今回の記事は、腸内の悪玉菌と便秘についてまとめています。

 

腸内細菌の悪玉菌は便秘にしてしまう原因ということは聞いたことありませんか?

この悪玉菌とはいったい何者なのでしょう。

 

悪玉菌が増える、減らす食べ物はどんなものがあるのでしょうか?

スポンサードリンク

腸内細菌って?

まずは腸内細菌のことを知っておきましょう。

 

腸内細菌は私たちの腸の中に住み着いている細菌のことで、およそ1人あたり1000兆個もいます。

腸内細菌は正常な人で、善玉菌20%、悪玉菌10%、日和見菌70%の割合になっています。

善玉菌

人にとって良い影響を与えてくれる細菌のことを善玉菌と呼びます。

悪玉菌

人にとって悪い影響を与えてしまう細菌のことを悪玉菌と呼びます。

日和見菌

人にとってはどっちつかずの細菌で、善玉菌が優勢なら善玉菌に味方をします。

逆に悪玉菌が優勢のときには、悪玉菌の味方をしてしまいます。

 

今回の記事は悪玉菌について詳しく見ていきます。

悪玉菌が増える食べ物は

まずは悪玉菌が増えてしまう原因になる食べ物から見ていきましょう。

・タンパク質

タンパク質が豊富な、お肉は悪玉菌が増える食べ物の代表です。

お肉に含まれるタンパク質は消化が悪く、悪玉菌のエサになります。

 

悪玉菌のエサになって増えてしまうだけではありません。

タンパク質を分解するときに発生する有害物質(インドール、スカトール、アンモニウムなど)が身体に大きな悪影響を引き起こします。

 

もちろんお魚、たまご、牛乳などのタンパク質も同じく、悪玉菌のエサになりやすいです。

 

すべてのお肉やお魚を食べないようにしてしまうのは無理です。

しかし、お肉などタンパク質中心の食生活であるなら、野菜中心の食生活に改めるようにしましょう。

・砂糖

甘いものは悪玉菌のエサになり、増える原因です。

 

どの糖分も増えてしまうわけではありませんが、多くの食べ物に含まれている、白砂糖は悪玉菌は大好きです。

甘い食べ物大好きなら控える必要があります。

 

また、甘いものには便秘の原因になる理由が他にもあります→甘いものは便秘の原因に?

・脂っこいもの

揚げ物、スナック菓子などジャンクフードはとにかくダメです。かなり悪玉菌が増えてしまいます。

唐揚げなんてタンパク質プラス脂なので最悪です。ハンバーガーとかもやめたほうがいいです。

 

とにかく身体に悪そうな食べ物であれば悪玉菌が増える食べ物であることがほとんどです。

悪玉菌の悪影響とは

悪玉菌が増えてしまうと、有害物質を作り出していき善玉菌が生きられない環境にしてしまいます。

肉中心の食生活をしていて、ひどい便秘だった人から善玉菌が1個も検出されなかったという報告もあります。

 

悪玉菌が増えて、善玉菌が減ってしまった腸内環境では身体にいろいろな悪影響を与えます。

便秘

まずは便秘です。

悪玉菌が増えている環境は善玉菌が減り、胃腸の機能がかなり低下してしまいます。

 

善玉菌は大腸が動くエネルギー源である有機酸を作り出してくれます。

悪玉菌が増えていると有機酸も少ないため、腸の動きが悪くなるのです。

 

そして、悪玉菌は有害物質を作り出します。

アンモニアやスカトール、インドールなどの有害物質を作り、腸の環境をさらに悪化させるのです。

 

悪玉菌が増える→便秘→悪玉菌が増える→便秘

もっと便秘が悪化してしまうという悪循環に陥ってしまいます。

 

それだけでなく、悪玉菌が作り出している有害物質は腸から吸収して血液へと移動します。

そうなると身体の様々な場所に到達して、悪い影響が出てきます。

 

  • 肌荒れ
  • 髪がパサパサになる
  • 体臭が出る
  • 口が臭くなる
  • 免疫力が低下する
  • アレルギーを悪化させる
  • 代謝低下して太りやすくなる
  • 視力低下
  • 肩こり
  • 腰痛
  • 疲れやすい
  • イライラしやすい
  • 糖尿病
  • 動脈硬化

これは全て悪玉菌が増える結果として起こる悪影響です。

腸内から悪玉菌を減らすには

こんな悪いことばっかりしてしまう悪玉菌は胃腸からなくしてしまいたいですよね。

でも、悪玉菌を胃腸からすべて追い出すことは不可能なんです。

 

一度住み着いてしまった菌は身体の中から追い出しきるのは難しいのです。

ただ、悪玉菌を減らすことは出来ます。

腸内の善玉菌を増やすことで、悪玉菌の数を減らせるのです。

 

善玉菌を増やして、悪玉菌を抑えて、胃腸の調子を整えるために、ヨーグルトなどの乳酸菌を食べていくのです。

悪玉菌と善玉菌は腸内で戦っており、悪玉菌が増えれば善玉菌は減り、悪玉菌が減れば善玉菌は増えます。

 

善玉菌は上に少しだけ書きましたが、有機酸を作り出します。

この有機酸で腸内が酸性になっていくのですが、酸性だと悪玉菌の活動が抑えられます。

 

つまり、善玉菌が増えれば増えるほど悪玉菌は少なくなっていきます。

善玉菌を増やすために

それなら善玉菌を増やすために具体的に何をしていけば良いのかというと

  1. 食物繊維
  2. 乳酸菌
  3. オリゴ糖

この3つを積極的に取り入れることで、善玉菌を増やしていくことが出来ます。

1.食物繊維

食物繊維は消化されずに大腸まで届いて、善玉菌のエサになってくれます。

腸内を掃除する効果もあるので、便秘を解消するためには大事な栄養素です。

2.乳酸菌

乳酸菌が胃腸の調子を整えてくれるのは有名ですね。

乳酸菌を摂ることで、善玉菌を増やしてくれるのです。

 

毎日摂る必要があるのは大変ですが、ヨーグルト、キムチ、お味噌、甘酒、ピクルス、ぬか漬けなどの発酵食品を続けましょう。

 

食べ続けるのが大変な場合は乳酸菌サプリメントを利用します。

1日あたり90円くらいなので、ヨーグルトを食べるのとあまり変わらないうえに、乳酸菌の数と種類も多いのでおすすめです。

 

私が利用したおすすめは↓↓

☆1粒に500億個☆ヨーグルトの5倍以上の乳酸菌!

3.オリゴ糖

オリゴ糖は消化されにくく、大腸まで届くことで善玉菌のエサになります。

すでにお腹の中にいる善玉菌を増やすことが出来るので、これも出来るだけ摂りたいものです。

 

オリゴ糖については詳しく書いてあるので参考にしてください↓↓

悪玉菌を減らして善玉菌を増やす方法は?

まとめ

悪玉菌が便秘だけでなく、身体に大きな影響を与えてしまうことは分かったでしょうか。

  • 肌荒れ
  • 髪がパサパサになる
  • 体臭が出る
  • 口が臭くなる
  • 免疫力が低下する
  • アレルギーを悪化させる
  • 代謝低下して太りやすくなる
  • 視力低下
  • 肩こり
  • 腰痛
  • 疲れやすい
  • イライラしやすい
  • 糖尿病
  • 動脈硬化

 

悪玉菌を抑えて、善玉菌を増やすことが必要で、そこから肌荒れなどの問題も解決しやすくなります。

 

便秘の改善をしようと思ったら、悪玉菌が増えてしまうような食生活を変えないと、便秘の改善はありません。

 

ただ、上に書いてある食べ物を我慢し続けるのは苦しいと思います。

もしこういった悪玉菌が増える食べ物を我慢できないなら、その分善玉菌を増やす努力が必要です。

食事の改善が難しいなら乳酸菌サプリメントを上手に利用してみましょう。