旅行が大好きなのに、旅行に行くと便秘になるという方は多いです。

せっかくの楽しい旅行が便秘のせいで楽しめなかったとなれば、本当に残念なことです。

 

そんなあなたのために、今回の記事は旅行中に便秘になる理由、解消方法を紹介していきます。

スポンサードリンク

なぜ旅行すると便秘になる?

旅行が大好きなのに、旅行に行くと便秘になるという方は多いです。

これには主に5つの理由があります。

①ストレス

旅行に行くと普段とは違う環境に身をさらすことになるので、体も頭も緊張しています。

 

日常とは異なることをすると、交感神経が優位になって気持ちが高ぶったり興奮したりします。

交感神経が優位になると内臓の働きが抑制されるので、排便が促されにくくなるのです。

 

また、旅行は疲労が溜まります。

この疲労もストレスになるので、腸の動きが悪くなってしまいます。

②食生活の変化

旅行先に行くと今までとは違った食事をすることになります。

 

旅行中はほとんどが外食になるでしょう。

すると普段よりも脂っこいもの、野菜が少なかったりするため胃腸に負担をかけます。。

③睡眠不足

人間は睡眠中に副交感神経が優位になって大腸内の便を移動させ、排便を促します。

睡眠中に便が作られているのです。

 

旅行中は寝る時間が遅くなったり、食事の時間が遅くなったりと睡眠のリズムが変化してしまいます。

すると副交感神経の働きが鈍って腸の運動が低下して便秘になってしまうのです。

④水分不足

水分が足りないと胃腸の動きが低下したり、便が硬くなりやすいです。

 

旅行中は観光などに夢中になって水分を補給するのを忘れがちになります。

さらに歩き回るため、いつも以上に体の水分は失われています。

⑤トイレのタイミングを逃す

特にツアーの観光であればトイレに行く時間が決められています。

さらに友人、恋人と一緒でもトイレをついつい我慢していまうことも。

 

トイレに行きたいと思ったときに、行かないと排便したいというのが治まってしまうのです。

気づくと長時間、排便していないという状態を起こします。

旅行先で便秘を解消するには

便秘を解消する方法もいくつかあるので旅行中に実践してみるようにしましょう。

1.水分補給

旅行中こそ水分をしっかり摂りましょう。

緑茶、紅茶やコーヒーなどのカフェイン入りのものはダメです。

 

ミネラルウォーター、麦茶をこまめに1リットル以上飲むのが理想です。

水分を摂ることで便が柔らかくなって排便しやすくなります。

2.なるべく野菜を摂る

旅行中は何かと肉や揚げ物を食べたくなります。

 

しかし、当たり前かもしれませんが、できるだけ野菜も摂るようにしましょう。

食べれないときには野菜ジュースでも良いので、食物繊維を摂るべきです。

3.腸マッサージ

気づいたときに腸マッサージをすると便意を起こすことができます。

 

時計回りにさすります

 

腸マッサージはお腹を「の」の字にさすってあげるというものです。

腸の蠕動運動を促進するのに役立ちます。

4.トイレを我慢しない

トイレを我慢しないというの排便のために大事なことです。

 

我慢をしていまうと、体が排便しにくい状態になってしまいます。

旅行中に排便を我慢するのに慣れてしまうと旅行後まで便秘が続いてしまうことがあるので注意しましょう。

 

トイレは我慢せず、行きたいと思ったときにすぐにがベストです。

朝食後にトイレにこもる時間を作るのもおすすめです。

5.早めに寝る

十分な睡眠は便秘解消にとても重要です。

旅行先ではもったいないという気持ちはあるかもしれまえん。

 

でも、便秘のためには良いことではありません。

腸マッサージしてから早めに寝ると、翌朝排便することができるでしょう。

6.湯船につかる

旅行先にバスタブがあれば、ぬるめの湯船につかるというのも便秘解消に役立ちます。

 

15分以上つかると、腸が温められるのと副交感神経が優位になるので腸の動きが活発になります。

7.部屋で出来る簡単な運動

部屋で運動するというのも腸を活発に働かせる方法です。

といっても激しい運動は必要なく、軽い運動です。

 

足を肩幅くらいに開いて立ち、腰を左右にねじるというのも効果的な運動です。

たったこれだけで腸が刺激されて蠕動運動が活発になります。

 

さらにうつぶせに寝るだけで腸は刺激されます。

うつぶせに寝て左右にごろごろと転がると腸が刺激されて排便がしやすくなります。

旅行中の下剤はおすすめしない

普段からよく使っていて、下剤の量や飲んでからの排便のタイミングが分かっているなら利用しても良いと思います。

 

そうでないなら、旅行中の下剤がおすすめ出来ない理由があります。

排便のタイミングは人それぞれ

下剤を飲んでから排便するまでのタイミングは人によって違います。

数時間後にきたり、半日後にきたり、1日後にくるということも。

 

ちょうど観光中に激しい腹痛に襲われて、動けなくなるのは避けたいところです。

けいれん性便秘の可能性がある

旅行中のストレスで起こる便秘は『けいれん性便秘』の可能性が高いです。

腸が必要以上に動いて、便が進まない種類の便秘です。

 

これに下剤を投入すると腸がさらに動くため、腹痛が起こり、便秘を悪化させる可能性があります。

腹痛が長引くことがある

下剤は人によっては、長時間の腹痛を起こします。

せっかくの楽しい旅行が腹痛のために台無しになってしまうということがないように、下剤は最後の手段として取っておきましょう。

便秘のためのサプリメントを用意しておく

下剤を使わない方法では、食事や運動に加えて便秘のためのサプリメントを用意するというのが賢い選択です。

サプリメントであれば強制的に排便させるということもありません。

 

さらに旅行先にも持っていきやすいサイズなら、いつでも利用できます。

乳酸菌サプリ

人気があるのが乳酸菌サプリです。

乳酸菌は腸内環境を改善してくれます。

 

たとえば「乳酸菌革命」というサプリがあります。

一粒のサプリメントに500億個の乳酸菌を16種類も含んでおり、ヨーグルトを食べるよりも多くの乳酸菌を摂ることができます。

 

普段から飲むのもおすすめです。

詳細は⇒⇒☆1粒に500億個☆ヨーグルトの5倍以上の乳酸菌!

青汁

青汁も旅行中の野菜不足を解消させるためにおすすめです。

栄養と食物繊維の両方が摂れます。

 

旅行先で水で溶かして飲めそうなら、こちらの青汁が最も食物繊維が多いです。

⇒⇒大正製薬のトクホ!大麦若葉青汁

 

水で溶かしたりできそうにない場合は、食べる青汁もあるのでおすすめです。

⇒⇒【黒糖抹茶青汁寒天ジュレ】

まとめ

旅行中に便秘を起こしてしまう理由は分かったでしょうか。

  1. ストレス
  2. 食生活の変化
  3. 睡眠不足
  4. 水分不足
  5. トイレのタイミング

この5つの理由で便秘が起こることが多いです。

 

できれば下剤に頼らずに、旅行中でもできることで解消してみましょう。

とくに水分補給、食物繊維、腸マッサージは効果が高いです。

 

それでもダメなことが多い人は、あらかじめサプリメントを用意しておくようにしましょう。