なんだか原因が分からないけど寒気する・・・というのはもしかしたら便秘のせいかもしれません。

なぜ便秘で寒気を感じることがあるのでしょうか。

 

  • 便秘と寒気があるときの対策
  • 便秘になってどれくらいで寒気を感じるのか
  • 便秘+寒気+腹痛は危険なことも

合わせてこの情報もまとめているので、ぜひ読んでいってください。

スポンサードリンク

便秘でなぜ寒気を感じるのか

便秘が起こると寒気を感じてしまうことがあります。

この理由としては3つ考えられます。

①自律神経の乱れ

便秘になると自律神経が乱れやすくなります

便秘になっていると腸内環境が悪化してしまい、脳にも悪影響を与えてしまうのです。

 

そこから、自律神経の乱れが起こってしまいます。

自律神経は体温の調節をしているため、乱れてしまうと暑い寒いということに対して、上手く体温を調節出来なくなります。

 

こうなると、寒気を感じてしまうのです。

②血行が悪くなる

便が体の中にたまることで、周りの血管を圧迫するので血の巡りが悪くなります。

また、便秘になっていると悪玉菌が作り出す有害物質から、血液がドロドロになりやすいので血行がさらに悪くなります。

 

全身の血行が悪くなると、代謝が落ちてしまうので、体温調節ができないため寒気を感じてしまいます。

③いきむ

便秘になっても多くの人は「便を出したいな」という便意そのものは感じるため、なんとか排出しようと強くいきむケースが多くなります。

 

硬くなった便を排出する際にいきむことで圧迫がさらに強くなり、血行不良に陥って寒気を感じることもあります。

便秘になってどれくらいで寒気が出てくる?

体質や腸内環境によっても差がありますが、便秘の状態になって3日ほどで寒気の症状を感じることが多いです。

便秘であっても、寒気を感じていなかったけど、突然に腹痛と寒気がやってくることもあります。

 

特に寒気を感じる原因が見当たらない場合は、便通になっていないかを意識してみましょう。

便秘で寒気があるときの対処法

便秘による寒気を感じたときは、まず体全体を温める方法を試してみましょう。

1.白湯を飲む

体の内側から温めるために、白湯を飲む習慣をつけることは効果的です。

(白湯は温かいお湯のことです)

 

コップ1杯のお水(できればミネラルウォーター)をレンジでチンしてゆっくりと飲み干しましょう。

これだけで、お腹から全身まで温めることができます。

 

白湯は胃腸を温めて、動きを活発にしてくれるので便秘を解消する効果もあります。

 

便秘には水分の積極的な摂取が良いとされていますが、冷たい飲み物だと胃腸の蠕動運動が鈍くなる可能性があります。

冷たい水ではなく、常温の飲み物にしましょう。

 

できれば温かい白湯、麦茶を活用し、体が冷えすぎないように工夫します。

水分を飲むタイミングは起床後や食事の後がおすすめです。

 

コーヒー、緑茶などはホットで飲むことが多いですが、含有されているカフェインがあるため、便秘や便秘による寒気の対処にはあまり向いていません。

 

2.マッサージ

腸の蠕動運動を刺激するマッサージもおすすめです。

ゆっくりと円を描くようにお腹全体をマッサージしてみてください。

時計回りに手のひらでさする

 

マッサージは血行を良くする効果があるのと、リラックスして行えば自律神経も整えてくれます。

便秘に効くマッサージはほかにもあるので参考にしてみてください。

⇒⇒便秘を解消するツボとマッサージの方法は!

3.ホッカイロを使う

下着やシャツなどの上からホッカイロを貼り、腰やお腹周りを温めるのも効果的です。

 

胃腸を温めると動きが活発になるので、便秘解消にも効果があります。

4.湯船につかる

入浴をシャワーで済ませることが多い人は、湯船を利用して体をゆったりと温める方法も良いです。

 

湯船での入浴は血行を良くする効果も高く、さまざまな面から便秘による寒気を解消する効果があります。

体の芯から温まることで胃腸の動きが良くなり、便秘そのものを解消する作用も期待できます。

 

また、38~40℃くらいのぬるま湯に15分以上つかることで、リラックス効果があることが分かっています。

これで自律神経の乱れを整えることもできるので、寒気、便秘対策になります。

5.ウォーキング

 

体を温める効果と、ストレスを解消してリラックスの状態を生むのに効果的なのが適度な運動です。

簡単におこないやすいおすすめの運動法はウォーキングになります。

 

だいたい20分~30分程度、近所でかまわないので取り入れてみてください。

6.睡眠はしっかり

睡眠をしっかりとることで便秘そのものを解消し、結果として便秘による寒気の解消を狙うこともできます。

寝ている時間が便を作ったり、運んだりする大腸の動きが1番活発になるからです。

 

 

1日の睡眠時間が6時間以下になると、自律神経も乱れてくるので注意が必要です。

7.便秘解消

最後の対策はやはり便秘を解消することが1番です。

野菜をテンコ盛り食べろ!とは言わないですが、腸内環境を整えることから始めてみましょう。

 

腸内の善玉菌を効率よく増やすために、おすすめなのはオリゴ糖です。

1日にスプーン1杯のオリゴ糖を摂るだけなので簡単です。

 

このオリゴ糖は私も試してみて、効果的だったのでおすすめです。

⇒⇒1日たった79円でするっと出るその秘訣は?

寒気+腹痛があるときに可能性がある病気

便秘があるときに、急激に腹痛と寒気がやってくることがあります。

便秘から腹痛と寒気が、一緒に出ることはありますが、その他の病気である可能性も。

 

便秘、腹痛と寒気のどちらも感じる症状で考えられる病気には、

 

  • 虫垂炎(盲腸)
  • 大腸がん(ポリープ)
  • 腸閉塞
  • 腹膜炎
  • 自律神経失調症
  • うつ病
  • 風邪
  • 食中毒

 

こういったものが考えられます。

これらは便秘、腹痛、寒気のすべてが起こることがあります。

 

病院へ行くタイミング

腹痛や便秘はそのうち治る、大したことないと考える人が多いです。

なかには便秘をきっかけとした大きな病気への進行はそこまで珍しいことではありません。

 

腹痛くらいで病院に行くのはちょっと、という人はまだまだ多いので、腹痛で病院に行くべきタイミングの基準となる項目をいくつか覚えておきましょう。

 

  • 痛む状態が2時間~3時間以上続いている、日をまたいでも症状がおさまらない。
  • だんだん痛みが収まるのではなくだんだん強くなっている。
  • 激しい嘔吐の症状がある。
  • 発熱があり、熱での苦しさも大きい。
  • めまい、頭痛がありおさまらない。

 

このような症状を伴った腹痛の場合は、病院での診断を仰ぐのが良いでしょう。

2時間~3時間様子を見ることは必須ではなく、激しい痛みを感じた時点で病院へ向かっても何も問題はありません。

 

「この腹痛は便秘からで、一時的なもの」とたかをくくって痛みを放置することにあるので、場合によっては死に至るケースがあります。

腸管を刺激したり塞いだりすることで血や酸素の巡りが滞り、ひどい場合はその部分が壊死する可能性もあります。

 

腹痛の症状が出た際にお腹をマッサージしたり、温めたりしてみて痛みが収まるようであれば、すぐに病院へ急がずに様子を見ても良いでしょう。

まとめ

基本的に便は体に不要なものであり、不要なものがたまっていくことの危険性を意識しなければなりません。

 

便秘になっていると、何1つ体に良いことはありません。

少しでも早く便秘解消していくようにしましょう。

 

便秘のことを軽く考えているなら、こちらの記事を参考にしてみてください。

⇒⇒肌荒れだけじゃない!便秘が原因で起こる22の症状とは!