便秘を解消する方法はいくつかありますが、今回は便秘に良い飲み物についてです。

 

いったいどんな飲み物が便秘に効くのでしょうか。

スポンサードリンク

ココア

ココアが便秘解消に効くというのは聞いたことがあるでしょうか?

 

ココアには不溶性食物繊維の1種である、リグニンが豊富なんです。ココアの粉の1/2~1/3くらいがリグニンという豊富っぷり!

 

不溶性食物繊維は便を大きくして、腸を刺激する効果と、善玉菌を増やす効果を持っています。

 

また、便を柔らかくすることができるマグネシウムも豊富です。さらにポリフェノールも含まれているので、アンチエイジングにも。

 

粉タイプのココアを1日に1~2杯飲むようにしてみましょう。注意することは甘いココアです!(飲み過ぎはカフェインが含まれているのでダメ)

 

白砂糖には便秘を悪化させる作用があるので、甘くないココアを買ってきてください→→甘いものが便秘を悪化させる?

 

甘くするときにはハチミツやオリゴ糖を使いましょう!ハチミツもオリゴ糖も腸内の善玉菌を増やす効果かあります。

スポンサードリンク

ミネラルウォーター

ミネラルウォーターに含まれている、主にマグネシウムには便を柔らかくする効果があります。

 

マグネシウムを主成分とした下剤もあるくらいです。ミネラルウォーターに含まれているマグネシウムなら副作用もなく、緩やかに便秘解消に効いてくれます。

 

ミネラルウォーターの中でもマグネシウムが多い硬水を選ぶようにしましょう。

 

ただし、いきなり硬度の高いものを選ぶと飲みにくく感じます。少しずつ硬度の高いミネラルウォーターに変えていきましょう。

ws000349

カフェインが含まれている飲み物

カフェインには神経を刺激することで、腸の動きを良くする効果があります。これによって便意を催して、便秘解消に働くのです。

 

  • コーヒー
  • 抹茶
  • ココア
  • 紅茶
  • ほうじ茶
  • ウーロン茶
  • 緑茶

 

これらにカフェインは多く含まれています。

 

カフェインを摂るタイミングは朝の1杯です。朝に空っぽの胃の中に食べ物が入ると、反射が起こり腸が動き出します。

 

朝食を食べて、腸が動き出すときにカフェインも摂ってさらに腸を動かしてあげましょう。

 

ただし、カフェインの摂り過ぎで便秘を悪化させることもあるので1日に2杯までにします→→便秘を悪化させる飲み物とは?

ws000351

 

牛乳

牛乳にはラクトースという糖分が含まれており、便秘解消に働きます。ラクトースは腸内の善玉菌を増やしたり、便を柔らかくする効果があるのです。

 

→→牛乳は便秘に良いのか悪いのか!?

 

牛乳を飲むと下痢してしまうという人は飲まないようにしましょう。腸内環境が悪化してしまいます。

 

朝起きてすぐに冷たい飲み物で腸を刺激するという便秘解消方法もあります。(便秘と下痢を繰り返しタイプの便秘には逆効果です)

 

ただし、冷たい飲み物でお腹を冷やしてしまうと腸の動きが低下してしまうので、冷たい飲み物は朝の1杯くらいにしておきましょう。

ws000307

また、便秘のためには水分補給は大事です。水分不足は便秘の原因になってしまうからです。

 

カフェインは便秘解消に効きますが、利尿作用もあるので、他の飲み物で水分補給する必要があります。

 

この記事ではお茶は紹介してませんが、お茶でも便秘解消に効くものはあります。→→便秘解消に良いお茶は?