便秘と下痢を繰り返すという症状が出る人がいます。

これはなかなかつらいものです。

 

なかなか出ないなあと思って数日すると、突然に下痢をしてしまう原因とはなんなのでしょうか?

また、どのように対策をすればいいのでしょうか?

今回の記事では便秘と下痢を繰り返すときにしたいことをすべてまとめています。

スポンサードリンク

なぜ便秘と下痢を繰り返す?

便秘と下痢を繰り返してしまう人は最近どんどん増えてきています。

これは便秘の1種であり、痙攣性便秘と呼ばれるものの典型的な症状です。

 

食べたものは胃で消化→小腸で消化吸収→大腸で水分を吸収しつつ便が作られます。

痙攣性便秘では便が出来上がりつつある、大腸で痙攣が起こってしまうのです。

 

大腸が痙攣すると、『便の停滞』『便が無理やり押し出される』のどちらかが起こります。

・便の停滞

便が上手く送れなくなってしまい、大腸の中に必要以上に残るため、便の水分を吸収しつくします。

そうなると固くてコロコロの便、ウサギの糞のようは便が出てしまいます。

・便が無理やり押し出される

大腸の痙攣が便を押し出すようにも起こると、水分が十分に吸収されないため、下痢が起こります。

 

便秘と下痢を繰り返す周期は、人によって違いますが、3日くらい便秘で下痢になるという人が多いようです。

大腸が痙攣して起こる症状は便秘と下痢を繰り返すだけではありません。

  • 便秘と下痢を交互に繰り返す
  • ずっと便秘になる
  • 下痢ばかりする

どのタイプになるかは人によってそれぞれですが、重度の過敏性腸症候群まで進行することがあるので放置せずに対策はしておくべきです。

スポンサードリンク

痙攣性便秘かチェック

便秘と下痢を繰り返しているなら、本当に痙攣性便秘なのかどうか、あてはまるかチェックしてみましょう。

  • 下痢のときに強い腹痛がある
  • 腹痛があっても出ないことがある
  • 食後によく腹痛が起こる
  • ストレスを感じると腹痛
  • お腹が張る
  • 便秘のときに排便があるとコロコロの小さい便
  • 神経質な性格
  • 悩みが多い
  • 緊張することが多い
  • よく我慢する

 

大腸が痙攣しているときにお腹が痛くなることが多いです。

痙攣が収まると痛みは無くなりますが、ずっと痛いのであれば他の病気の可能性もあるので注意が必要です。

便秘と下痢を繰り返す原因は

便秘と下痢を繰り返してしまう原因にはいくつかありますが、ほとんどの場合は自律神経の乱れが原因です。

自律神経の副交感神経は胃腸の働きを調節していますが、乱れてしまうと必要以上に大腸を動かすという異常が起こります。

 

つまり、自律神経バランスを乱すものが便秘と下痢を繰り返す原因ということです。

 

自律神経のバランスを乱してしまうものはたくさんあります。

精神的ストレス

痙攣性便秘の原因はずばりストレスです。

と言われるくらいストレスによって自律神経は調節できなくなります。

 

ストレスを抱え込みやすい人ほど、痙攣性便秘となることが多く、とくにストレスに弱い男性に多い種類の便秘です。

最近ではストレスが多い20〜40代の働く女性にも増えてきています。

 

性格だとマジメ過ぎる人、弱気な人はストレスを溜め込みやすく、我慢は本当に良くありません。

睡眠不足

睡眠は自律神経を整えるために必要なもので、睡眠時間が6時間よりも少なくなると危ないです。

6時間を下回ってくると自律神経バランスが乱れてしまいます。

疲れが溜まりすぎ

仕事のしすぎ、激しい運動など疲れが溜まりすぎるのもダメです。

疲労が溜まりすぎると自律神経がうまく働かないということがあります。

運動不足

運動を適度にすることで交感神経と副交感神経のバランスを整えることができます。

まったく運動をしていないとメリハリがなくなってしまいます。

ホルモンバランスの乱れ

生理前や閉経後のホルモンバランスの変化は、自律神経にも影響を与えてしまいます。

自律神経をうまく切り替えることが出来なくなり、大腸の痙攣を引き起こしやすくなります。

砂糖依存

砂糖がどんな関係あるの?と思うかもしれませんが、甘いものを食べずにいられないという砂糖依存の場合は自律神経の乱れを引き起こします。

甘いものを食べないと、常にイライラしてしまうことがストレスになってしまうのです。

腸内環境の悪化

腸内環境が悪化していると、刺激に対して大腸が痙攣しやすくなってしまいます。

それだけでなく、脳と腸は相関があるので、腸内環境の悪化が脳のストレスになるのです。

 

そのストレスが自律神経の乱れを引き起こします。

便秘と下痢を繰り返すときの対策は

便秘と下痢を繰り返してしまう場合の対策は2つあります。

  • 大腸の刺激となるものは控える
  • 自律神経を整える
  • 腸内環境を整える

 

刺激を控えて、痙攣を少なくしてあげつつ、自律神経の乱れを改善していく必要があります。

1番の原因であるストレスを解消しましょうと言うのは簡単なのですが、解消するのって難しいものです。

それでは、具体的にどんなことをしていけば良いのか見ていきましょう。

大腸の刺激となるものは控える

刺激物によって大腸が反応してしまい、動きすぎてしまうというのを減らすために必要です。

辛いものアルコール、冷たいものは強い刺激になるので控えた方がいいでしょう。

 

また、食べ過ぎも腸を刺激してしまうため、控える必要があります。

腹八分目でよく噛んでという基本的なことをしていきましょう。

 

他にも刺激になってしまうものとしては食物繊維があります。

便秘だからと言って、食物繊維を積極的に摂ってしまうと、痙攣性便秘には逆効果です。

 

とくに不溶性食物繊維は腸の動きを活発にすることで、便秘の解消に効くというものです。

すでに動きすぎている大腸に、不溶性食物繊維はさらに動いてしまうので、悪化させてしまうのです。

 

食物繊維を摂るときには、痙攣性便秘の場合は水溶性食物繊維を選んで摂りましょう。

もずく、わかめ、メカブなどの海藻類、納豆、おくらなどのネバネバ系のものです。

 

また、市販の便秘薬もダメです!!

市販の便秘薬の中には腸を無理やり動かして、便秘解消させるものが多いためです。

痙攣性便秘を悪化させてしまうため、飲むべきではありません。

自律神経を整える

趣味を見つけて、没頭してストレスを解消するというのが1番良いのですが、なかなか見つからないものですよね。

人の趣味というものを片っ端から試してみるというのは、見つけるための方法です。

 

また、自律神経を整える方法にはいくつかあります。

ここで紹介するのは研究で実際に効果が認められているものです。

 

・アロマを炊く

匂いは脳に直接作用するので、リラックス効果はかなり高いです。

 

・散歩する

軽い運動はストレスを減らしてくれるので、自律神経を整える効果があります。

散歩でなくても、軽く汗をかく、呼吸が乱れない運動が良いです。

 

・ぬるめのお湯(38~40℃)で半身浴する

ぬるめのお湯につかると、副交感神経が優位になるのでリラックス効果が高まります。

15分以上はつかりましょう。

 

・ガムを噛む

噛むということはストレス値を下げる効果が高いです。

仕事中などでもガムを噛んでおくだけ、食事をゆっくり噛んで食べるというのも効果的です。

 

・涙を流す

涙を流すとストレスレベルが一気に下がることが分かっています。

悲しいことを考えて、映画を見て涙を流してみましょう。

 

・大声を出す

大声を出すとストレス発散できるというのは本当です。

迷惑にならないように大声を出せる場所で出しましょう。

 

・森林浴する

植物の緑色を見ると心が落ち着くようになっています。

それだけでなく、植物が出している成分が心を落ち着ける効果があるのです。

 

・深呼吸する

身体に酸素を思い切り取り込むことで、代謝が活発になり、副交感神経も優位になります。

 

・ハグをする

これもストレス値を下げることが出来るものです。

ハグする相手がいないときには、ペットやぬいぐるみでも効果があります。

 

・太陽の光を浴びる

太陽の光は自律神経を整える効果が高いです。

とくに朝起きてからは1度太陽の光を浴びるようにしましょう。

腸内環境を整える

最後は腸内環境を整えることですが、大腸が痙攣しにくい、正常な運動が出来るようにしておくために必要です。

ただし、食物繊維は摂りすぎると逆効果になってしまうので、乳酸菌やオリゴ糖で腸内の善玉菌を増やすようにします。

 

乳酸菌はヨーグルト、納豆、ぬか漬け、味噌などの発酵食品を毎日摂るようにします。

オリゴ糖は食品からたくさん取ることが難しいのでい、健康食品がおすすめです。

 

 

腸内細菌の悪玉菌を減らして、善玉菌を増やすということも対策としてオリゴ糖は効果が高いです。。

この方法はこちらの記事を参考にしてみてください⇒オリゴ糖が便秘解消に良い!!