オールブランが便秘に効く!!と注目されています。

 

オールブランの何が便秘に良いでしょうか。

食べ方を間違えると、逆に便秘が悪化するという危険もあるので知っておいてほしいことがあります。

 

今回の記事では、便秘に良いオールブランについて紹介していきます。

スポンサードリンク

オールブランって何なの?

最近、人気を集めている食品がオールブランというものです。

オールブランは、便秘解消やダイエットに効果があるとされるシリアル食品の一つです。

 

オールブランの「ブラン」とは小麦の外皮のことで、多くの栄養素が含まれています。

 

不溶性の食物繊維がかなり豊富です。

鉄分、カリウム、マグネシウムといったミネラルも含まれています。

 

この栄養豊富なブランを原料と、さらに栄養を加えてたものが、『オールブラン』として販売されています。

 

オールブランの効果は、豊富な食物繊維と栄養から

  • 便秘対策
  • ダイエット

この2つを目的として食べる人が多くいます。

また栄養価が高く、お子さんの成長にも良い食品です。

スポンサードリンク

オールブランの種類

オールブランという名前の商品はいくつかありますが、代表的なものを紹介します。

オールブランオリジナル

1食分40gあたり

  • カロリー133kcal
  • タンパク質6.0g
  • 脂質1.7g
  • 糖質18.0g
  • 食物繊維12.9g

 

オールブランオリジナルは1食分で133kcalという低カロリーにもかかわらず、1日に必要な食物繊維の65%を摂取できるのが特徴です。

トクホにも認定されており、信頼性の高いシリアル食品と言えるでしょう。

 

甘味はまったくなく、オールブランそのものの味を知ることができます。

オールブランフレークプレーン

1食分60gあたり

  • カロリー218kcal
  • タンパク質が4.4g
  • 脂質1.2g
  • 炭水化物50.9g
  • 食物繊維5.6g

 

オールブランフレークプレーンはフレーク状になっており、甘みが足されています。

1食分が60gなので、かなりボリューミーなのもうれしいポイントです。

 

カロリーは紹介する3つの種類のうちでもっとも多く218kcalです。

トクホに認定されているシリアル食品で、1日の食物繊維摂取目標量の30%を1食分で摂ることが可能です。

オールブランフレークフルーツミックス

1食分40gあたり

  • カロリー144kcal
  • タンパク質2.7g
  • 脂質0.6g
  • 糖質30.3g
  • 食物繊維3.7g

 

イチゴにレーズン、パイナップルにパパイヤ、さらにクランベリーという5つのフルーツがミックスされており、紹介した3つの中で美味しく1番食べやすいでしょう。

1日の食物繊維摂取目標量の18%を1食分で摂ることが出来ます。

オールブランはなぜ便秘に良いのか

オールブランが便秘に良いと言われるのは、やはり豊富に含まれている食物繊維のおかげです。

食物繊維は便秘解消にどうしても必要なものです。

 

食物繊維には水溶性と不溶性の2つの種類があります。

オールブランにはこのうち不溶性が豊富です。

 

不溶性食物繊維は、水分を吸って大きく膨らむ性質があります。

すると便自体がかさ増しされて大きくなり、腸が刺激されることによって便秘が解消されることになります。

 

女性に多い大腸の動きが低下しておこる便秘に効果的です。

オールブランを食べると便秘が悪化することも

オールブランで便秘対策をするのには注意点があります。

それは不溶性食物繊維を摂りすぎるのは、逆に便秘をひどくしてしまう恐れがあるということ。

 

不溶性の食物繊維は水分を吸う性質があります。

そのため腸内の水分を吸って膨らみますが、腸内の水分を吸い過ぎると便をカチコチにします

 

カチコチになった便は腸にこびりついて、動かなくなるため便秘を悪化させてしまいます。

 

オールブランを食べると、『便秘が悪化した』『便秘になってしまった』ということが起こる可能性があるのです。

オールブランを食べる時の注意点

オールブランで便秘を悪化させないためにはいくつか注意することがあるので知っておきましょう。

①水分をしっかり摂る

水分を吸収できるように水分をしっかり摂るのが基本です。

 

オールブランを食べるときには、コップ1杯以上は水分を摂るようにしましょう、

②水溶性の食物繊維も摂る

オールブランは便秘には良いですが、オールブランだけで便秘解消しようとするのはダメです。

とくに水溶性の食物繊維が必要です。

 

水溶性食物繊維は水分を吸ってゲル状になり、腸内で便を包み込んで便を柔らかくしてくれるという働きがあります。

水溶性と不溶性をバランスよく食べることで初めて便秘解消に大きな効果を発揮してくれます。

 

⇒⇒便秘解消には水溶性食物繊維!どんな食べ物・野菜が良い?

オールブランの味はイマイチ

オールブランは便秘解消には効果的なのですが、「おいしくない」という評価・口コミがかなり多いのが問題です。

 

  • 「草を食べているようだ」
  • 「ウサギのエサみたいな味がする」
  • 「畳の味がする」
  • 「例えるならば比較的食べやすい枯草」

など、もはや食べ物ではないかのような評価がなされていることもあります。

 

特に牛乳をかけて食べるとぼそぼそしてしまい、食べるのが大変という口コミも多いです。

まずくて続けられないというのは意味がないので、工夫することが必要です。

 

あまり美味しくないオールブランを食べる方法はあるのでしょうか。

オールブランの食べ方

1番大事なことは継続して食べるということです。

無理に1食分の量を食べる必要はなく、無理せずに食べられる量から始めてください。

 

また、チョコチップマフィン、焼き菓子、お好み焼き、クッキー、グラタンに入れるというレシピもあります。

自分だったらそんなことをしてまで続けれる気がしないので、ここでは紹介しません。。。あくまで簡単なものだけ!

牛乳をかける

オールブランの基本的な食べ方は、『牛乳をかけて食べる』です。

 

ただし、牛乳を吸ったオールブランは苦行という声も・・・

牛乳を吸わせてしまうと食べにくいので、少しずつかけて食べた方が良いと思います。

 

オールブランフレークプレーンもしくはフルーツミックスの方が食べやすいので最初はそちらを試してみましょう。

コーヒー牛乳をかける

オールブランは甘みが少ないので、食べにくいです。

甘みがあるコーヒー牛乳をかけると食べやすくなります。

 

これも一気にオールブランを出してかけずに、少しずつかけて食べましょう。

ヨーグルトと食べる

オールブランをヨーグルトと一緒に食べると、乳酸菌と効果アップです。

 

1食分の量をきちんと食べる必要はありません。

ヨーグルトに少しかけてサクサクという食感を楽しむくらいだと続けやすいでしょう。

 

また、食べる前日の夜にオールブランをヨーグルトに浸しておくのもおすすめ。

柔らかいタルト生地のようになって食べやすくなります。

 

さらにそこに、フルーツ、はちみつを加えると便秘に良く食べやすくなります。

リンゴ、バナナ、キウイなどがおすすめです。

 

⇒⇒便秘解消に良いフルーツランキング!

オールブランを利用したダイエット方法

オールブランでダイエットするというのも注目されているので、紹介しておきたいと思います。

 

この方法は簡単です。1日3回の食事のうち1回をオールブランだけにすることです。

特に夕食をオールブランに置き換えると、摂取するカロリーが少なくなってダイエット効果が高くなります。

 

その時に注意すべきなのがゆっくりオールブランを食べるのが重要です。

ゆっくり食べないと満腹感を無いので、食べる量が増えたり、すぐにお腹が空きます。

 

15分以上かけてゆっくりよく噛んで食べるようにしてください。

 

ただし、便秘がある人はダイエットより便秘解消を目的にした方が良いでしょう。

 

  • ダイエットをすることで便秘が悪化することが多い
  • 便秘を解消すると痩せやすくなる

この2つがその理由です。

 

便秘解消に良いことは、そのままダイエットになることも多いです。

⇒⇒便秘解消すると痩せる??ダイエットと便秘の関係とは!?

まとめ

オールブランが便秘解消に良いことは分かったでしょうか。

豊富な食物繊維が、腸を刺激して動きを活発にしてくれます。

 

ただし、逆に悪化させてしまうこともあるのでオールブランだけで解決しようとしないでください。

水分補給と水溶性の食物繊維が豊富な食べ物も摂り入れるようにしましょう。

 

自分に合った食べやすい続けやすい方法で、継続していってください。