• おならが臭いもしくは多い
  • おならが出る理由を知りたい
  • 便秘とおならの関係を知りたい
  • おならの悩みの解決策を知りたい

こんな悩みや疑問があるなら、この記事を読んでみてください。

 

おならが臭くて、多い状態を放置していると、身体にとっては良くない状態です。

少しでも早く解消するようにしていきましょう。

スポンサードリンク

おならって何から出来ているの?

おならは飲みこんだ空気と腸内細菌が作るガスから作られています。

 

空気を飲みこむのは主に食事の時に食べ物と一緒にというのがほとんどで、おならの70%を占めています。

そして食べ物を腸内細菌が分解するときにガスが作られて、これはおならの30%を占めています。

 

どんなに健康的な人でも普通に生活をしていれば、1日に10~20回くらいはおならをしているものです。

おならは悪いものというわけではなく、腸の中を進んでいくときに腸への刺激となって、便を動かすチカラになるという役割も持っています。

 

1日に20回以上おならが出ているのであれば、腸内にガスが溜まりやすい状態になっていて、何か原因があることになります。

スポンサードリンク

おならのニオイがきつくなるのは?

おならは空気と腸内ガスから出来ているというのは上に書いたとおりなのですが、腸内ガスのほとんどが無臭のものです。

無臭のガスは腸内の善玉菌が作り出し、臭いガスは悪玉菌が作り出しています。

無臭のガス

窒素、二酸化炭素、酸素、水素、メタンなどで、炭水化物や食物繊維などを分解するときに作られます。

臭いガス

  • インドール・・・ウンチのニオイ
  • スカトール・・・ウンチのニオイ
  • 硫化水素・・・腐った卵のニオイ
  • アンモニア・・・おしっこのニオイ

主に悪玉菌がタンパク質を分解するときに、発生するガスです。

これが腸内に出来る量が増えれば増えるほど、おならが臭くなっていきます。

 

つまり、悪玉菌の数が多ければ多いほど、臭いおならになります。

それでは、具体的に臭いおならになってしまう原因も見ていきましょう。

おならが増える原因とは

おならが1日に20回以上も出ているというのは、異常だと思って良いでしょう。

おならが増えてしまう理由は3つあります。

  • ガスが出やすいものを食べ過ぎ
  • 腸内環境の悪化
  • 空気を飲みこみすぎている

おならが多くて悩んでいるなら、基本的には食べ物に気を付けて腸内環境を整えることで解決が出来ます。

おならが臭くなる原因とは

  • 腸内環境の悪化
  • 臭いガスを作る原料のタンパク質が多い

この2つがおならが臭い原因となっていきます。

それではおならが多い、臭い原因を詳しくみていきましょう。

腸内環境の悪化

腸内に善玉菌が減って、悪玉菌が増えているとおならが臭くなってしまいます。

悪玉菌が増えてしまうのは、ほぼ食生活によるものです。

 

食物繊維の量が足りない、お肉大好き、脂っこいもの大好き

これが悪玉菌を増やす3大要素です。

 

この食生活に加えて、食べ過ぎ、飲み過ぎ、睡眠不足などの生活習慣が加わると爆発的に悪玉菌が増えてしまいます。

便秘になっていてもおならは臭い

おならが臭い原因が便秘という人は多いです。

便秘になっている状態では、ウンチが腸の中に溜まっており、悪玉菌が大量に増えています。 

 

悪玉菌は食べたもの、腐敗させて、ガスや有害物質を作り出していきます。

悪玉菌の数が多ければ多いほど、臭いガスを作ってしまうため、強烈なおならが出てしまうのです。

 

また、便秘の時にはおならが臭くなるというだけではなく、おならの回数も増えます。

便秘では大腸が動かず、便が進まないので有害物質であるガスだけでも排泄しようとするので、おならだけどんどん出てしまいま

す。

おならの回数が増えて、あまりにも臭いというコンボはきついですね。

臭いガスを作る原料のタンパク質が多い

悪玉菌が作り出す有害物質は、食べ物を分解するときに発生するものです。

とくにタンパク質を悪玉菌が分解したときにアンモニア、スカトール、インドール、硫化水素などのとてつもなく臭いものがしてしまうのです。

 

お肉大好きで、肉中心の食生活にしていると悪玉菌が増えて、臭いガスが体内で増えていきます。

ヨーグルトもタンパク質

便秘になっている、おならが臭い、多いときに腸内環境を整えるためには乳酸菌たっぷりのヨーグルト!と食べる人は多いと思います。

でも、ちょっと待ってください!ヨーグルトはミルクから出来ているので栄養素の多くはタンパク質です。

 

タンパク質は分解されるときに臭いガスを発生させてしまうので、注意が必要です。

お肉のタンパク質よりも、分解しやすく、臭いガスが作られにくいと言ってもタンパク質はタンパク質なので、食べ過ぎてしまうとおならが臭くなってしまいます。

 

今までヨーグルトを食べていなかった人は、少しずつ食べて、おならが増えたか減ったか確認してみましょう。

ヨーグルトを毎日食べていても変わらない場合は、他の食べ物から乳酸菌を摂るようにしてみると良いでしょう。

野菜でもおならが増える

腸内環境を整えるためには野菜に含まれている食物繊維が必要なのですが、これでもおならが増えることがあります。

 

食物繊維は腸内細菌のエサになるのですが、善玉菌、悪玉菌、日和見菌というすべてのエサになります。

(日和見菌は腸内環境が良いと善玉菌の味方、悪いと悪玉菌の味方をする、どっちつかずの菌です)

 

腸内環境が悪化しているときには、ガスを作る腸内細菌が多いので、ここに食物繊維を摂るとガスが大量発生しておならが増えてしまうことがあるのです。

と言っても、作られるガスのほとんどが無臭のガスなので臭くはなりません。

単純におならの回数が増えてしまうだけと思って良いでしょう。

 

でも、おならが増えてしまうから食物繊維をやめるというのはダメです。

継続していると善玉菌が作る有機酸で、腸内環境が改善されてガスを作り出す菌が減っていくので収まっていきます。

 

また、ほかにも注意することがあります。

野菜はしっかり食べればよいのですが、硫化水素(腐った卵のニオイ)の成分である硫黄が多い野菜を摂ると、おならが臭くなってしまいます。

ニンニク、玉ねぎ、ニラ、大根には硫黄が多く含まれているので、おならが臭いときには食べ過ぎないようにしましょう。

おならを我慢したらダメ

出してしまうと強烈な臭いのおならだと、我慢してしまいますよね。

でも、おならは身体に必要がないものを出すためのものです。

 

とくに便秘中は有害物質が溜まっており、身体は自分を守るためにおならを出しています。

これを我慢すると他の場所から出そうとするため、口臭や体臭がきつくなっていきます。

 

口臭や体臭がウンチのようなニオイがするという、怖い状態になってしまうので気にしてしまうとストレスから、さらに便秘がひどくなるという悪循環も引き起こす可能性があります。

おならが臭い、多いときの対策

おならが臭いときや多いときには

  • 腸内環境を整える
  • タンパク質を控える

この2つで改善することが出来ます。

基本的には野菜中心にしておきます。

食事のバランスを野菜を70%、それ以外のお肉やご飯などを30%に切り替えてやるだけで、おならは改善されます。

 

とくにおならの臭いの原因となるタンパク質を少なめにすると臭いだけは、かなり抑えることが出来ます。

そして、悪玉菌を減らすために、食物繊維や乳酸菌を積極的に摂るようにしましょう。

 

便秘がある場合には、便秘を解消することが大事になっていきます。

腸内環境を整える参考にしてみてください↓↓

私はこうやって便秘を解消した!!実践した解消方法をすべて公開!

 

腸内環境を整えたり、タンパク質を控えるだけでは、対処できないものがあります。

それは病気と、空気を飲みこみすぎることです。

おならが臭くなる病気

食べ物や生活習慣で腸内環境が悪化するのではなく、病気によっておならが臭くなってしまうこともあります。

胃潰瘍、十二指腸潰瘍、潰瘍性大腸炎

胃腸の中で炎症が起こって出血してしまうような病気の場合は、おならが臭くなってしまいます。

血液が分解されるときに臭いガスが発生してしまうためです。

大腸ガン

大腸ガンがあるときにも、出血するため臭いガスが発生します。

それだけでなく、壊れた細胞が剥がれ落ちて、腸内で腐敗することでおならが臭くなってしまうのです。

肝臓、すい臓の病気

肝臓やすい臓は食べた物を消化する酵素を分泌していますが、ここに病気が起こると食べ物が消化できなくなります。

不消化の食べ物によって、悪玉菌が増えてしまうのでおならが臭くなってしまいます。

 

ウンチの色が真っ黒、赤く血が混ざっているときにはどこかで出血している可能性があるので、病院で診てもらうようにしましょう。

また、身体がだるい、お腹の一部に痛みがあるなど他の症状があるときにも検査してもらった方が良いでしょう。

空気を飲みこみすぎる呑気症とは?

空気を飲みこみすぎる病名を呑気症(どんきしょう)と言います。

呑気症の症状は人それぞれですが、

  • 胸やけ
  • お腹が張る
  • お腹の左上辺りが痛くなる
  • おならが増える
  • ゲップが増える
  • 頭痛
  • 肩こり
  • 目の疲れ
  • アゴやほっぺが痛い


こんな症状が出ることが多いです。

とくに腸内のガスの量が増えるので、お腹が張ってゲップとおならが増える症状が出ることが多いです

 

呑気症の原因はストレスです。

 

緊張した時に無意識にゴクっとツバを飲み込んだりしますが、この時に一緒に空気を飲み込んでしまっているのです。

また、無意識に歯を食いしばってしまうことで、空気を飲み込んでしまうようです。

 

呑気症を解消するためには、ストレスを解消するのが1番なのですが、他にも工夫することが出来ます。

  • 良く噛んでゆっくり食べる
  • 音を立てて、すすって食べない
  • ゴクゴクと音をたてるように飲まない

とくに、飲み食いするときに気を付けるようにして、これにストレス解消していくようにしましょう。

ストレスを解消する方法はこちらの記事を参考にしてみてください↓↓

なぜストレスで便秘になってしまうの?その原因と対策【まとめ】

まとめ

おならが臭くなったり、多くなってしまう原因と対策は分かったでしょうか。

とにかく、改善していきたいなら、

  • タンパク質を控える
  • 食物繊維を摂る
  • 乳酸菌を摂る

この3つを気を付けるようにしていきましょう。

 

乳酸菌を摂る場合には、ヨーグルトはタンパク質が多いので他の発酵食品やサプリメントを利用してみましょう。

食生活がなかなか改善するのが難しい場合には、健康食品を上手に利用してください。

私が便秘を解消するときに使ったおすすめも紹介しておくので参考にしてみてください↓↓

便秘解消に効く乳酸菌サプリメント・食物繊維・オリゴ糖のおすすめ!