腸内洗浄ってちょっと抵抗ありませんか?

でも、便秘を解消したり、デトックス効果もあると言われています。

 

ただ、副作用などデメリットが無いのかも気になりますよね。

今回の記事では、腸内洗浄の効果とデメリットなどを紹介していきます。

スポンサードリンク

腸内洗浄とは

腸内洗浄とは肛門に管を入れて、洗浄液を腸に注入して便を洗い流す治療法です。

セレブやスーパーモデルが行っている美容・健康法として注目を集めるようになりました。

 

洗浄液の温度と圧力をコントロールしながら腸の中をきれいにし、腸壁にこびりついた宿便まで取り除くことができます。

腸の中がきれいになるので、腸内環境の改善が期待できます。

スポンサードリンク

浣腸と腸内洗浄の違い

腸内に液を注入するため、浣腸と腸内洗浄は同じようなものと考えられがちです。

ですが、実はまったく違います。

浣腸

浣腸は化学薬品を直腸に注入します。

薬品によって直腸を刺激して収縮させて排便を促すのが目的です。

 

いっきに出るので腹痛が起こったり、下痢になったりするのが一般的です。

無理やり動かすため、腸本来の働きを衰えさせるリスクもあります。

腸内洗浄

一方、腸内洗浄は洗浄水を使って、腸内を洗って宿便を取るのが目的です。

腸内洗浄の場合は直腸だけでなく、その奥の横結腸まで効果が届きます。

 

腸内洗浄をすると下腹部が張った感じがし、排泄感を催します。

これは腸内の圧力が上がったためです。

化学薬品は使われないので、腸を必要以上に刺激することがなく、腹痛も起こりません。

腸内洗浄の効果

腸内洗浄の効果は、たくさんあります。

宿便もきれいに取れ、腸内環境の改善につながるため便秘解消するのです。


腸内の有害物質を洗浄して出してしまいますから、血液がサラサラになり、動脈硬化や高血圧の予防も期待できます。

 

さらにデトックスで お腹がへこむ痩せるといった効果もあります。

これは腸の働きが活発になると代謝も良くなるため、基礎代謝が高くなって痩せやすい体質になるからです。

 

さらにデトックス効果がリンパ腺の流れも良くなり、その結果むくみの解消、美肌といった美容効果も得られます。

腸内洗浄のデメリット

一方、腸内洗浄のデメリットもあります。

まず、腸内洗浄では腸内の悪玉菌だけでなく、善玉菌も洗い流してしまいます。

腸内洗浄を行った後に善玉菌を増やす食事をしなければ、悪玉菌が増えて、効果が帳消しになってしまうことです。

 

頻繁に腸内洗浄を繰り返すと、腸が自分で働こうとしなくなるデメリットもあります。

こうなると、また便秘へと逆戻りしてしまうので、適度な周期で行うことをおすすめします。

 

腸内洗浄は根本的な便秘解決というわけでは無いことを覚えておくべきです。

腸内洗浄をしたから大丈夫と考えるのではなく、腸内洗浄をした今が生活習慣改善のチャンスと考えて、生活習慣を見直す必要があります。

 

また、病院で腸内洗浄をする場合は、費用がかさむのもデメリットの一つ。

1度に2万円近くの出費となるので、気軽に通うというわけにはいきません。

 

リーズナブルで人に見られずに行える自宅洗浄は手軽ですが、間違った使い方をすると腸を傷つけてしまうリスクがあります。

使われている洗浄剤の安全性をよく確かめ、正しい方法で行いましょう。

腸内洗浄はどこで出来るの?

腸内洗浄は病院で行います。

治療として行われる名称は腸内洗浄のほか、コロン・ハイドロセラピーという呼び方を採用している病院もあります。

病院の腸内洗浄は洗浄とお腹のマッサージが行われます。

 

主に胃腸科や消化器科、肛門科、産婦人科、美容外科などで行われていますが、すべての病院が腸内洗浄の設備を整えているわけではありません。

事前に腸内洗浄を行っているかどうかを調べてから、受診することをおすすめします。

 

治療時間は病院によって異なりますが、約1時間です。

宿便をすべて取り除くためには、初期4週間は週に1度通い、その後は月に1回から2回程度通うのが良いとされています。

 

ただ、個人差が大きく、腸内洗浄と合わせて生活習慣の改善も行うと、その効果はさらに上がります。

いくら腸内洗浄を行っても、生活習慣を改めなければ、便秘の解消にはつながりにくいともいえるのです。

腸内洗浄の費用は?

腸内洗浄は病院で行いますが、残念ながら保険適応外の治療となります。

このため全額負担しなければいけません。

 

費用は病院によって異なります。

腸内洗浄を行っている病院のホームページで費用を確認してみると、

 

〇福岡の田中宏明・内科胃腸科クリニックでは初診料が3,240円、腸内洗浄が1回1万,260円です。

 

〇東京・有楽町にある有楽町美容外科クリニックでは、1回につき1万5,552円ですが、3回セットで予約すると4万1,688円。

5回セットなら5万9,076円、10回セットでは9万4,608円となっています。

 

〇金沢市のナガサト太陽クリニックは、1回1万6,200円です。

 

〇福岡県直方市の武田医院では、1回6,500円(税別)となっています。

 

〇東京・港区のクリニック真健庵では1回1万8,000円(税別)ですが、3回セットの予約券を購入すると4万8,600円(税別)となります。

また、腸内洗浄に腸内環境改善特別サプリメントの処方が付いたコースも2万2,000円(税別)で用意されています。

 

このように病院によって料金体系が異なりますが、平均すると1回1万7,000円前後と考えておくと、よいのではないでしょうか。

腸内洗浄を自宅で行う方法

腸内洗浄は医療行為とされているので、病院でしか受けられませんが、自宅で手軽にできるキットも販売されています。

 

ただ、このような自宅で行う腸内洗浄は、医療行為ではありません。

民間療法として行うことになりますから、リスクもあるのでおすすめはしません。

自宅で腸内洗浄をする場合は、リスクがあることを理解したうえで、自己責任で行いましょう。

 

自宅でできる腸内洗浄キット・スリムエネマは、必要なものがキットになって7,700円(税別)で販売されています。

⇒⇒腸内洗浄(浣腸)器具スリムエネマ販売サイトはこちら

 

  • スリムエネマは自宅のトイレで行います。
  • ぬるま湯を注いだ洗浄液をトイレの高いところに吊るします。
  • チューブを肛門に入れて、洗浄液を注入し、その後は部屋で仰向けに寝て、お腹を優しくマッサージします。
  • 数分後にトイレに行き、洗浄液と腸のなかのものをいっしょに出せばスッキリと完了です。

まとめ

腸内洗浄は便秘解消に1時的にはかなり効果があります。

浣腸や下剤とは違って刺激が弱いもので、方法さえ間違えなければ安全です。

 

ただし、腸内洗浄に頼ってしまうのは危険です。

これをしなければスッキリできないという状態に逆に悪化する可能性もあるからです。

 

おすすめの腸内洗浄の利用法は、腸内洗浄して腸内をリセットしたときに、お腹に良いものを入れていく方法です。

食物繊維や乳酸菌は腸に便がつまった状態だと効果が低いです。

 

腸内洗浄でスッキリさせてから、しっかり詰め込んでいくのは効果が高くなります。

 

腸内洗浄⇒食物繊維、乳酸菌⇒腸内洗浄⇒食物繊維、乳酸菌

これを繰り返していき、腸内洗浄の頻度を少しずつ落としていくと便秘にならない体質を手に入れることが出来るでしょう。