妊婦のときの便秘薬って少し怖いですよね。

もちろん適当に選ぶのだけは危険なのでやめておきましょう。

 

今回の記事では、妊婦が使える病院の処方薬、市販されている便秘薬について紹介します。

スポンサードリンク

妊婦は便秘になりやすい

妊婦になると便秘になりやすい理由がいくつかあります。

 

  • 黄体ホルモンによる腸の動きの低下。
  • つわりによる食欲低下。
  • 子宮による腸の圧迫。

妊婦さんが起こす便秘は食生活だけでない部分が大きいのです。

そんなときには、便秘薬に頼りたいと思っても、飲んでも大丈夫なのか心配になりますよね。

スポンサードリンク

妊婦が飲んでも良い、飲んではいけない便秘薬の違い

便秘中は便秘薬に頼るという女性は少なくありません。

デリケートな妊娠中の薬の服用には気をつけないといけません。

 

妊婦が飲んでいけない便秘薬は子宮に影響をあたえるものです。

便秘薬には、腸を刺激して活発にしるだけでなく、子宮を収縮させる作用をもつものがあります。

これによって、流産や早産などを引き起こすことがあるためです。

 

妊娠中に飲んでも良いとされているのは、こういった刺激する成分がないものです。

たとえば、便を柔らかくする薬は良く使われています。

妊婦が飲んでも良い便秘薬

①便を柔らかくする便秘薬

便を柔らかくする薬は、酸化マグネシウムもしくは水酸化マグネシウムが成分です。

どちらも腸の中に水分を集めてくる効果があります。

 

病院の処方薬にはマグミット、マグラックスなどがあります。

 

市販薬には

  • 酸化マグネシウムE便秘薬
  • 3Aマグネシア
  • スラーリア
  • ミルマグ

などがあります。

効果はどれも同じですが、やはり妊娠中の服用は、かかりつけの医師に相談してからにしましょう。

②腸を刺激する便秘薬

病院で処方される薬にラキソロベンがあります。

ラキソベロンの成分はピコスルファートで、大腸を刺激して腸のぜん動運動を活発にします

 

腸の働きが低下している妊娠中に服用できる薬です。

ラキソベロンは胃や腸で吸収されないため、胎児へ影響がほとんど無いと考えられています。

ただし、飲み過ぎると腹痛や下痢を起こすので、症状に合わせて量を調節しないといけません。

 

同じ成分の市販薬には、ピコラックス、コーラックソフトなどがあります。

効果や成分は同じですが、自己判断で飲んでよい薬ではないので注意。

③腸を刺激する坐薬

新レシカルボンという肛門から入れるタイプの便秘薬があります。

炭酸ガス(二酸化炭素)が腸に刺激を与えることによって排便を促し、自然な形で排便できます。

すぐに効果を出したい人に向いています。

 

市販薬にも、新レシカルボン坐薬という名前で販売されています。

こちらも刺激する薬なので自己判断せずに医師に相談して使いましょう。

④浣腸

浣腸はしてから10分程度で出すことができる即効性が特徴です。

ただし、妊娠中の浣腸に対しては、産婦人科医の間でも意見が分かれ、「問題ない」という医師もいれば「早産などのリスクがある」という医師もいます。

⑤漢方薬

桂枝加芍薬湯(ケイシカシャクヤクトウ)は妊婦にも使えます。

腸の緊張や過剰なぜん動運動を抑え、正常な排便を促します。

筋肉が過剰に緊張するのを防いで腹痛を和らげたり、身体を温める効果もあります。

 

大建中湯または小建中湯も妊娠中に服用できる漢方です。

 

どちらも市販されていますが、漢方薬には似たような名前が多く、成分がたくさん入っているので自己判断しないようにしましょう。

妊婦が使ってはダメなアントラキノン系

大腸刺激性便秘薬のアントラキノン系は、妊娠中に使用してはいけない薬です。

大腸に刺激を与えることで排便を促しますが、子宮も刺激を受けて早産や流産などを引き起こすことがあるからです。

 

  • 大黄(ダイオウ)
  • センナ
  • センノシド

これらが成分のものがアントラキノン系です。

大黄(ダイオウ)

大黄は漢方薬に多く含まれています。

  • 大黄甘草湯
  • 大黄牡丹皮湯
  • 大黄附子録湯
  • 三黄瀉心湯
  • 小承気湯
  • 大承気湯
  • 桃核承気湯
  • 応鐘散など

センナ

センナはハーブの一種ですがアントラキノン系で妊婦にはダメ。

商品名は

  • アジャストA
  • アローゼン
  • コーラックハーブなど

センノシド

センノシドはセンナから抽出された成分と同じです。

商品名は

  • プルゼニド
  • センノサイド
  • スルーラック
  • 新ウィズワンなど

 

その他にもアントラキノン系にはカスカラサグラダ、アロエがあります。

こちらが成分になっているものも妊婦は飲まないようにしましょう。

 

これらのアントラキノン系の便秘薬は、大腸メラノーシス(大腸黒皮症)を起こす可能性があります。

大腸の機能低下を招くので、産後に使用する場合も注意が必要です。

⇒⇒大腸が真っ黒に!?大腸メラノーシスの原因と治療法は?

妊娠中は便秘茶も気をつけて

妊娠中は便秘薬が飲めないから、便秘茶に頼るというのも危険。

お茶だから安全とは限りません。

アントラキノン系の便秘茶

ものすごい効くという便秘茶の成分を見てください。

センナや大黄、アロエが入っているものが多いです。

これらはアントラキノン系の便秘薬を飲んでいるのと同じで、妊婦にとっては禁忌です。

カフェイン入りの便秘茶

カフェインも腸を刺激してくれるので便秘には良いです。

ただし、胎児への影響もあるので1日のカフェイン量は守るようにしましょう。

(1日にカフェイン100mgを超えると流産率が高くなるというデータがあります。)

 

れくらいカフェインが含まれているのか分からない便秘茶は避けるようにしてください。

 

妊婦が飲める便秘茶についてはこちら

⇒⇒便秘解消に効くお茶はどれ?種類が多いけど妊婦でも安全なのは?

薬に頼らず妊婦の便秘を解消する

妊娠中の便秘やなかなか解消するのは難しいですが、試したいことはたくさんあります。

 

  • 食物繊維
  • オリゴ糖
  • 乳酸菌
  • 飲み物
  • お風呂
  • 睡眠
  • 姿勢
  • ツボ押し

など詳しくはこちらの記事を参考にしてみてください。

⇒⇒妊娠中の初期~後期で起こる便秘の原因と予防策とは!

 

できれば薬に頼らないようにしたいものです。

また、薬を使いつつできることをやっていきましょう。

まとめ

妊娠中に飲める便秘薬について分かったでしょうか。

もし飲むとしても、市販薬を自己判断で飲むのはやめておきましょう。

 

デリケートな時期なので、医師に相談すれば適切な薬を処方してもらえます。