便秘に効く食材の1つのにイチジクがあります。

  • イチジクのすごい栄養と効能について知りたい
  • イチジクの効果的な食べ方を知りたい
  • イチジクのカロリーを知りたい
  • イチジクがなぜ便秘解消によいのか知りたい
  • 美味しいイチジクの選び方を知りたい

 

イチジクにはどんな栄養があり、なぜ便秘解消に良いのか、イチジクについて紹介していきます。

スポンサードリンク

イチジクの栄養と効能

イチジクは無花果とも呼ばれ、不老長寿の果物と言われているほど高栄養なんです。

ビタミン

多くはありませんが、ビタミンB、ビタミンCが含まれています。

これらは言わずと知れた美容のビタミンですね。

ミネラル

カリウムが含まれているので、身体の中の塩分を排泄してくれます。

これにより、むくみに効果があります。

 

また、そこまで多くはありませんが、カルシウムとマグネシウムも含まれています。

マグネシウムは便を柔らかくする効果があり、便秘解消に有効な栄養です。

スポンサードリンク

植物性エストロゲン

女性ホルモンに似た構造を持っています。

同じようなもので有名なのは大豆イソフラボンです。

 

女性ホルモンを補助してくれるので、生理不順、更年期障害などに効果があります。

フィシン

イチジクから出てくる白い汁の成分です。

イチジク特有の強力なタンパク質分解酵素で、口の周りについたりするとかゆくなったり、荒れたりします。

 

消化しにくいタンパク質を分解してくれるので胃腸の負担を軽くするため、便秘解消の効果も期待できます。

ベストアルデヒド

昔から抗がん作用を持っている成分として注目されていました。

ガン予防の研究がされたりしています。

食物繊維

イチジク100gあたり1.9gの食物繊維が含まれており豊富です。

これが便秘解消に効くと言われている理由です。

 

ただ、多いと言ってもいろいろな食材の中で中の上くらいなんですが、イチジクは便秘解消!と言われるようになっています。

 

また、イチジクに含まれている食物繊維の種類はペクチンと言います。

これは善玉菌を活性化して、数を増やす効果があります。

 

さらに、コレステロール値を下げるという効果ももっています。

イチジクが便秘解消に効く理由

ただ食物繊維が豊富だというだけでなく、便秘解消に最高と言われるのには理由があります。

それは水溶性食物繊維の割合が多いからです。

(イチジク100gあたり水溶性食物繊維0.7g、不溶性食物繊維1.2gです。)

 

水溶性食物繊維は便を包み込んで柔らかくする役割があります。

柔らかい便は腸の中で滑りやすく便秘解消になります。

 

これに対して不溶性食物繊維というのは、便を大きくすることで腸を刺激して動かす効果があります。

 

便秘だから解消しよう!と頑張って食べる食物繊維の多くは不溶性食物繊維になってしまいがちです。

ほとんどの場合、水溶性食物繊維は不足しているためイチジクを食べると効果が出やすいのです。

 

これに加えて、善玉菌を増やすという作用も持っているので、便秘解消に最高な食材なんです。

イチジクの食べ方

イチジクを1日に2~3個くらい食べると1日後には効果が実感できる人が多いようです。

効果が見られないときは、1日の量を増やさずに続けてみましょう。

 

毎日食べるのであれば糖分が多いので、他の糖質(糖分、炭水化物)を摂りすぎないよう注意が必要です。

 

イチジク100gあたり54kcalです。

中くらいの大きさのイチジクで食べられる部分は60gなので、1個あたり32kcalあります。

 

お茶碗1杯のごはんは230kcalくらい。

イチジクを3個食べる場合はごはんの量を半分程度にするとカロリー調整できます。

イチジクが売られてない場合は

イチジクの旬は夏の終わり頃の8月~11月が旬です。

この時期ではなかったらスーパーなどで売られていません。

 

そんなときにはいつでも手に入れることができるドライイチジクがおすすめです。

ドライイチジクなら腐りにくく、持ち運びしやすいので、家じゃなくても食べることができます。

 

この場合も1日に2〜3個くらいにしておきましょう。

 

選ぶときには砂糖が使われていないものです。おすすめのドライイチジクは↓↓

大粒のドライいちじく

まとめ

イチジクの便秘への効能は分かったでしょうか。

ひとつ注意したいことは食物繊維の量です。

 

1日に中くらいのイチジクを食べるとしましょう。

およそ3.4gの食物繊維を摂ることができますが、1日に必要な食物繊維の量は最低でも20gです。

 

イチジクだけでは全然足りません。

それならいっぱい食べれば良いのかというとカロリー、糖分の関係でやめるべきです。

 

イチジクだけで便秘解消しようとするのでなく、あくまで食物繊維の上乗せと考えておきましょう。

イチジク以外にも水溶性食物繊維は含まれているので、イチジクにプラスして食べて便秘解消していくのがおすすめです↓↓

便秘解消にはとにかく水溶性食物繊維!?どんな食べ物・野菜が良い?

イチジクの選び方

まとめの後になりますが、ついでに美味しいイチジクの選び方も紹介しておきます。

  1. 表面がしぼんでいない
  2. 張りがあるもの
  3. 表面に傷がないもの
  4. 枝との切り口が白色のもの
  5. ふっくらと丸みがあるもの

この5つのポイントを見てみると良いです。

 

そして食べごろは、イチジクのお尻が裂けて中の種が見えたときです。

熟れてから1日でも経つと味が落ちてしまうので、タイミングは大事です。

 

買ってきたらビニール袋に入れてから、冷蔵庫の野菜室に。

熟れたタイミングで食べきれないときには皮をむいて、1つずつラップで包んでから冷凍すると良いです。

 

便秘解消のためだけでなく、栄養たっぷりなので旬な時期にはぜひ食べてみてください。