便秘で死亡することがあるって聞いたことがありませんか?

 

これって本当に起こるのでしょうか!?便秘で死ぬというのは何が原因でどんな症状なのか紹介します。

スポンサードリンク

便秘で死亡することがある?

便秘で死亡することがあるのか?という疑問を持つかもしれませんが、下手をすれば死ぬ可能性があります。

 

実際に便秘が原因となって死亡したというニュースがときどき取り上げられています。

 

便秘での死亡例

便秘で死亡することはそれほど多くはありませんが、時々ニュースで取り上げられています。ニュースになるのはほんの1部なので、思っているよりは多いかもしれません。

 

21歳のOLが便秘で死亡

死亡したのは21歳のOLで、158cm、48kgの普通体型の方です。1年前から便秘に悩まされており、病院へは行かずに市販されている便秘薬を飲んでいました。死亡する2日前まで仕事を普段通りしたそうです。

 

弟が帰宅したときに死亡しているのを発見しました。お腹が妊婦のように膨らみ、解剖の結果は腸の中に6.7㎏もの便が詰まってしまい、まるでコンクリートブロックのようにカチコチになっていたのです。

 

便の塊が腸を塞いでしまう腸閉塞となり、ガスが発生して内臓を圧迫したことによってショック死したと考えられています。

 

死亡する数日前に母親とお風呂に入っており、その時にお腹が膨らんでいるのは確認されていないので、腸閉塞となりガスでお腹が膨らんだのは死亡した当日に突然起こったのでしょう。

 

この女性はお肉が大好きで食物繊維が足りず便秘になったことが始まりで、それを解消するために便秘薬に頼ってしまったことが死亡する原因となってしまいました。

 

便秘薬は使えば使うほど腸が慣れて便が出なくなり、動かなくなるのです。

 

16歳の女の子が便秘で死亡

16歳の女の子が精神的な理由からトイレに行けなくなり、便を我慢し続けていました。我慢を続けていると、便秘はどんどん悪化してしまい死亡したときには2ヶ月も排便が無かったそうです。

 

この少女も最終的には便が詰まるこので腸閉塞が起こって、ガスが発生して心臓に負担がかかり心臓麻痺で死亡してしまいました。

 

この女の子は便を我慢し続けることで、便意が起こらなくなり、大腸にどんどん便が溜まっていきました。

 

最終的には大腸は伸びきってしまい正常な機能は全くない状態になります。

 

便秘で死亡する可能性があるのは紹介した腸閉塞ですが、大腸穿孔、ヒルシュスプルング病というものもあります。それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

エルビスプレスリーの死因は便秘?

昔のロックスターだったエルビスプレスリーはひどい便秘に悩まされていたと言われています。あまりの便秘の重さに人工肛門をつけなければというところまできていたそうです。

 

ただ、エルビスはプライドが高かったため、それを拒否してしまいます。最終的には不整脈で死亡したと発表されているが、直接的ではないが便秘で体調を崩したともいわれています。

 

死亡することもある腸閉塞とは

腸閉塞とは腸が何らかの原因で便が通れなくなってしまう病気です。

 

腸閉塞の原因

腸閉塞の原因は上にも書きましたが、便秘でカチコチになった便が腸をふさいでしまうことで起こります。

 

それ以外にも大腸ガン、腸が捻れる、ヘルニアも原因になることがあります。

 

腸閉塞の症状

腸閉塞になると身体は便をなんとか出そうとするので吐き気に襲われます。また、我慢できないような急激な腹痛、発熱、悪寒、お腹が膨らんでくる症状があります。

 

腸閉塞の治療法

腸閉塞の治療法は腸が壊死したなど緊急性があるものは手術を行います。それ以外であれば点滴しながら絶食して閉塞が治まるのをひたすら待ちます。

 

必要なときは管を鼻から腸へ通して、吸引したりもします。

 

死亡することがある?大腸穿孔とは

大腸穿孔とは名前の通りで、大腸に穴が開いてしまう病気です。

 

大腸穿孔の原因

食べ物の水分が吸収される場所は大腸なのですが、便秘になっていると腸の中の便が移動するスピードは低下してしまいます。

 

大腸の中をゆっくりと便が通ることでどんどん水分を吸収していくのでカチカチの硬い便ができていきます。

 

この硬い便が大腸の壁を傷つけてしまい穴を開けることが大腸穿孔の原因なんです。

 

便秘以外の原因としては大腸憩室炎、虫垂炎などの炎症が大腸へ影響してしまうことで起こります。また、加齢によって血管が正常でなくなり、血液の供給が出来なくなって脆くなることでも起こります。

 

大腸穿孔の症状

大腸穿孔は便が腹腔の中に漏れ出てしまうので汚染されてかなり危険なものです。

 

症状はとにかく腹痛で治まることがありません。腹膜炎になってしまうと腹痛の場所が広がっていくこともあります。

 

大腸穿孔の治療法

大腸穿孔の治療は手術しかありません。漏れ出てしまった便を綺麗に洗い流し、大腸の穴を塞ぐ必要があります。

 

赤ちゃんのヒルシュスプルング病とは

生まれつきに腸を動かすための神経が腸に無い病気です。この神経は正常であれば口から食道→胃→小腸→大腸へと伸びていくのですが、途中で止まってしまうのです。

 

ヒルシュスプルング病が起こる原因は不明です。

 

ヒルシュスプルング病の症状は

赤ちゃんが生まれてから便がなかなか出ない、出にくいという便秘の症状から始まります。

 

便秘がひどくなってくると嘔吐、お腹が膨らむなどの症状が出てきます。さらに進行すると腸が壊死したり大腸穿孔してしまうことも。

 

ヒルシュスプルング病の治療法

ヒルシュスプルング病を治療するためには手術が必要です。腸を動かすための神経がない腸を切り取り、繋げることで正常に腸を動かすことができます。

 

便秘でガンになりやすくなる

便秘で直接死んでしまうというわけではありませんが、便秘になっているとガンの発生率がかなり高くなります。

 

腸に身体の免疫の大部分が集中しているので腸内環境が悪いと免疫力が低下してしまいます。ガン細胞が増殖するのを抑えてくれる免疫力がないと発生率は高くなります。

 

便秘を放置することの危険性

便秘がひどくなって放置してしまうと死亡することもあるのは分かったでしょうか。

 

死亡まではいかなくても、免疫力が低下する、肌荒れ、疲労しやすい、冷え性、口臭、体臭、抜け毛、内臓の疲労など悪影響は大きいです。

 

さらに便秘が続いて便が溜まりすぎると大腸は弛緩して伸びていきます。そのうち自力では排便ができないなんて状況になります。

 

あなたは現在、便秘ですか?今の生活をしていて便秘であるなら同じ生活を続けていても便秘が治ることはありません。

 

便秘を解消するために、そのうちなんてことは考えずに今すぐ出来ることを実行していきましょう。

 

便秘でも下剤には頼らない

死亡した女性は慢性的な便秘に悩んでおり市販されている下剤を常用して解消していました。市販されている下剤のほとんどが腸を刺激して無理やり便を出す作用を持つものです。

 

下剤は使えば使うほどに慣れてしまい効果が薄れていきます。死亡した女性は1年間飲み続けており、便秘の効果は無くなり、自力では排便出来なくなっていました。

 

下剤はどうしても出しておかないとダメな時だけ、もしくは便秘がひどすぎて1度リセットするために使うだけにしたいものです。

 

もしあなたがすでに下剤や便秘薬に頼っているのであれば、手遅れになる前に飲む回数を少しずつ減らしてやめる必要があります。

 

便秘は放置せずに改善させる

便秘は出来るだけ早く改善したほうが、治しやすくなります。どんなことをして改善していけばよいのか大事なことを紹介します。

 

便秘を解消するうえで最も大事なことは3つあります。

 

  1. 食物繊維を摂る
  2. 善玉菌を増やす
  3. 腹筋を鍛える

 

他にも便秘解消のためにしたいことはありますが、まずはこの3つをしっかりと習慣化していけるようにしましょう。

 

1.食物繊維を摂る

食物繊維は2種類あり水溶性と不溶性で、あわせて1日に25g以上を摂ることが必要です。

 

食物繊維は便を大きくして腸を刺激する(不溶性)。便に水分を与えて柔らかくする(水溶性)。善玉菌のエサとなって善玉菌を増やす効果を持っています。

 

カチカチの硬い便が出ているような便秘のときには、水溶性食物繊維を積極的に摂るようにしましょう。水溶性食物繊維はゴボウ、オクラ、モロヘイヤ、海藻類に多く含まれています。

 

2.善玉菌を増やす

腸内の善玉菌を増やすことで腸が活発に動き、代謝もよくなります。善玉菌を増やすためによく食べられているのはヨーグルトでしょう。

 

ヨーグルトを毎日続けるなら1日に200gを摂る必要があります。また、お味噌、漬物など発酵食品にも善玉菌を増やす効果があります。

 

積極的に乳酸菌が含まれているものや、発酵食品は摂りいれるようにしましょう。

 

3.腹筋を鍛える

腹筋がないと腸は正しい位置を保てなくなるので、動きが低下してしまいます。また、腹筋には腸の動きを活発にする役割もあるので腹筋を鍛えることは便秘解消につながるのです。

 

腹筋を鍛える方法は何でもよいです。どんな方法でも良いのでお腹周りの筋肉を鍛えるようにしましょう。

 

まとめ

便秘を解消するために3つのことを中心に習慣化していき、そのほかの便秘に良いことを続けていくようにすると自然と便秘になりにくい身体を手に入れることができます。

 

ただし、とにかく継続継続でなかなか難しいのが便秘です。とくに食物繊維やヨーグルトなど乳酸菌を毎日食べ続けることが出来なくなるという人は少なくありません。

 

そんなときには食物繊維が含まれていたり、乳酸菌が含まれているサプリメントなどを利用するのは1つの手です。もちろんこれだけではダメですが、継続させやすいのでおすすめです。

 

善玉菌を増やすなら砂糖代わりに使えるオリゴ糖、食物繊維を摂るなら青汁がおすすめですよ↓↓

オリゴ糖で善玉菌を増やす方法

便秘解消に良い青汁はどれ?