• 口臭に悩んでいませんか?
  • 自分が口臭がきつくないか気になりませんか?
  • 口が臭くなる原因を知りたいと思いませんか?
  • 口臭があって、便秘もありませんか?

 

そんなあなたのために、今回の記事では口臭の原因と対処法について紹介していきます。

スポンサードリンク

口臭ってなぜ自分では分からない?

強烈な口臭を発しているのに、「えっ?気付いていないのなら教えてあげた方がいいのかなぁ」なんて気にもなりますよね。

こんなことはよくあることで、口臭は自分では分かりません。

 

口臭はなぜ自分では分からないのは、ずっと同じ匂いを嗅いでいるとその匂いを鼻が認識しなくなるのです。

 

もちろん口臭を確認するのは嗅覚です。

その臭覚には「ニオイの順応反応」と呼ばれる働きがあり、同じ匂いを嗅ぎ続けることによって、嗅細胞が疲れてしまい、その匂いに対しての反応が鈍ってしまうのです。

 

芳香剤でも嗅いだ瞬間には「いい匂いだな〜」と思いますが、その空間にずっといれば何も感じなくなりますよね。

人は状況や環境に慣れる生き物だと言われますが、嗅覚は慣れに対して感じなくなるのが強いのです。

 

ということは。

あなたは他人の口臭が気になる経験をしたように、あなたの口臭に悩まされている人がいるかもしれない、ということです。

口臭がきついけど、あなたの周囲の人もわざわざ伝えていないだけかもしれません。

スポンサードリンク

口臭をチェックする方法

自分では自分の口臭が分からないのなら、「はて、どうしよう」と思ったあなた。

誰かに「私の口って臭い?」と聞くのも何とも言えない気持ちになってしまいますよね。

そこで口臭をチェックする方法をいくつか紹介します。

口臭チェッカー

手っ取り早く簡単なのは、市販されている口臭チェッカーを使用する方法です。

口臭チェッカーは、口臭の強さや弱さをサッと確認できるもので、普段から活用していると、口臭が今は強い弱いというのが分かったりします。

唾液が乾かして

自分の吐いた息から口臭は自分では分かりませんが、手などの肌に唾液を垂らして、唾液を乾かした後に嗅ぐ方法です。

これで口臭とそう変わらない匂いを感じることができるのです。

袋に息を吹き込んで

ビニール袋に息を吹き込んで膨らませます。

何度か深呼吸してから、袋の中を嗅いでみましょう。

 

これで臭いと感じたら、けっこう口臭がきついです。

糸ようじを使う

歯と歯の間を掃除することができる糸ようじを使います。

そして、使って汚れた糸ようじを嗅いでみましょう。

 

歯にくっついた汚れは口臭の原因になっているので、臭いならやばいです。

人に聞いてみる

それでも、匂いが分からないけど心配!という方は信頼している人へ勇気を出して訊ねてみましょう。

尋ねる瞬間だけが恥ずかしいだけです。

 

信頼できる友人や家族に「大丈夫だよ」と言ってもえると安心でき、「うん、ちょっと・・・」と言われたらそこから対策をしていけば良いのです。

 

それでは、口臭の原因を確認していきましょう!!

口臭が出てしまう5つの原因と対策

①唾液の量が減っている

口臭の原因として一番に挙げられるのは、唾液の分泌量が減り口の中が乾いてしまっていることです。

緊張してしまうと口の中がカラカラになってしまうことを経験したことはありませんか?

 

唾液の分泌は口臭の原因となる細菌を洗い流したり、増殖を抑制する働きがあります。

 

唾液の量が減ってしまうと口臭の原因である細菌を増加させてしまうのです

唾液の量が減ってしまうのはストレスと口呼吸が影響していることが多いです。

ストレスの対処法

ストレスが溜まっていると、唾液の分泌を調整している自律神経の乱れが起こってしまいます。

すると唾液の分泌量がかなり減ってしまうのです。

 

これはストレスを解消するしかありませんが、いくつかこちらの記事で紹介しています↓↓

なぜストレスで便秘になってしまう?その原因と対策!

口呼吸の対処法

口呼吸ばっかりだと唾液が口の中で乾きやすくなってしまいます。

口呼吸を止めるためには、鼻から吸って口から吐くように訓練する必要があります。

 

口を閉じておくための筋力が低下していることが多いので、『あいうべ体操』をしてみましょう。

  1. 「あー」という声を出しながら口を大きく開けます
  2. 「いー」という声を出しながら口を横に開きます
  3. 「うー」という声を出しながらタコの口のようにすぼめます
  4. 「べー」という声を出しながら、あっかんべ~と舌をなるべく出します

これだけで、筋肉が鍛えられて口呼吸しやすくなります。

 

もう1つの対処法は寝るときに口呼吸テープを使ってみましょう。

これは口が開かないようにするための、原始的なものなのですが効果的です。

 

最後に唾液の量を増やす方法としては、よく噛むことです。

噛むことで唾液の分泌が促進されるので、食事中だけでなくガムを噛んで唾液の量を増やしてあげましょう。

②口の中に汚れが多い

口臭の原因となるのは全て細菌によるもので、増殖させてしまうと口臭が一段と酷くなってしまうのです。

細菌を増殖させてしまう原因の一つは口の中の汚れです。

 

口の中の汚れ、食べかすを細菌がエサにすることで繁殖しています。

口の中の汚れ対処法

対処法としては、しっかりとケアをするということしかありません。

毎日歯磨きしているよ!という方でも、磨き方が間違っていたり磨き残しがあっては元も子もありません。

 

まずは歯医者で歯にこびりついてしまった歯垢を除去してもらいましょう。

予約の電話で「歯垢除去お願いします」と伝えれば分かります。

 

次に毎日の歯の手入れです。

1回の歯磨きの時間がどれくら必要なのかと歯医者さんに質問したときに、1番多かった答えが15分程度です。

 

これくらいしないと、きちんと歯の汚れは落とせないのです。

歯磨きとフロスを使って歯の間、歯垢ポケットの汚れも毎食後に落とすようにしましょう。

参照:正しい歯の磨き方 クリニカ

③免疫力の低下

なんだか体が怠いなあという時に自分の口臭にハッとさせられた経験はありませんか?

体調を崩している時に口臭が強くなるのは、免疫力が低下していることが原因なのです。

 

免疫力が低下しているということは、身体が細菌と戦くチカラが低下しているということです。

口臭の原因となっている細菌をやっつけることが出来ずに増えてしまうのです。

免疫力の低下の対処法

対処法としては、免疫力を上げることですが、今体調が悪い状態では無理をする必要はありません。

まずは体調を先に整えてください。

 

そして普段の生活で免疫力をアップさせておくことで、口の中の細菌が増えすぎてしまうのを防ぐことができます。

おすすめの免疫力アップする方法は腸内環境を整えることです。

 

身体の70%も免疫を担当しているのが、腸なのです。

腸内細菌の善玉菌を増やして、悪玉菌を減らすことで免疫力がアップして、口臭予防にもつながります。

 

食物繊維をしっかり摂って、乳酸菌が入った食べ物を積極的に摂るように心がけましょう。

④胃が悪い

口臭を指摘されたり、口臭がある=胃が悪いと思われるくらいに口臭にとってポピュラーな原因です。

胃が荒れている、なんて表現をされますが胃が悪いというのも色々な状態があります。

 

胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍、逆流性食道炎、胃がんなど。

これらが口臭に結び付く為には2種類の方法があります。

 

口と胃は食道によって繋がっていますよね。

胃の調子が悪いと、食べものが十分に消化されずに胃腸の中で腐敗してしまいます。

 

この際に発生するアンモニアなどの私たちにとっては悪臭である匂いが血液によって肺に運ばれ、そのまま吐く息として出てくるのです。

胃が悪い対処法

胃が悪い時の口臭の対処法は、まずは医療機関を受診することをおすすめします

胃カメラで胃の状態を見てもらうことで、異常がないかを確認出来ます。

 

胃に異常が見られないなら、胃腸に優しい食べ物を中心に食事してみましょう。

 

また、ストレスからくる胃の機能低下の可能性もあります。

ストレスによるものであると自覚があるのならば、ストレス軽減に努めましょう。

 

胃の状態が悪い時に起こる口臭に対してはこちらの記事が参考になると思います↓↓

胃腸が弱い原因!旦那の胃腸を強くするためにしたこと!

⑤便秘

口臭の原因の一つとして便秘が挙げられることは知っているでしょうか。

便秘である状態は体の中に古い便から新しい便までが溜まっている状態ですね。

 

その溜まってしまった便によって血液の中に匂いと有害物質を溶け込ませます。

 

そしてその血液に含まれてしまった匂いと便による有害物質は全身を巡り、最終的には吐く息として体外に排出されます。

唾液ではなく、直接の呼気から匂うことで周囲の人は「息が便やおならのようだ」と感じるようです。

 

また、便秘の状態では腸内環境が悪化しており、免疫力が低下してしまうことも口臭の原因になっています。

便秘の対処法

便秘によって口臭が強くなっているなら、便秘解消するしかありません。

もし、あなたが便秘になっているなら参考に↓↓

私はこうやって便秘を解消した!!

まとめ

①唾液の量

②口の中の汚れ

③免疫力

④胃の調子

⑤便秘

この5つが口臭を引き起こす大きな原因となっています。

これを対処していくことで、口臭は改善されていきます。