繊維、乳酸菌が摂れていないというのも問題です。

 

親の野菜嫌い、お肉好き、脂っこいもの好き、おやつ好きを子供はしっかり見ています。

食べたくないものは食べない。便秘に悪い食べ物ばかり食べる。という習慣づけはやめましょう。

水分不足

子供は水をしっかり飲んでいますか?

麦茶や水で水分補給をしていないと脱水気味になりやすいのが子供です。

 

大人よりも多くの水分は必要で、子供は代謝が高く、汗をかきやすいためです。

まとめ

子供が便秘になりやすいのは親がコントロールしてあげる必要があります。

とくに親の生活習慣が便秘になりやすいものなら、子供も便秘になりやすいことは忘れないようにしましょう。

 

その他、便秘を引き起こしてしまう原因をまとめています⇒⇒便秘の原因になってしまうものを全てまとめてみた!

 

なかなか、食生活を改善するのが難しいときは、子供でも便秘解消に繋がる善玉菌を増やすサプリメントを利用するもは1つの手です。

子供でも使える乳酸菌サプリのおすすめは⇒⇒毎朝スッキリに感激!1粒に500億個の乳酸菌!

赤ちゃんでも使えるオリゴ糖のおすすめは⇒⇒赤ちゃんも自然にスルッ!日本一オリゴ糖