急に襲われる腹痛って怖い病気かもと思ってしまいますよね。

もちろん1時的なもので大したことがないものは多いですが、放っておけない危険なものもあります。

 

今回の記事では急な腹痛の原因とその対処法について紹介していきます。

スポンサードリンク

急に襲われる腹痛の原因と対処法

急にくる腹痛が起こる原因にはいくつかありますが、中でもよく起こるものを紹介します。

もし、原因が分かれば対処法もあるので試してみてください。

スポンサードリンク

①食中毒が原因

急な腹痛の原因として、まず思い当たる原因が食中毒です。

 

食中毒は、その名前の通り食べ物の毒素にあたることです。

サルモネラ菌や大腸菌などの細菌やウイルス、フグや毒キノコの持つ毒などが体内に入り込み、下痢、嘔吐などの症状がでます。

 

原因となる食べ物を食べてから、半日~2日くらいで症状が出てきます。

 

細菌やウイルスが原因で引き起こされる食中毒は、体が菌やウイルスを除去しようとするため、高熱や腹痛を伴うケースが多いでしょう。

 

免疫力や体力が低下していると重篤な状態に進行することも。

食中毒の対処法

食中毒は体内から菌やウイルスが出てしまうまで症状が続きます。

そのため、下痢止めを飲むとかえって症状が悪化したり、長引きます。

 

自分の判断で薬を飲む場合には、ビオフェルミンなどの整腸剤にします。

(下痢止め成分が入っているものは避ける)

 

そして、脱水症状にならないように水分をこまめに補給します。

食事が摂れそうなら、お腹に優しい消化に良い物を食べましょう。

 

すぐに嘔吐してしまって、水分がまったく取れないなら病院で点滴して水分補給する必要があります。

下痢や嘔吐が激しく、呼吸困難、意識障害などの症状が出た時にはすぐに診察を受けましょう。

②急性胃炎が原因

急性胃炎が原因で急な腹痛が起こる場合もあります。

急性胃炎は下痢、嘔吐、腹痛の他、発熱、倦怠感など風邪のような症状が出ることが多いです。

 

急性胃炎が引き起こされる原因のほとんどは細菌やウイルスです。

ノロウイルスなどウイルス性の胃腸炎に感染すると、発熱、嘔吐、痛みを伴う下痢などの症状がみられます。

 

急性胃炎のもう一つの原因はストレスです。

強いストレスを感じると、自律神経が胃腸の働きを活発にするため、胃酸過多になり胃腸の粘膜が荒れて胃腸炎を引き起こします。

食後や空腹時に腹痛がひどくなるなら、こちらの可能性が高いでしょう。

急性胃炎の対処法

急性胃炎の対処法は、半日~1日くらいはできるだけ絶食することです

もちろん、水分をこまめにとり脱水症状を防ぐのは必要です。

 

絶食してから何かを食べる時には、お腹に優しい消化に良い物から少量ずつ食べ始めてください。

 

軽度の場合は3~4日で症状が治まりますが、症状が進行すると腹膜炎を引き起こすこともあります。

1週間以上症状が続く場合、腹痛で我慢できないときは病院を受診しましょう。

 

ストレス性の胃炎の場合には、とにかくストレスを解消していく必要があります。

こちらにいくつか対策をまとめているので参考にしてみてください。

⇒⇒なぜストレスで便秘になってしまう?その原因と対策!

③虫垂炎(盲腸)が原因

腹痛の場所が、お腹の中心からへその右下に移動していったら虫垂炎の可能性があります。

(移動せずに、最初からおへその右下あたりが痛むこともあります。)

 

虫垂炎の原因はまだはっきりとはよく分かっていませんが、虫垂で細菌が繁殖することで起こります。

 

虫垂炎の初期症状は

  • みぞおちの痛み
  • 嘔吐
  • 吐き気
  • 食欲不振

などです。進行していくと、発熱、お腹を抑えると痛いなどを伴います。

虫垂炎の対処法

最悪の場合は、命にかかわる病気なので、軽く見ずにすぐに医療機関を受診してください。

手術で炎症を起こしている虫垂を切除するか、症状が軽度であれば抗生物質を投与して炎症を抑えていく方法もあります。

④胃痙攣が原因

突然激しい腹痛に襲われたら、それは胃痙攣かもしれません。

胃痙攣とは、ストレス、便秘、冷え、カフェインを含む飲料や香辛料などの摂取、薬剤アレルギーなどが原因で、胃が痙攣を起こすことです。

 

みぞおちのあたりに激しい腹痛を感じ、嘔吐、吐き気、下痢、食欲不振などの症状がみられます。

痛みは数分で治まることもありますが、長い時間続くこともあります。

 

会議中、通勤中などで起こる腹痛の多くはストレスからくる胃痙攣もしくは下に書いてある過敏性腸症候群の可能性が高いでしょう。

胃痙攣の対処法

胃痙攣が起こった時には、安静にして休むのが最善の対処法です。

 

温かい飲み物などを胃に入れると症状が楽になる場合もあります。

カモミールティーなどのハーブティー、ノンカフェインの麦茶やルイボスティー、白湯などを飲んでみましょう。

ホッカイロや腹巻でお腹を温めるのも効果的です。

 

胃痙攣の痛みには、市販の鎮痛薬は効きません。

副交感神経の働きをシャットアウトして痛みを止める専用の薬を服用する必要があります。

 

ただし、胃・十二指腸潰瘍、胃がんなどが原因で胃痙攣を引き起こすこともあるので注意が必要です。

症状が長く続いたり、頻繁に激しい痛みを感じる場合は消化器内科で検査を受けましょう。

⑤過敏性腸症候群が原因

  • 下腹部の痛みが頻繁に起こる
  • 下痢を繰り返す
  • 便秘が長引く
  • 下痢と便秘を繰り返す

こういった症状は、過敏性腸症候群が原因で引き起こされているかもしれません。

 

過敏性腸症候群はストレスによって、腸が痙攣することで起こります。

感情を表現するのが苦手な人、ストレスを発散するのが苦手な人に多く見られる症状です。

 

その他にも、やる気が出ない、起きれないなど精神的な症状が出ることもあります。

過敏性腸症候群の対処法

下痢、便秘の症状がみられる場合は、整腸剤を服用して腸内環境を整えることは大事です。

鎮痛作用、痙攣を抑える作用のある薬を服用するのも一時的な効果はありますが、根本的な解決ではありません。

 

アルコール、喫煙、カフェイン、香辛料、脂っこいものなどは症状を悪化させるのでできるだけ控えます。

 

ストレスをためないように、生活習慣や食習慣を改善したり、ストレスを上手に発散できる方法をみつけることも大切です。

⇒⇒なぜストレスで便秘になってしまう?その原因と対策!

 

日常生活に支障が出るほど症状が強い場合は、抗うつ薬を用いて治療することもあります。

⑥冷えが原因

腹痛の原因が冷えからくることも多いです。

これは急激な温度低下から自分の体を守ろうとする防御反応によって腹痛が起こるのです。

 

冷房で冷えたり、室内と外との温度差が激しいと、腸の働きを活発にして体温を発生させようとします。

それが激しい腸の動きによって急な腹痛が起こってしまうのです。

 

また、冷たい飲み物や食べ物で胃が冷えると、胃腸の機能が低下します。

すると早くお腹の中をスッキリさせて回復させようとして、腸を激しく動かすため腹痛が起こります。

 

冷えからくる腹痛は1時的なもので下痢をしてしまえば、治ることがほとんどです。

冷えの対処法

冷えからくる腹痛の対処法は、カイロや腹巻で腹部を温めることです。

特に、夏は冷房で体を冷やさないように下半身を温めるように気をつけましょう。

 

お腹だけでなく、手首、足首、首回りを冷やさないことも大切です。

スカーフ、ショール、ひざ掛けなどを夏場でも携帯するとよいでしょう。

 

ぬるめのお湯で長時間入浴して内臓までしっかり温めるのも効果的です。

夏でもシャワーですませずに20分程度は湯船につかるようにしましょう。

 

ちょっとした冷えで腹痛がよく起こるのであれば、腸内環境が悪化している可能性もあります。

食物繊維や乳酸菌などをしっかり摂って腸内環境を整えるようにしていきましょう。

まとめ

急に襲われる腹痛の原因は分かったでしょうか。

①食中毒

②急性胃炎

③虫垂炎

④胃痙攣

⑤過敏性腸症候群

⑥冷え

これらが良く起こる原因なので、自分に当てはまるか確認してみましょう。

 

ただし、その他にも怖い病気が隠れていることがあります。

 

  • 頻繁に激しい腹痛が起こる
  • 3時間以上も腹痛が続く
  • 我慢できない腹痛
  • 熱が出る

こういった症状があるときには、なるべく早く病院へ行くようにしてください。