便秘で吐き気が起こることがあるのは知っていますか?その原因はいくつかありますが、中には放置しておくと危険なものもあります。

 

便秘と吐き気にはどんな関係があるのでしょうか。また、便秘による吐き気を解消するためにどんな対策をすればよいのか紹介します。

スポンサードリンク

便秘と吐き気があると危険!?

便秘になるとなぜ嘔吐してしまうのか原因は知っておいた方がよいです。中には危険なものもあるからです。

 

まずは便秘と吐き気が同時に起こったときに危険なものから見て判断出来るようにしましょう。

 

器質性便秘が危険

器質性便秘とは生活習慣とは関係なく起こる便秘のことで、腸に問題があることが原因というのではありません。

 

胃や腸、他の内臓などに問題があると起こる危険なもので、腸がなんらかの原因で通れない状態になっている病気です。器質性便秘は便秘と吐き気以外にも症状が出ることがほとんどです。

 

  • 激しい腹痛
  • 熱が出る
  • 身体がだるい
  • 悪寒
  • 便に血がつく
  • 急に便秘になる

 

こういった症状が便秘と吐き気以外にある場合には器質性便秘の可能性があります。どんな原因でこんなことが起こるのか見ていきましょう。

 

・腸捻転

起こることは少ないですが、腸がねじれてしまうことで便が通ることが出来なくなります。

 

腸捻転も激しい腹痛、悪寒など強い症状が出ることが多いです。

 

・腸閉塞

もっとも便秘、嘔吐が起こったときに注意すべきことの1つです。イレウスとも言われ、過去の手術、ガンによる閉塞、ヘルニアなどが原因で起こります。

 

腸閉塞は他の症状が急激に出ることが多いものです。

 

・腹膜炎

腹膜炎は腸やその他の内臓を覆っている膜のことです。これに炎症が起こる腹膜炎になってしまうと、腸や胃の動きが止まることがあります。

 

腹膜炎には急性と慢性がありますが、便秘と吐き気が起こるのは急性の方です。

 

虫垂炎(盲腸)、大腸憩室炎など内臓の炎症から起こることが多いです。

 

・子宮筋腫

子宮の筋肉が腫瘍化してしまう病気ですが、これでも便秘と吐き気が起こります。筋腫が腸を圧迫してしまったり、炎症を起こして腸が癒着して動かなくなってしまうのです。

 

こちらも吐き気が出るくらいひどくなっていると腹痛、悪寒などの症状がでます。

 

・大腸ガン

大腸に出来るガンでも便秘と嘔吐が起こります。ガンによって腸がふさがれていくためです。

 

大腸ガンは初期では下痢、便秘くらいの症状しか出ないこともあります。便に血が混ざることが多いので気をつける必要があります。

 

・潰瘍性大腸炎

潰瘍性大腸炎は原因不明の難病指定されているものです。大腸に炎症が起こり動きが悪くなったり、痙攣するように激しく動いたりします。

スポンサードリンク

危険な器質性便秘の吐き気の対策は

器質性便秘は怖いものが多いので、できるだけ早く病院へ行くことが対策です。器質性便秘は自分で治そうとしたり、放置していると手遅れになりかねません。

 

  • 便秘と吐き気が突然に起こった
  • 激しい腹痛
  • 便に血が混ざっている
  • 熱が出ている
  • 悪寒がする

 

こういった症状が出ていたら器質性便秘の可能性があるので、病院へ行って診断してもらうべきです。

 

ここからは生活習慣などによって起こる便秘と吐き気について見ていきましょう。

便秘で吐き気が起こる原因は機能性便秘!?

腸に原因があって起こる便秘のことを機能性便秘と言います。機能性便秘はさらに3つに分けることができます。

 

弛緩性便秘・・・腸の動きが悪くなり、便がなかなか移動出来ないことで起こる便秘。

 

直腸性便秘・・・便が通る最後の場所である直腸で起こり、排便する力が弱い、排便の反射が起こらないなどの問題がある便秘。

 

痙攣性便秘・・・大腸が痙攣して、動きすぎるために起こる便秘。

 

これら3つの便秘は食事などの生活習慣に大きく関係しており、症状はすべて便が出ない、出にくいことです。それでは、便が出ないとことで吐き気がなぜ起こるのでしょうか。

 

吐き気はもう入らないというサイン

1日1回はバナナくらいの大きさの便を出して身体を綺麗に保つのが正常なことです。便秘が続くほどに腸につまってしまいます。

 

腸につまってしまうと、胃から腸へと食べたものが移動できなくなってしまうので、逆流して吐き気が起こってきます。

 

便秘で吐き気が起こってしまうという状態はかなり便秘がひどいということが分かります。なるべく早く便秘を改善しておかないと自力では治せないことになる可能性もあります。

 

吐き気は身体がなんとか排泄しようとしているサイン

便は身体にとっては必要のない老廃物です。身体の中に残り続けていると、腸内の悪玉菌が増えてしまいガスなど有害物質を作り出してしまいます。

 

これを身体から出すには排便する必要がありますが、便秘だと出すことができません。便秘がひどくなって便が溜まり続けると身体がなんとか出してしまわないと危険だ!と信号を出します。

 

排便できないのであれば、口から出すしかないと吐き気が起こってしまうのです。

 

吐き気は自律神経バランスの乱れ

腸の動きは自律神経が調節していることは知っていますか?自律神経のうちの副交感神経が優位になると腸が活発に動いて便を作ったり排泄するようになります。

 

自律神経のバランスが乱れてしまうと腸の動きが悪くなったり、動きすぎてしまいます。腸は動きが悪くなると便秘になりますが、動きすぎることでも便秘になってしまうのです。

 

また、副交感神経は腸の動きだけでなく胃の動きも調節しており、胃が動きすぎてしまうと吐き気が起こります。つまり、自律神経バランスが乱れてしまうと便秘と吐き気が同時に起こることがあるのです。

 

自律神経バランスが乱れてしまう原因の多くはストレスです。ストレスによって起こる便秘は痙攣性便秘で便秘と下痢を繰り返すことが多いです。

 

機能性便秘の吐き気の対策は

機能性便秘の吐き気の対策としては便秘を治すということが1番ではありますが、まずは吐き気をなんとかしたいですよね。どうやって吐き気を解消すればよいのでしょう。

 

吐けるだけ吐く

身体の中から食べたものを出そうとしているのが吐き気です。それを我慢していては吐き気を解消することはできません。まずは吐けるだけ吐くということは大事です。

 

吐きたいときには吐いておいて、なるべく出しておきましょう。

 

何も食べない

食べてしまうと吐き気が起こってしまうので、便のつまりがある程度解消されないと食べると吐き気が起こってしまいます。

 

また、食べ物を胃の中に入れて消化させてしまうと、腸の動きが悪くなることが分かっています。便秘で吐き気が起こるときには、まずは食べずに腸を動かすのを邪魔しないようにしましょう。

 

便が出るまでは、水分補給を忘れないようにして食べるのであれば消化に良いものを少しずつ食べるようにしましょう。

 

便秘薬を使う

便秘がひどい状態でなかったら、吐き気まで起こることは少ないのです。ひとまず便秘薬で出してしまうというのは対策として有効です。

 

ただし、腸を刺激して排泄を促す便秘薬は吐き気を悪化させる可能性があるので控えたほうが良いでしょう。吐き気があるときの便秘薬はマグネシウムが成分のものを選びます。

 

マグネシウムは腸の中の浸透圧を高めて、便を柔らかくする効果があります。マグネシウムの便秘薬と水分をしっかり摂って便秘を1度解消しましょう。

 

便秘で吐き気が起こるときの解消法は『吐けるだけ吐く⇒⇒(便秘薬を飲む)⇒⇒プチ断食⇒⇒便が出る』

 

ここまできたら少しずつ便秘に良いものを中心に食べて、便秘解消できるようにしていくしかありません。

 

便秘と吐き気は風邪のせいかも!?

最後に便秘と吐き気が起こる原因には風邪ということも可能性があります。もともと便秘のところに風邪をひいてしまい、吐き気が起こっているのです。

 

また、風邪によって腸の動きが悪くなって、さらに吐き気が起こっていることもあります。

 

風邪による吐き気が起こってい場合には風邪を早く治すというのが対策になってきます。消化に良いものを食べて、水分補給して、早く寝るようにしましょう。

 

便秘で吐き気が起こるときの病院へ行くタイミング

便秘と吐き気があるときに気になるのは病院へ行くタイミングですね。放置しておいて手遅れということになると怖いものがあります。病院へ行くタイミングの目安を紹介します。

 

まずは器質性便秘である可能性というのは頭に入れておきましょう。

 

  • 便秘と吐き気が突然に起こった
  • 激しい腹痛
  • 便に血が混ざっている
  • 熱が出ている
  • 悪寒がする

 

これらの症状が出ているのであれば、病院へ行ってもよいと思います。きちんと診断してもらっておけば安心でしょう。

 

また、器質性便秘ではなくても1週間以上も排便が無いときには病院へいって薬を処方してもらったほうがいいでしょう。便秘薬を飲んで出すことが出来ているのであれば、自力で治すことも可能ですが・・・。

 

まとめ

便秘で吐き気が起こっていたら危険なことがあることは分かりましたか?

 

危険な器質性便秘ではなくても、便秘で吐き気が起こっているというのは身体がなんとかしないと!という状態まで進行してしまっています。

 

こんな状態の便秘を放置しておくと、手術しないとダメなんてこともあるのですぐにでも対策していくようにしましょう。