なんだか軟便が続く。。。これは不安になりますよね。

もしかしたら、原因が怖い病気の可能性もあるからです。

 

今回の記事では、軟便が出る原因と対処法について紹介します。

スポンサードリンク

軟便が起こる原因とは

軟便と一言でいっても原因はたくさんあります。

どんな軟便かによって考えらえるものが違ってくるので、自分に当てはまるものがどれか見て確認してください。

 

  1. 便秘(残便感)と軟便を繰り返す
  2. 便秘が解消されてから軟便が続く
  3. 軟便が続いてから便秘になる
  4. 未消化な軟便が続く
  5. 細い軟便が出る

今回は、この5つの軟便についてみていきましょう。

スポンサードリンク

1.便秘(残便感)と軟便を繰り返す場合

便秘と軟便を繰り返す原因は、過敏性腸症候群の可能性が高いです。

過敏性腸症候群は腸がけいれんするように動くため、便がうまく運べなくなります。

 

過敏性腸症候群になってしまう原因はストレスです。

ストレスによって自律神経が乱れてしまうため、腸が痙攣して軟便と便秘を繰り返す症状が出ます。

 

便秘のときには、硬くコロコロしたウサギのフンのような便になったりします。

硬くて出にくいので残りやすく、排出してもスッキリせず残便感があることも。

 

軟便のときには、腸が便を早く動かし過ぎるため、水分を吸収しきれないため柔らかいまま出てしまいます。

 

対処法としては、ストレスを解消する、ため込まないようにするしかありません。

こちらにストレスのことをまとめているので参考にしてみてください。

なぜストレスで便秘になってしまう?その原因と対策!

 

症状がひどくなってくるようなら、病院を受診しましょう。

2.便秘が解消されてから軟便が続く場合

便秘が解消されたあとに軟便が続くなら腸内環境の悪化が原因です。

 

便秘になっているとどんどん腸内環境が悪化していきます。

その後に便秘が解消されたとしてもすぐには元に戻りません。

 

腸内環境が乱れると、消化、吸収、排出がうまくいかなくなるため、軟便になることがあるのです。

 

対処法としては腸内環境を整えていくのが1番です。

これは乳酸菌をしっかり摂って善玉菌を増やすような食事をしていけば良いのです。

 

ヨーグルト、納豆などの発酵食品を積極的に摂っていきましょう。

もし毎日摂れないときにはサプリメントなどを利用します。

⇒⇒☆1粒に500億個☆ヨーグルトの5倍以上の乳酸菌!

 

また、悪玉菌を増やすような食べ過ぎ、脂っこいもの、肉類や添加物の摂り過ぎも控えるようにしましょう。

3.軟便が続いてから便秘になる場合

軟便の後に便秘がみられたら、水分が不足している可能性があります。

 

軟便になると水分が必要以上に出ていくことになるため、腸の中に水分が足りなくなっていきます。

すると、便がカチコチに硬くなるため便秘を引き起こすのです。

 

もう1つの考えられるのは、やはり腸内環境の悪化です。

軟便になっていると腸内の善玉菌も多く出て行ってしまいます。

また、消化する間も無く、食べた物が移動していくため不消化なものが増えて、悪玉菌を増やしてしまうのです。

 

水分の不足、腸内環境の悪化が便秘になる原因です。

対処法としては水分をしっかり摂る。腸内環境を整えることが大事です。

 

軟便では水分がいつも以上に出てしまうことは忘れずに、こまめに水分補給するのは大事です。

そして、乳酸菌と食物繊維をしっかり摂ってお腹の調子を整えましょう。

4.未消化な軟便が出る原因

アクのような脂分が大量に浮いていたり、食べた物が多くに混ざっているような未消化な軟便は注意

膵炎

みぞおち周りの腹痛、背中が痛い、吐き気、嘔吐、食欲不振や膨満感がある場合は。

もしかしたら、膵炎の可能性があります。

対処法はすぐに病院へ行くことしかありません。

肝臓の異常

未消化軟便で白色の便になっている場合には、肝臓の異常が考えられます。

消化酵素の胆汁が腸の中に移動していないためです。

こちらも病院へすぐにでも行ってください。

過敏性腸症候群

腹痛がよく起こる、ストレスが多い場合には、過敏性腸症候群の可能性があります。

腸がけいれんして消化する前に、通過するため未消化になります。

この場合は軟便というより下痢に近いことがほとんどです。

 

対処法としては、アルコール、カフェインを含む飲料、辛い食べ物や酸っぱい食べ物などの刺激物を避けることです。

そしてストレス対策をしっかりするしかありません。

6.細い軟便が出る原因

細い軟便が出る原因は主に3つあります。

過敏性腸症候群

最初に考えられるのは過敏性腸症候群です。

 

下痢型の過敏性腸症候群になると、肛門の収縮が必要以上に行われているため、キレの悪い細い軟便が続きます。

さらに、便が腸内でうまく進めずに少し進んでは戻るということを繰り返して、腸内でどんどん細くなっていきます。

2つ目の原因はです。

痔になると肛門が炎症を起こします。

 

炎症は肛門を塞いで便が出にくくなり、便が細くなってしまうのです。

市販薬を使ったり、ぬるめのお風呂にゆっくり入って肛門付近をマッサージするなどの対処法を試してみましょう。

⇒⇒便秘になると痔ができる原因!?どう対処すればよいの?

ポリープ

腸内にポリープができていると便の通り道が狭くなって細い便がでます。

良性のポリープなら問題ありませんが、細い便が続き、下痢、軟便、便秘が繰り返される場合、悪性腫瘍が原因かもしれませんので、大腸がんの検査を受けた方がよいでしょう。

まとめ

軟便が出る原因については分かったでしょうか。

 

便秘(残便感)と軟便を繰り返す

⇒過敏性腸症候群

 

便秘が解消されてから軟便が続く

⇒腸内環境の悪化

 

軟便が続いてから便秘になる

⇒水分不足、腸内環境の悪化

 

未消化な軟便が続く

⇒膵炎、肝臓の異常、過敏性腸症候群

 

細い軟便が出る

⇒過敏性腸症候群、痔、腸ポリープ

 

もちろん、これ以外が原因のことはあるので気になるなら病院を受診してください。