・お酒を飲んだ次の日には便秘になってしまう人がいます。

・お酒を飲んだ次の日には下痢気味になってしまう人もいます。

 

アルコールは便秘の原因になってしまうのでしょうか?

それとも便秘を解消することが出来るのでしょうか。

 

今回の記事ではアルコールと便秘の関係についてまとめています。

お酒を飲むときには、どんなことを注意しておけば良いのでしょうか。

スポンサードリンク

アルコールが便秘解消になる5つの理由

1.発泡系のお酒

ビールや酎ハイなどの炭酸が入ったアルコールでは便秘が解消される方に働きます。

炭酸飲料が便秘の改善になるということを聞いたことはありませんか?

 

炭酸が胃腸を刺激することで、動きが活発になるので便秘解消になるのです。

動きすぎてしまう人ではお腹が緩くなってしまったり、下痢をしてしまう人もいます。

2.血行が良くなる

アルコールを飲むと血行が良くなります。

これによって腸への血液のが流れも良くなるため、腸の動きが活発になり便秘を解消させてくれます。

3.食物繊維

ビールには不溶性の食物繊維が含まれています。

食物繊維が便秘に良いというのも有名ですよね。

 

不溶性食物繊維は便の大きさを大きくするという働きを持っていて、大きな便は腸を刺激してくれるので、腸がよく動きます。

4.胃腸へのダメージ

お酒に含まれるアルコールは刺激物です。胃腸へダメージを与えてしまうのです。

この刺激によって、胃腸がよく動くため便秘が解消させることがあります。

 

また、腸の吸収能力が低くなり、便の中の水分を吸収出来なくなるのでお腹が緩くなったり、下痢をすることもあります。

5.水分

水分をしっかり摂ることが便秘解消につながることが分かっています。

詳細は→水分が便秘に効果的??

 

お酒は水分なので飲むことで便が動きやすくなり、便秘が解消されることがあるのです。

ただし、アルコールには利尿作用があり、オシッコしたくなります。

いっぱいオシッコする前に便が出なかったときには便秘解消にはなりません。

便秘を解消するためのアルコールの種類は?

炭酸が含まれているもの

便秘に良いアルコールの代表はビールですが、苦手な場合は酎ハイでも良いでしょう。

炭酸が腸を刺激して、便秘解消に働いてくれます。

白ワイン

白ワインに含まれている有機酸の効果で、腸の中を弱酸性にしてくれます。

これによって善玉菌が活発になり、悪玉菌を抑える効果があります。

マッコリ

韓国のお酒であるマッコリは乳酸菌がたっぷり含まれています。

腸内の環境を整える効果が高いので、便秘を解消してくれるのです。

アルコールはどのくらいが適量なの??

アルコールが便秘の良いといっても、飲み過ぎはダメです。

適量はアルコールの量にして『20g』とされています。

 

  • ビール・・・中瓶1本(500ml)
  • 日本酒・・・コップ1杯(180ml)
  • ワイン・・・コップ1杯(180ml)
  • 焼酎・・・コップ0.5杯(100ml)
  • 酎ハイ・・・1本半(500ml)

 

お酒好きなら物足りないとは思いますが、これ以上飲んだら逆効果で便秘の原因になってしまいます。

便秘を解消するためのおつまみは

  • 豆腐
  • 枝豆
  • 海藻サラダ
  • アボガド
  • キムチ
  • 漬物
  • 酢の物

 

豆腐、枝豆、海藻、アボガドには食物繊維が豊富なので、飲むときには必ず取り入れたいですね。

また、キムチと漬物には乳酸菌が豊富なので腸内環境を整えてくれます。

 

酢の物に使われているお酢は代謝を高めて、善玉菌を活発にする効果も持っています。

アルコールで便秘を解消するまとめ

便秘を解消するためにお酒を飲むぞ!!というのはあまりおすすめできるようなものではありません。

結局はアルコールや炭酸で腸を刺激しているだけなので、根本的な解決ではないからです。

 

お酒好きなら、適量で我慢できないことも難しいと思います。

どうしても飲みたいときには、せめておつまみだけでも便秘に良いものにしておきましょう。

スポンサードリンク

逆にアルコールが便秘を悪化させる8つの理由

①悪玉菌

アルコールそのものではなく、一緒に食べるおつまみに問題があります。

 

お肉やお魚、脂っこい食べ物を多く食べるの腸内細菌の善玉菌が減ってしまい、悪玉菌が増えてしまうことが分かっています。

悪玉菌が増えると腸の動きは落ちるので便秘の原因になるのです。

②水分不足

アルコールを飲んですぐには水分を摂取したのと同じで便秘解消になることもあるのですが、時間が経てば利尿作用によりオシッコがいっぱい出ます。

 

吸収される水分よりも多くの水分が排泄されるので、水分不足になってしまいます。

また、アルコールを分解するときには水分が使われるので余計に水分が足りなくなってしまいます。

 

水分不足は便をカチコチにしてしまうため、便秘の原因になってしまいます。

③胃腸へのダメージ

アルコールは刺激成分なので飲めば飲むほどに胃腸へダメージを与えてしまいます。

胃がダメージを受けると、消化不良のまま食べ物が腸へ移動していき、悪玉菌が増えてしまいます。

 

また、腸がダメージを受けると動きが低下してしまうので、便を送る力が悪くなっていきます。

 

善玉菌が増えて弱って動きが悪くなった腸のせいで便秘に進行してしまいます。

④お腹を冷やす

冷たいお酒を飲めば飲むほどに、胃腸を冷やしてしまうので動きが悪くなっていきます。

動きが悪い胃腸は便秘の大きな原因です。

⑤寝不足

アルコールを飲むと寝る時間が遅くなってしまい、寝不足になることがあります。

また、アルコールを飲むと交感神経が刺激されて、眠りが浅くなってしまい質の低い睡眠になってしまうことが分かっています。

 

この睡眠不足は身体のいろいろな動きを低下させてしまい、腸の動きも低下してしまいます。

その結果として便秘の原因となってしまうのです。

⑥消化不良

アルコールは食欲を刺激するので、いつも以上に食べてしまうことが多いでしょう。

食べ過ぎは胃に負担をかけてしまうので、消化不良を起こします。

 

消化不良の食べ物は腸で、悪玉菌の餌となってしまうので便秘をひどくしてしまいます。

⑦痔がひどくなる

アルコールは刺激物で、痔があるときには痛みを大きくしてしまいます。

排便するときに痛みが強いと、いきむのを我慢してしまい出にくい状態が続きます。

 

あまり我慢してしまうと、便意が起こりにくくなっていくのです。

⑧赤ワインのタンニン

赤ワインに含まれているタンニンという渋みの成分があり、これは便秘の原因になってしまいます。

タンニンには収れん作用といって、腸の動きを低下させるという作用を持っているからです。

便秘のときに避けたいおつまみは

脂っこいものはダメ

脂っこい食べ物はとにかく便秘には何も良いことがありません。

脂は消化に悪く、悪玉菌の大好物です。

お肉

お肉だけでなく、お刺身も同じですがタンパク質が消化に良くありません。

便秘の大きな原因の1つにお肉ばっかり食べているからというのもあるくらいです。

 

消化に悪いお肉は控えめにしたいです。

冷たいもの

飲み会の最後に冷たいアイスなんかを食べていませんか?

冷たいものは胃腸を冷やしてしまうので、便秘に良くありません。

甘いもの

甘いものに使われている砂糖は腸の動きを低下させるという作用があります。

また、砂糖は悪玉菌が大好きなので、増殖してしま腸の動きを悪くします。

〆の炭水化物

飲んだ最後にはラーメンやお茶漬けなどの炭水化物が食べたくなりますよね。

これもアルコールで麻痺した状態で空腹じゃないのに欲しいだけです。

 

最後にお腹に入れると消化に良くありません。

アルコールが便秘の原因になるまとめ

アルコールが原因で便秘になるということは多くあります。

もし、お腹が緩くなってしまっても、腸内環境は悪くなっているので良いことは少ないでしょう。

 

飲み過ぎない自信があるなら、アルコールで便秘解消しても良いですが適量は守るようにしましょう。

 

飲み過ぎてしまうというときには、アルコール度数が高いほど便秘につながってしまいます。

アルコールの種類としてはブランデー、スピリッツ、ウイスキー、泡盛、焼酎などの蒸留酒ほど便秘になりやすいのです。

 

もちろん蒸留酒でなくても飲み過ぎは便秘原因になるのでほどほどにしておきましょう。