• 酵素っていったい何?
  • 酵素は身体に対してどんなことをしてくれるの?
  • 酵素を摂るためにはどうすればいいの?
  • 便秘解消に酵素って良いの?

 

そんなことを知りたいあなたのために、よく話題にあがることがある酵素について紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

酵素ってそもそも何?

酵素というものはそもそもたんぱく質の一種です。

身体の中で行われる化学反応のほとんどに利用されています。

 

たとえば呼吸や代謝、消化・排泄など、体の中の様々な機能に対して使われていて、人間の体の中に存在するもので5000種類以上の数になると言われています。

まだ把握できていないものあるので実際には種類はもっと多いと考えられています。

 

大きく分けると①消化酵素②代謝酵素という体内で作られる酵素と、③食物酵素という食べ物から摂取する酵素の3つに分けることができます。

①消化酵素

消化酵素は身体の中にいくつかあり、食べたものを消化するために使われているものです。

脂肪を分解したり、タンパク質や炭水化物を分解してくれます。

 

これらの消化に関する酵素のことを消化酵素と言います。

②代謝酵素

消化酵素によって吸収された栄養はその後エネルギーとして使われます。

そのエネルギーを使用するときに使われる酵素のことを代謝酵素と言います。

 

この代謝酵素は体内で生成され、生物の代謝をサポートしていきます。

③食物酵素

食べることで、消化や吸収などに作用する酵素も存在します。

それを食物酵素といい果物などの食物に含まれている酵素のことを指します。

 

また酵素は熱に弱いため加工食品にはほとんど効果を得られないので、生の食材で摂取することが必要になります。

スポンサードリンク

酵素が身体に与える効果とは

酵素には病気の予防にも関与し、体の健康を維持するために必要なものです。

消化吸収

消化酵素というものは食べ物の栄養を吸収しやすいものに分解するために機能しています。

そのため、消化酵素は消化・吸収を行うための重要なキーマンになっています。

エネルギーを効率よく使う

代謝酵素はその名の通り代謝に影響する酵素です。

これらの酵素が不足するとどのような症状を引き起こすでしょうか。

 

エネルギーが効果的に使われなくなるので肥満になり、代謝が悪くなると体のだるさにもつながります。

体のだるさが取れないと感じている人や太りやすくなっている人は実は酵素が足りていないという可能性もあるわけです。

免疫力

さらに酵素には解毒能力や免疫力にも関係していると言われ、細菌を倒す力や細胞を新しくするチカラがあります。

それらの関係で酵素が減少すると免疫力が弱まって病気を発症してしまう可能性が高くなってしまいます。

血行促進

または酵素は循環を良くするとも言われ、血液の流れを改善する効果もあるようです。

 

また、食べることで得ることが出来る食物酵素にはこういった働きを強くすることが出来ると言われています。

酵素が便秘に効くのは本当?

消化酵素のところでも説明しましたが、酵素は食べ物の栄養を吸収しやすいように分解を早める効果があります。

 

逆に酵素の分泌が少なくなるとこの機能がうまく得ることができず、消化機能が低下してしまいます。

消化されなかった食べ物が停滞すると悪玉菌を増やすことになり、消化不良から便秘になる可能性が高くなります。

 

また酵素は排泄にも関与しており、代謝が必要なことです。

つまり、酵素が不足することで排泄がスムーズに行われなくなるとこちらもまた便秘の可能性を高めることになります。

 

酵素をよりよく摂ることで消化と吸収が効率的に行われること、代謝が高まることで便秘解消に繋がる効果があるのです。

 

ただし、酵素だけを摂っていれば便秘が治っていくのかといえば、ちょっと足りません。

食物繊維、乳酸菌、オリゴ糖などの便秘に良いものに追加することで、便秘解消する効果を強化してくれるでしょう。

酵素を多く含む食べ物は

一般的には生野菜や果物、生鮮食品や発酵食品に含まれているということは有名です。

生野菜・果物に多い

その中でも生野菜や果物は積極的に摂取しやすい食べ物と言えるでしょう。

 

酵素はタンパク質なので熱を加えると効果が無くなってしまいます。

つまり、生で食べれる野菜や果物で酵素を摂ることができます。

 

脂肪分解酵素であるリパーゼは

  • いちご
  • スイカ
  • トマト
  • セロリ
  • 人参
  • ほうれん草

に多く含まれます。

 

アミラーゼという炭水化物を分解する酵素は

  • 大根
  • キウイ
  • バナナ
  • 山芋
  • キャベツ

などに多く含まれます。

 

プロテアーゼというタンパク質分解酵素は

  • りんご
  • メロン
  • バイナップル
  • キウイ
  • ゴーヤ

 

に含まれます。

そのまま食べれるものばかりですね。

発酵食品に多い

さらに発酵食品にも酵素が多く含まれていることが知られており、

  • 納豆
  • チーズ
  • ヨーグルト
  • キムチ

などがあります。

 

特に納豆には栄養を分解する酵素が多く、脂質、タンパク質、炭水化物を分解することが出来ます。

発酵食品は乳酸菌などを含むものも多いので、腸内環境を整えて便秘に効果的に機能します。

肉や魚にも多いけど

実は肉や魚にもたくさん酵素は含まれているのですが、実際に食べる時には加熱調理することがほとんどで、壊れてしまいます。

摂取する場合は生野菜や果物からの方が現実的でしょう。

効果的に酵素を取るには

酵素を食べ物から効果的に摂るためのポイントは

  • 生のまま
  • 空腹時
  • 皮まで
  • すりおろす

この4つがポイントになってきます。

生のまま

上に書いた通り酵素はタンパク質です。

熱に弱く、50度くらいの比較的低温でも耐えられず、変性してしまうものがあります。

 

野菜などは調理せずにサラダなどで生のまま摂取する必要があります。

食事の前に

酵素を摂るタイミングとして食前の胃が空の状態で摂取することで酵素を効率よく吸収できると言われています。

皮まで食べる

果物で皮ごと食べられるものは、そのまま食べた方が酵素をより多く摂取できます。

すりおろす

すりおろす場合も皮ごとすりおろすと効果が高いようですので、ジュースやスムージーにすると摂取しやすいでしょう。

 

また大根や人参などの野菜も普通に食べるよりもすりおろした方が効果的に酵素を摂取できると言われています。

酵素ドリンクはどうなの?

酵素ドリンクはかなり流行っています。

これは、酵素が持っている消化と代謝をアップさせる効果があるため、とくにダイエットに良いと人気が高いものです。

 

酵素ドリンクは普通に食事をしていたら摂ることができないほどの、数十種類で、多くの酵素を効率よく摂ることができます。

もちろん便秘解消する効果も期待できるので、ダイエットプラス便秘に良いものを続けたいときにはおすすめです。

まとめ

酵素については分かったでしょうか?

便秘解消が期待できるだけでなく、代謝アップによるダイエットにも期待できるものです。

 

生野菜、果物には酵素だけでなく、水分もしっかり含まれているので便秘のためには続けたいものですね。

ただし、酵素だけのことを考えていれば、良いというわけではありません。

 

食物繊維と善玉菌を増やすためのものも必要なので、合わせて摂るようにしましょう。

食物繊維、善玉菌を効率的に増やした場合はこちらの記事を参考にしてみてください↓↓

便秘解消に効く乳酸菌サプリメント・食物繊維・オリゴ糖のおすすめ!