便秘を引き起こしてしまったり、悪化させる原因はたくさんあります。

 

今回は飲み物についてです。

知らず知らずのうちに便秘を悪化させないためにも、どんな飲み物で便秘になってしまうことがあるのか知っておきましょう。

スポンサードリンク

便秘を引き起こす飲み物とは

普段は何気なく、ジュース、お酒、コーヒーなど飲み物を飲んでいますよね。

飲み物には便秘原因に知らず知らずのうちになっているものがあります。

①冷たい飲み物 

どんな飲み物がダメという前に、冷たい飲み物は基本的に便秘原因になります。

冷たい飲み物は胃腸を冷やして、動きを低下させてしまうからです。

 

基本的には暖かいもの、常温のものにしておくと良いでしょう。

お腹を冷やすとなぜダメなのかはこちらの記事を⇒⇒お腹を冷やすと便秘になるの?

②カフェインを含む飲み物

コーヒー、紅茶、緑茶などのカフェインを多く含む飲み物では便秘を引き起こす可能性があります。

 

カフェインには利尿作用があるので、おしっこをしたくなります。

カフェインを摂りすぎると水分補給したよりも多くのおしっこが出ていくため、水分不足になってしまい、硬くてコロコロの便になり、便秘を引き起こします。

 

さらに、カフェインにはクロロゲン酸という成分が含まれています。

これには大腸の動きを抑えてしまう効果があることが分かっています。

 

カフェインを含んでいる飲み物は

  • コーヒー
  • 紅茶
  • 緑茶
  • 抹茶
  • 烏龍茶
  • ほうじ茶
  • 栄養ドリンク
  • 玄米茶
  • ココア
  • コーラ

 

逆にカフェインによって、便秘解消できるということもあります。

カフェインの刺激によって胃の動きと消化が活発になるためです。

 

便秘解消に効果的な面もありますが、飲み過ぎは確実に便秘原因になってしまうので1~2杯に抑えるようにしましょう。

 

詳細はこちらの記事へ⇒コーヒーは便秘に良いの?飲み方に注意しよう!

③タンニンを多く含む飲み物

タンニンというポリフェノールの1種が便秘原因になることがあります。

 

タンニンは渋みの成分で

  • 赤ワイン
  • 煎茶
  • 紅茶
  • ジャスミンティー
  • コーヒー

などに多く含まれています。

 

これは抗酸化作用を持っており、身体に良い面もありますが、飲み過ぎは良くありません。

  • 便を硬くする
  • 腸の動きを低下させる
  • 血管を収縮させる

こういった作用があるので、便秘になってしまう可能性があります。

下痢止めにもタンニンが含まれているくらいなので、とにかく飲み過ぎないように注意が必要です。

 

これも1日に1~2杯くらいまでにして、便秘になっているとき、便秘になりやすいなら止めてみた方がいいでしょう。

ちなみに渋柿にもタンニンは多く含まれています。

スポンサードリンク

④アルコールを含む飲み物

ビール、日本酒、焼酎などアルコール飲料は便秘原因になります。

アルコールには胃腸を疲れさせたり、利尿作用での水分不足などを引き起こしてしまうためです。

 

逆にアルコールによっては便秘解消する効果もありますが、やはりこれも飲み過ぎはダメ。

適量はビールなら中瓶、焼酎、ワイン、日本酒はコップ1杯程度までです。

 

アルコールと便秘の関係については詳細は↓↓

アルコールは便秘の原因になる?それとも便秘解消になる?

⑤ジュース

甘いジュースは、とにかく砂糖がダメです。

便秘原因になるジュースとは、原材料に砂糖が多く入っているものです。

 

ジュースを甘くするための砂糖には腸の動きを止めてしまうことがわかっています。

また、砂糖は悪玉菌のエサとなるので腸内環境を悪化させます。

便秘に良いものが入っているジュースもあるけど・・・

砂糖はダメなのですが、中には便秘に良いとされているものが入っているジュースもあります。

 

・乳酸菌飲料

乳酸菌が入っている甘いジュースは便秘に良い悪いのどちらになるかは、人それぞれです。

乳酸菌は腸の調子を整えてくれるけど、砂糖はダメという良い面と悪い面があります。

 

・炭酸飲料

炭酸は胃腸が刺激されるので腸の動きが活発になるので便秘解消に効くものです。

しかし、ジュースの炭酸飲料は砂糖がかなり入っているので、便秘解消目的にすることはできません。

 

・果汁100%ジュース

100パーセントのオレンジジュースなどは果糖なのですが、便秘に良いとは言えません。

果汁100%ジュースが良いという話もありますが、これはフレッシュジュースの場合です。

 

ジュースのラベルに『濃縮還元』と書かれているジュースには便秘を解消する効果は無いと思った方が良いでしょう。

また、ジュースになるような果物は摂りすぎると身体を冷やしてしまうので飲み過ぎには注意。

 

・野菜ジュース

野菜ジュースの中には食物繊維が添加されているものがあり、これは便秘には効果があるでしょう。

食物繊維(難消化性デキストリン)が添加されていない野菜ジュースは、食物繊維を取り除いて作られているので効果がないので注意しましょう。

 

便秘に良いものが入っていても、甘いものが多いジュースの飲み過ぎは避けるべきです。

多くても1日にコップ1〜2杯くらいにしておきましょう。

 

もちろんケーキなどの甘い食べ物も同じなので注意が必要です。

甘いものを食べ過ぎると便秘になってしまう6つの原因!

どんな飲み物なら便秘を悪化させないのか

水分を摂るときには、ガブガブ飲んでも問題ないもの。

便秘を悪化させない飲み物で行うべきです。

 

便秘を悪化させることがあるのものは控えるようにしましょう。

  1. カフェインが含まれていない
  2. アルコールではない
  3. タンニンが入っていない
  4. 糖分を含まない

この4つに当てはまる飲み物を普段は水分補給として飲むようにします。

 

これに当てはまる飲み物は

  • お水(ミネラルウォーター
  • 麦茶
  • ルイボスティー
  • そば茶
  • 黒豆茶

この辺りになります。

この飲み物で水分補給して、それ以外の飲み物は1日でコップに1〜2杯まで。

 

便秘を解消するための飲み物についてもまとめているので参考にしてみてください。

⇒⇒毎日続けたい!便秘解消に効く飲み物とは!

便秘を悪化させる食べ物もチェック!

飲み物だけでなく、食べ物の便秘原因になるものはたくさんあります。

脂っこいもの、消化に悪いものだけではありません。

 

こちらもチェックしてみてください

⇒⇒便秘を悪化させる原因になる12の食べ物とは?【まとめ】

まとめ

便秘を悪化させてしまう原因になる飲み物については分かったでしょうか。

  • 冷たい飲み物
  • カフェイン
  • タンニン
  • アルコール
  • 甘いジュース

とにかく冷たい飲み物で身体を冷やしてしまうのだけは、注意です!!

 

便秘には良いけど、飲みすぎると悪化させてしまうという飲み物があるのも要注意です。

そんな飲み物は1日に1~2杯くらいまでにしておくようにします。

ガブガブ飲んでしまったりすることが無いようにしたり、便秘になっているときには抑えると良いでしょう。

(甘いジュースの場合は出来る限り飲まない方がいいです。)

 

便秘の対策の前に、自分の便秘の種類がどんなものなのか分かっていますか?

それぞれの種類によって対策が違うので、こちらを参考にしてみてください。

便秘かどうかわからない?自分の便秘原因をチェックしよう!