便秘が引き起こす症状にはたくさんあります。肌荒れなど悩みにつながるものが多いです。

その中で便秘が原因で太るとも言われたりしますが、本当なのでしょうか。

 

便秘があって、太り気味なのを気にしているなら、便秘で太る6つの理由を知っておきましょう。

スポンサードリンク

便秘が原因で太る??

便秘で起こる症状はいろいろあります。疲れが取れない、肌荒れなどは有名です。

また、便秘では太るということも実際に起こる症状なんです。

 

①お腹に残っている便の重さ

②代謝が落ちる

③むくみ

④脂肪がつく

⑤運動不足

⑥食欲が増える

いったいなぜ太るのかという理由は以上の5つにあります。

スポンサードリンク

①お腹に残っている便の重さ

便秘で太る理由の1つとして、便の重さがあります。

毎日きちんと出ている人でも、1㎏弱くらい宿便があるとされています。

 

宿便とは腸に出ずに残っている、便のことで、これが便秘の人なら多くなるのは当たり前です。

便秘の人であれば軽く5㎏くらいはあると言われています。

 

1週間に1回くらいしか出ないような、ひどい便秘では10㎏あるとも言われています。

腸の中には出るべき便が残っているなら体重が重くなるのは当たり前です。

②代謝が落ちる

便秘になっている状態では胃腸の動きがかなり悪くなっています。

胃腸の動きが悪い→便秘→悪玉菌増加→有害物質増加→さらに胃腸の動きが悪くなる

 

とにかく便秘が続けば続くほどに、胃腸の動き低下します。

胃腸を動かして、消化吸収に使うエネルギーが使われなくなります。

 

また、消化吸収するチカラも無いため、代謝に必要な栄養素も十分に取り込むことができません。

 

それだけでなく悪玉菌の産生する有害物質は、腸から吸収されて全身に巡り、代謝を落とすことも分かっています。

代謝が落ちて、消費エネルギーが減ると太ってしまいます。

③脂肪がつく

上で書いたように代謝が落ちると太りやすくなるのですが、胃腸の動きが悪くなり、栄養を吸収出来なくなってしまいます。

 

栄養分を吸収しにくいという状態があると、身体はなるべく少しでも、蓄えようと頑張ります。

つまり、身体に蓄えるために、脂肪をつけようとするため太るのです。

見た目に太って脂肪がつくというだけでなく、見えない内臓脂肪も増えていってしまいます。

④むくみ

腸の動きが低下して、腸の中に便が溜まっていくとむくみが出てきます。

これは大きくなった腸が周りのリンパを圧迫してしまうからです。

これによりリンパの流れが悪くなり、むくんでしまうのです。

 

また、悪玉菌が作る老廃物が血液中に溜まっていくと、血行が悪くなるため、さらにむくんでしまうのです。

 

むくみは余計な水分が溜まっている状態なので、体重がその分増えてしまいます。

そして、むくみがあると、セルライトがついていきます。結果として下半身が太くなっていきます。

⑤運動不足

便秘になっていると疲れがたまりやすい、お腹が張って苦しいなどの症状が起こるため、運動量がさらに減ってしまいます。

 

運動をしないと腸の刺激が減ってしまう。

筋肉の低下で排便力が低下する。

筋肉の低下で腸の動きが悪くなる。

筋肉が少なくなると代謝が減る。

 

こんなことが起こってしまいます。

便秘で苦しいしんどい⇒⇒運動量の低下⇒⇒便秘の悪化、代謝が悪くという悪循環に陥っていきます。

代謝が悪いと消費カロリーが減ってしまうで太る原因になってしまいます。

⑥食欲が増える

これは人によるのですが、便秘になっていると自律神経のバランスが乱れてしまいます。

自律神経がうまく調節できなくなり、異常な食欲を引き起こすということがあります。

 

(ストレスがたまると暴飲暴食してしまうという人がいるのも、自律神経の乱れが原因です)

便秘で太る理由のまとめ

①お腹に残っている便の重さ

②代謝が落ちる

③むくみ

④脂肪がつく

⑤運動不足

便秘で太ってしまう理由は書いてきた通りのことですが、便秘は様々な悪循環を生み出す危険なものなのです。

 

例えば、あなたが太っていたとしましょう。太ってしまったので、痩せたいと考えてダイエットに取り組むことにしました。

とにかく痩せたい気持ちがあるため、便秘が原因なんてことは知らずにダイエットを行ってしまいます。

 

ダイエットの基本の1つである食事制限に問題が出てきます。

  • 便が小さくなり、腸の動きが低下
  • 栄養が足りずに、代謝が低下
  • 食事量が減ると水分の量も減るので、水分不足

 

食事の量を減らすということで、こんなことが起こってしまうので、便秘が悪化してしまって、余計に痩せにくい身体を作り上げるのです。

便秘を解消しようと頑張ることでダイエットにもつながり、太りにくい体質を作ることが出来ます。

便秘を解消して痩せやすい身体を手に入れるには

便秘を解消しつつ痩せやすい身体にしていくには・・・ずばり!筋トレが1番効果的でしょう。

 

腹筋がしっかりある場合には、腹圧が強くなるため腸が活発に動くことが出来ます。

とくに女性は腹筋不足で便秘になることは多いのです。

 

そして、筋肉がある代謝がアップします!

代謝があがると歩いていても、座っていても、運動していても、寝ていてもカロリーを消費する量が増えます。

 

便秘と痩せるということを同時に行うためには必須でしょう。

中には・・・筋トレ!筋肉質になるから嫌だ!なんて言う女性は多いようです。

 

女性がムキムキの筋肉を作るためには、かなりハードなトレーニングと食事管理が必要です。

痩せやすい身体を手に入れる程度の筋トレなら、ムッキムキになってしまうことはありません。

 

逆に適度に引き締まった体になるため、おすすめなんです。

スクワット

腹筋、背筋から下半身の筋肉まで鍛えることが出来るのがスクワットで、腹筋をするよりも数倍もの筋肉をつける効果があります。

 

1.肩幅よりちょっとだけ足を開いて、つま先、膝を真っ直ぐ前に向ける

2.腰を真っ直ぐにしたまま、腰を下ろしていきます。ゆ~っくりと8秒かけて、鼻から息を吸いながら。

3.腰を下ろす位置は、太ももが床と平行になるところまで。

4.そこから息を口から吐きながらスッと立ち上がります

 

腰をとにかくゆっくりと下ろすのが良いです!そして限界の回数からプラス1回を頑張ってください。

それを1日に3セット、毎日せずに2~3日に1回くらいのペースで行います。

ドローイング

これもかなりおすすめで、普段使わないインナーマッスルを鍛えることが出来る上に、腸の刺激にもなります。

 

1.足を肩幅に開いて、姿勢を奇麗に正す。

2.大きく鼻から息を吸い込みます。

3.お腹を思い切りへこまして、息を口から吐ききります。(限界まで吐き切る)

4.お腹を思い切りへこました状態で、30秒間キープ!このときは、普通に呼吸しながら。

 

これを5~10回くらいしていきましょう。お腹をへこませる効果まで持っています。

この運動は座ったまま、寝ながらでも歩きながらでも出来るので毎日しましょう。

 

おすすめの筋トレ2つ紹介しましたが、有酸素運動も便秘解消と痩せることに効果が高いので、1日に30分くらいウォーキングでもすると良いです。

30分は大変でも、5分のウォーキングを6回繰り返すのでも良いのです。

朝の通勤で10分歩く、帰りに10分歩く。あとは10分だけウォーキングしましょう。

 

腸内環境を整える

筋トレの次に大事なのはやはり腸内環境を整えることです。

便秘を解消するためには、しないと変わりません。

 

  • 食物繊維を1日20g
  • ヨーグルトを1日に200g
  • 味噌、納豆、キムチ、ピクルス、甘酒なども積極的に摂る

 

これを毎日行うことで、腸内環境を整えることが出来ます。

その毎日が無理なんだよ・・・と思った方は私の仲間です(笑)

 

私も本当に毎日続けるのが苦痛だったので健康食品にも頼ることで便秘を解消していきました。

もし健康食品を頼ってもいいなと思っているなら、私が利用したものを見てください↓↓

便秘解消に効く乳酸菌サプリメント・食物繊維・オリゴ糖のおすすめ!

便秘を改善したのに痩せないときは

便秘を解消すれば痩せると聞いて便秘を解消したけど・・・やっぱり痩せないという人もいるかもしれません。

 

便秘ではない状態は代謝が良くなっているので、痩せやすい状態にはなっています。

そこから、筋肉をつける⇒⇒有酸素運動という流れが1番痩せるのが速いでしょう。

 

『便秘解消=痩せる』ではありません。

『便秘解消=代謝が上がる』という状態です。

 

そのまま便秘解消している状態をキープしつつダイエットしていくと必ず痩せることが出来ますよ!

すぐに便秘を解消できる薬の誘惑に負けないで

便秘解消を便秘薬でしている!というのは意味がありません。

便秘薬は無理に大腸を動かして、排便させているので、排便後には腸は自力では動くことが出来ません。

 

つまり、便秘薬では代謝がアップしている状態にはなれません。

さらに繰り返し便秘薬を飲み続けてしまうと、刺激になれていくため余計に便秘が悪化してしまいます。

 

便秘薬に頼るなら使い方を間違えないようにしたいですね。

便秘薬の使い方はこちらの記事を見てほしいです↓↓

私はこうやって便秘を解消した!!実践した解消方法をすべて公開!