お腹が痛いけど、いつもと痛む場所が違う!

そんなときには病気かもしれないと心配になりますよね。

 

あなたはどの場所が痛いですか?

  • 下腹部
  • 右下腹部
  • 左下腹部
  • みぞおち
  • 右上腹部
  • 左上腹部
  • おへそ周り

今回の記事では、場所別で腹痛の原因について紹介していきます。

スポンサードリンク

場所別の腹痛の原因

お腹の痛みは病状などによって、痛む場所が異なります。

①下腹部が痛む場合

下腹部はおへそより下側あたりです。

下部消化管(小腸、大腸)が原因

  • 便秘
  • 過敏性腸症候群
  • 急性胃腸炎
  • 食中毒

比較的多く起こるのがこれらです。

下腹部痛、急性胃腸炎、食中毒では発熱、嘔吐下痢を起こすこともあります。

 

  • 大腸がん

血便、下痢がある場合にはこれらを疑うことがあります。

下腹部痛が出ることは少ないですが、できる場所によって痛みが出る場所も違います。

 

  • 腸閉塞
  • 腸捻転
  • 腸重積

非常に強い腹痛で我慢できないほどのことが多いです。

命に関わるため、すぐにでも病院に行く必要があります。

 

  • 腹膜炎

激しい腹痛に加えて、発熱がある場合に疑われる病気です。

下腹部だけでなく、お腹全体に痛みが広がることも。

スポンサードリンク

泌尿器が原因

  • 膀胱炎
  • 前立腺炎・ガン

などの泌尿器に病気があることで下腹部痛が出ることがあります。

症状としては血尿、頻尿、尿が出ないなど。

子宮・卵巣が原因

女性の場合は子宮や卵巣の病気が原因で下腹部に痛みが起こるケースもあります。

いつもの生理痛かなと思っていたら、実は子宮などの疾患が原因という可能性もあります。

 

  • 子宮炎
  • 子宮内膜症
  • 子宮内膜症
  • 子宮筋腫
  • 子宮外妊娠
  • 流産

症状はたくさんありますが、オリモノが多い、不正出血、性交痛、頻尿、強い生理痛などがあります。

背中の方に痛みが出ることもあるので注意しましょう。

②右下腹部が痛む場合

  • 虫垂炎

みぞおち周囲が痛み、しばらくすると右下腹部に痛む場所が移動するなら虫垂炎の可能性が高いです。

 

  • 大腸憩室炎

お腹の右下腹部の大腸に小さな部屋が出来て炎症が起こる病気です。

多くは右ですが、左側にできることも。

 

  • クローン病

大腸と小腸がつながる場所に炎症が起こることが多く、右下腹部に痛みが出ます。

痩せていくことが多いです。

 

  • 卵管炎、卵巣腫瘍

右側の卵管、卵巣に異常が出た場合には、右下腹部が痛みます。

 

  • 尿管結石

右側の尿管に結石ができた場合には、右下腹部が痛みます。

頻尿や血尿が続くなら要注意。

③左下腹部が痛む場合

  • 潰瘍性大腸炎

これは左側の大腸に潰瘍ができることが多いためです。

血便や発熱、痩せていくなどの症状を伴います。

 

  • 過敏性腸症候群

左下腹部から下腹部の大腸がけいれんしてしまうことで痛みが出ます。

症状は腹痛が良く起こる、下痢、便秘があります。

 

  • 大腸がん

大腸がんの好発部位は左下腹部のS字結腸です。

早期では痛みが出ることは少ないですが、血便が続くなら要注意。

 

  • 便秘

便がつまりやすい場所もS字結腸という左下腹部です。

 

  • 尿管結石

左側の尿管に結石ができると左下腹部が痛みます。

頻尿や血尿が続く場合も。

 

  • 卵管炎、卵巣腫瘍

左側の卵管、卵巣に異常がある場合です。

④みぞおちが痛む場合

みぞおちの痛みは、上部消化器、循環器の病気で痛むことが多いです。

上部消化器(食道や胃、十二指腸)が原因

  • 急性胃炎
  • 胃潰瘍
  • 胃がん
  • 十二指腸潰瘍

空腹時にみぞおちが痛い、吐き気、胸やけ、黒い便、痰に血が混じるなどの症状がでます。

 

  • 逆流性食道炎

胸やけ、げっぷ、胃もたれ、前かがみになると胸やけなどの症状が出ます。

循環器系が原因

  • 狭心症
  • 心筋梗塞

といった心臓の病気でも、みぞおちが激しく痛むことがあるので注意しなければいけません。

これは急に襲われることが多いです。

虫垂炎(盲腸)

虫垂炎の初期症状にみぞおちが痛くなるというのがあります。

その後、右下腹部へと痛みが移動していきます。

胆道が原因

  • 胆石症
  • 胆石胆嚢炎
  • 総胆管結石

 

消化酵素である胆汁の通り道に石や炎症が起きてしまう病気です。

肋骨の奥やみぞおちに強い痛み、黄疸(白目が黄色くなる)、発熱の症状が出ます。

膵臓が原因

  • 膵炎

消化酵素を作っている膵臓に炎症が起こる病気です。

みぞおち痛、吐き気、膨満感が起こります。

⑤お腹の右上が痛む場合

みぞおちの右側あたりが痛むときもいくつか原因があります。

胆のう、肝臓が原因

  • 急性胆のう炎
  • 胆石症
  • 急性胆管炎
  • 肝がん
  • 胆のう炎
  • 胆のうがん
  • 肝炎

身体がだるい、黄疸、発熱などの症状が出ます。

胆石、胆嚢炎は食後に右上腹部に痛みが出ることが多いです。

腎盂腎炎が原因

腎臓の腎盂(じんう)という場所に炎症が起こる病気です。

右側の腎臓なら右上腹部に痛み、吐き気、嘔吐が出ることがありますが、無症状のことも。

膵臓が原因

  • 膵炎
  • すい臓癌

とにかく痛いのが特徴、右上腹部だけでなく背中が痛くなることもあります。

胃炎、十二指腸潰瘍が原因

みぞおちが痛くなることが多いですが、お腹の右上が痛むこともあります。

吐き気、胸やけ、黒い便、胃痛などの症状があります。

⑥お腹の左上が痛む場合

お腹の左上側が痛くなるときは、膵臓または胃の病気を疑いましょう。

膵臓が原因

  • 急性膵炎
  • 慢性膵炎
  • 膵石症
  • 膵がん

などで、とにかく左上腹部だけの痛みではなく、背中まで痛みがでることもあります。

胃が原因

  • 胃炎
  • 胃潰瘍
  • 胃がん

などの可能性もあります。

胸やけ、食後や空腹時に左上腹部の痛みが強い、吐き気がするなどの症状が出ます。

腎臓が原因

左側にある腎臓に異常があるときに痛みが出ます。

  • 腎盂腎炎
  • 腎結石
  • 尿管炎、結石

などで、左上腹部痛、血尿、頻尿があれば疑いましょう。

大腸が原因

お腹の左上には横行結腸があります。

左上腹部プラス下痢や便秘などの症状があれば、大腸の異常である可能性も。

⑤おへその周りが痛む場合

おへその周りはいろいろな臓器が近いため、原因が今まで挙げたものが被ることがほとんどです。

  • 膵臓
  • 腎臓
  • 心臓
  • 肝臓、胆管
  • 大動脈
  • 子宮
  • 卵巣
  • 小腸
  • 大腸

今まで挙げたものがすべて近い場所なので、どれが原因かは場所だけで特定するのは難しいです。

 

どんな腹痛なら病院へ行くべき

腹痛は多くの人が感じる痛みの一つで、よく起こる症状なので、そのまま放っておくという人が少なくありません。

救急車で運ばれる腹痛の種類

激しい腹痛で病院に救急搬送される人の症状で最も多いのが、非特異的腹痛と呼ばれるものです。

 

この腹痛は原因がはっきりせず、特に治療を必要としないものです。

全体の37%と、4割近くの人が、これといった理由が特定できない腹痛として、治療をうけずに帰っています。

 

救急外来で第2位が、虫垂炎の28%です。

3位以下は

  • 胆嚢炎の9%
  • 婦人科疾患の9%
  • 胃腸炎の7%
  • 腸閉塞の3%
  • 尿管結石の3%
  • 膵炎の3%

 

このように腹痛でも4割くらいも特別な病気でないことが多いのです。

しかし、病気のサインである可能性があることを忘れないようにしましょう。

 

お腹の中にはさまざまな臓器が入っているため、どこかの臓器がサインを出しているからです。

腹痛を感じたときに、病院に行くべきか、自宅で安静にしておくべきかの判断が難しいことも多いです。

病院へ行くべきかチェック

判断の目安として、次のような症状がないかチェックしましょう。

まず、我慢できないほどの激痛です。

あまりにも激しい痛みの場合は、お医者さんでみてもらいましょう。

 

つぎに、3時間以上痛みが続く場合も病院に行ってください。

このケースでは、何らかの手術を行わなければならない病気である可能性が高いからです。

 

体を動かすことで痛みが響く場合も、病気が原因の痛みである可能性が高いので注意が必要です。

 

最後に、下痢などいつもの腹痛とは明らかに異なる、初めて感じる痛みの場合も病院で診てもらってください。

病院へ行ったら

病院で診てもらう場合は、お腹のどの部分が痛むのかをきちんと伝えることも大切です。

また、どれくらい痛みが続いているか、ずっと痛むのか、波があるのかも重要な情報です。

まとめ

腹痛は大腸がんや胃がんなど、重大な病気の兆候かもしれません。

また、心筋梗塞や狭心症など一刻でも早く治療をうけないと後遺症が残ったり、死亡したりする深刻な疾患の可能性もあります。

 

単なる腹痛だからとあまくみず、自分の状態をなるべく客観的に観察して、冷静に判断しましょう。

 

  • 我慢できない痛み
  • 3時間以上の腹痛
  • 身体を動かすと痛む
  • 初めて感じるような痛み

こんな症状が出ているのであれば、普段起こっている腹痛とは違う可能性が高いです。

できるだけ早く病院へ行くようにしましょう。

 

もちろん、これ以外にも気になるような症状があれば、病院へ行ってみるのは予防として大事なことです。