便秘薬のなかには、座薬タイプのものがあります。

 

  • 座薬は子供や妊婦も使える?
  • 座薬の成分や効果は?
  • 座薬を使うメリットは?
  • 市販薬と処方薬はどんなものがある?
  • 座薬の使い方は?
  • 座薬と浣腸の違いは?

ちょっと気になることがたくさんあります。

今回の記事では座薬タイプの便秘薬について紹介していきます。

スポンサードリンク

便秘に座薬を使うメリット

メリットとしてはやはり即効性に優れている点が一番でしょう。

大腸に直接挿入することでダイレクトに薬剤が届くためです。

 

胃や小腸を通過しない分、吐き気や嘔吐、口の渇きといった飲み薬タイプに見られる副作用のリスクが少なくなる点も大きな魅力です。

また、飲み薬が飲むのが苦手な人、高齢者の方、お腹が苦しくて飲めない人には飲まないで良いというのもメリットです。

 

座薬を入れるのはちょっと…という方も多いかもしれませんが、慣れると難しいことでもありません。

スポンサードリンク

どんな便秘に座薬は良いの?

便秘にも種類がありますが、どれにでも座薬タイプの便秘薬が効く!というわけではありません。

 

座薬には2種類あります。

  • 1つは炭酸ガスを出して刺激する
  • 2つはビサコジルが腸を刺激する

 

炭酸ガスタイプは直腸性便秘に効果が高いです。

直腸性は肛門近くまで便がきても、便意が起こらないものです。

 

ビサコジルのタイプは弛緩性便秘に効果が高いです。

弛緩性は腸の動きが低下することで、便があまり動かないものです。

 

また、腸が過敏でけいれんする、けいれん性便秘には座薬の便秘薬は使わないほうが良いです。

 

自分がどの種類の便秘なのか分からないときには、こちらを参考にしてみてください。

⇒⇒便秘かどうかわからない?自分の便秘原因をチェックしよう!

市販されている便秘の座薬

市販されている座薬タイプにはいくつか種類があります。

炭酸ガスタイプとビサコジルのものに分けて紹介します。

炭酸ガスタイプ

①ウィズワン座薬

まずウィズワン座薬。

炭酸水素ナトリウムと無水リン酸二水素ナトリウムの2つの成分を配合しています。

肛門から挿れると、炭酸ガスが出ることで直腸を刺激する効果で排便させるものです。

 

12歳以上から使用することができ、1個で効果が出ないときには、もう1個挿入します。

挿入してから10~30分程度で効果が出ます。

 

効果は座薬タイプの中でも優しく、高齢者や妊婦にも使うことができます。(妊婦、授乳中の方は医師に相談の上)

参考:ゼリア新薬ホームページ

②コーラック座薬

ウィズワン座薬と同じ成分ですが、コーラック座薬の方が知名度は高いかもしれません。

 

炭酸水素ナトリウムと無水リン酸二水素ナトリウムを配合しています。

炭酸ガスが出ることで直腸を刺激する効果で排便させます。

 

12歳以上から使用することができ、1個で効果が出ないときには、もう1個挿入します。

挿入してから10~30分程度で効果が出ます。

参考:大正製薬ホームページ

ビサコジルのタイプ

オイレスA(ベンツナール座薬)

主成分はビサコジル

この成分には腸を刺激して、ぜん動運動を高める作用があります。

非常に優れた即効性を備えており、挿入から3~5分後には効果が現れます。

 

12歳以上から使用することができます。妊婦は使用することができません。

1個で効果が出ないときには、もう1個挿入します。

参考:大木製薬ホームページ

病院で処方される便秘の座薬

医療機関で医師の処方によって入手できる座薬もあります。

その代表がレシカルボンとテレミンソフトです。

両者の主成分は市販の薬と共通しており、効果も同じです。

1.レシカルボン

レシカルボンの主成分は炭酸水素ナトリウム、炭酸ガスが腸を刺激して排便を促す作用を備えています。

そのため腸への刺激も少なく体負担をかけることなく使用できるのがポイントです。

2.テレミンソフト

テレミンソフトの主成分はビサコジル

腸の粘膜を直接刺激することでぜん動運動を高め、排便を促す作用を備えています。

腸に直接的な効果をもたらすため、10分~15分程度で効果が出る即効性があります。

浣腸と座薬の違い

肛門に直接というなら浣腸はどうなのでしょうか。

浣腸も座薬も、即効性があるのが特徴で腸を刺激するという同じ効果を持っています。

 

浣腸と座薬の違う点は

  • 浣腸は便を柔らかくする、滑りをよくする効果がある
  • 浣腸は1歳くらいから使うことができる
  • 効果の強さは浣腸>>ビサコジルの座薬>>炭酸ガスの座薬
  • 浣腸は液体、座薬は固体を挿入する
  • 即効性は浣腸の方が上

浣腸についてはこちらの記事

⇒⇒便秘解消に使える? イチジク浣腸の効果と副作用について!

便秘で使われる座薬の副作用

座薬タイプの便秘薬の副作用は気になりますよね。

飲み薬に比べると胃や小腸を通過しないこともあって副作用はそれほど多くないといえます。

(どの薬でも、まれにですが顔面蒼白、呼吸困難、血圧低下などのショック症状が出ることがあるので、この場合はすぐに病院へ)

 

  • ウィズワン座薬
  • コーラック座薬
  • レシカルボン

この炭酸ガスタイプの座薬は比較的優しいため、強い副作用が出にくいです。

下痢、残便感、腹痛が出ることはあります。

 

  • オイレス
  • テレミンソフト

このビサコジルの座薬は上の3つよりも、副作用が出やすいです。

腹痛、下痢、腹部の不快感が出ることがあります。

そして、依存性があり、使い続けていると効果が弱くなっていきます。使い続けるのはやめておきましょう。

座薬の使い方

座薬の入れ方

問題なのは入れ方です。

これが座薬の使用をためらわせている最大の原因でもあるでしょう。

 

ポイントは「深く入れる」こと。

ためらって浅く入れてしまうと、十分に効果が発揮されないばかりではなくすぐに出てきてしまう恐れもあります。

出てこないように入れるためにはしゃがみこんで肛門が開いた姿勢で挿入し、入れたらすぐに立ち上がって肛門を占めるのがポイントです。

参考:大正製薬

 

あとは基本的な部分ですが、清潔な状態で使用すること。

事前に手をしっかり洗った上で使用しましょう。

我慢する時間

座薬タイプの便秘薬のポイントにはもうひとつ。

便意が出たらすぐにトイレに行くのではなく、少し我慢してから出すことが大事

 

これは座薬のタイプによっても異なってくるのですが、便意が出てからも出来るだけ我慢し、便意が強くなってから排便するようにしましょう。

すぐに出そうとすると効果が弱く、不発するということも多いです。

誰でも座薬タイプの便秘薬は使えるのか?

効果が優しいものもありますが、だれでも使えるというわけではありません。

痔がある場合には、悪化させることがあるので控えるようにしましょう。

子供が使える座薬

市販されている座薬には12歳未満の子供が使えるものはありません。

処方されるものには、医師の判断で量を調節して使うこともあります。

 

子供の場合は、1歳くらいから使うことができる浣腸を選択することが多いです。

妊婦が使える座薬

炭酸ガスタイプの座薬であれば妊婦も使うことができます。

  • ウィズワン座薬
  • コーラック座薬
  • レシカルボン

これらは、使うことができますが医師の指示で使うようにしてください。

まとめ

座薬タイプの便秘薬については分かったでしょうか。

即効性があり、副作用が比較的少ないのがメリットです。

 

とはいっても、薬は薬なので使わないほうがよいものです。

上手に使いながら、食生活などを改善して使わなくても良いようにしていく努力を忘れないようにしましょう。