便秘になっていると花粉症が悪化してしまう。

これって本当なのか気になりませんか?

 

今回の記事では便秘と花粉症の関係について紹介していきます。

また、両方とも改善していくためには、どうしたら良いのかも書いているので参考にしてみてください。

スポンサードリンク

花粉症は免疫の異常で起こる

身体の中に異物である花粉が入ってくると、身体はまずこれを受け入れるかどうか判断します。

 

花粉を異物として判断すると、身体は抗体(IgE)を作り出します。

この抗体は肥満細胞という免疫を担当してる細胞にくっついていきます。

 

再び花粉が入ってくると、抗体プラス肥満細胞が反応して、ヒスタミンを分泌!

ヒスタミンの効果でくしゃみ、鼻水、涙を出して花粉を追い出そうと頑張ります。

これが花粉症が起こるメカニズムです。

異物を排除しようとする働きが強ければ強いほどこの症状は強く出ますが、これは正常な免疫機能を超えたもので、いわば異常に免疫が働いてしまっている状態とも言えます。

つまり、花粉症は免疫のバランスが乱れてしまっていることが原因です。(参照:エスエス製薬

スポンサードリンク

便秘になっていると花粉症が悪化する

なんの関係も無いように思うかもしれませんが、便秘と花粉症には大きな関係があります。

 

腸というのは身体の免疫の大部分を担当しているのです。

その割合はおよそ70%も占めているのは意外と知られていないかもしれません。

 

便秘になると腸内には腐敗した便と悪玉菌も増えて、腸内環境が悪化します。

免疫を担当している腸の環境が悪化する⇒身体の免疫バランスが乱れるということにつながります。

 

免疫バランスが乱れると、それだけ花粉症の症状も悪化しやすいです。

花粉症を少しでも改善したいと思っているなら、便秘の改善についても真剣に取り組んでいく必要があるのです。

 

また便秘に悩んでいないという人でも、より腸内環境に気を配れば、同じように症状の改善が期待できるでしょう。

便秘と花粉症のために乳酸菌

腸内環境が良い状態に保たれていれば、『便秘の解消』プラス『免疫バランスも良くなることで、花粉症の症状の改善』の両方が期待できます。

 

そのためには食生活や生活習慣を正していくことが大切ですが、乳酸菌を積極的に摂っていくことがおすすめです。

乳酸菌は善玉菌を増やし、悪玉菌を減らして腸内環境を整えるために最高の働きをしてくれます。

 

乳酸菌はかなりの種類があり、ほとんどが腸内環境を整える効果を持っています。

そのため、どの乳酸菌でも良いのですが人によっては合う合わないがあるため、自分に合ったものを見つけるのは少し難しいのがデメリットです。

 

自分に合ったものを見つけるためには、1か月くらい毎日その乳酸菌を摂り続ける必要があります。

花粉症の時期の1か月前から乳酸菌を摂る⇒⇒効果ないから次の年は違う乳酸菌。。。

 

これだと何年かかるか分かりません。

そのためには、数種類の乳酸菌を摂れるものを利用するというのが1つの手です。

 

おすすめしているのは16種類も摂ることができるサプリメントです。

⇒⇒☆1粒に500億個☆ヨーグルトの5倍以上の乳酸菌!

 

次に、アレルギーに効果があるという研究結果が出ているものを試すのも1つの手です。

乳酸菌LFKというものには、この効果があることが分かっています。(参照 :菌活・腸活ラボ)

 

乳酸菌LFKが含まれているサプリメントもあります。

⇒⇒5種類の乳酸菌オールスターが1つに/カルグルト

花粉症の症状を改善するには

花粉症を改善するために、乳酸菌というのは上で紹介しましたが、そのほかにも方法はあります。

①抗アレルギー薬

花粉症の症状の改善方法として最も手っ取り早いのは、やはり抗アレルギー薬の服用です。

アレルギー症状を抑える効果があり、市販薬でも様々なものがあります。

 

薬は副作用で眠くなるのが嫌という人もいるかもしれませんが、今は眠くなりにくい薬もいくつか出ています。

例えば、アレジオン20、アレグラなどです。

 

すでに花粉症のシーズンに突入していたら、これしかありません。(妊婦、授乳中であれば医師に相談を)

 

少し話がそれてしまうのですが、花粉症の薬で便秘を起こす人がいます。

 

花粉症の薬の多くには抗コリン作用という働きがありますが、これは腸の運動を抑制させてしまいます。

抗ヒスタミン系の成分が含まれているものも多く、アレルギー症状を止める効果と、大腸の働きを抑制する作用も持っています。

 

薬を飲んでいるとどうしてもお腹にガスが溜まり、悪玉菌が増えて腸内環境が悪化し、便秘になりやすくなるのです。

 

②ステロイド

薬を頼るのであれば、ステロイド注射を利用して症状を抑えることもできます。

ステロイドは免疫系の反応を低下させ、アレルギー反応も抑えてくれる働きを持っています。

 

効果は強いので、花粉症シーズンは何もできない。という人なら試す価値があります。

しかしその反面で副作用が強く、身体の様々な機能バランスに影響を与えるため、利用については医師と話し合いましょう。

③舌下免疫療法

薬に頼りたくないのであれば、舌下免疫療法というものがあります。

花粉症を完全に治すことができる方法です。

 

これはアレルギーの原因となるものを少しずつ身体に与えて抵抗力をつけるものです。

治療の期間に2~5年と長い期間がかかるため、薬などと違って即症状を改善させることができないのがデメリットです。

 

完治もしくは症状改善が80%という割合ですが、20%の人がやってみたけど効果が無いという報告があります。

④レーザー治療

薬に頼らず即症状を改善したいというのであれば、レーザー治療で鼻の粘膜を焼くというのも一つの選択肢でしょう。

アレルギーを起こす場所そのものが減るため、鼻の症状には特に効果は絶大です。

⑤生活習慣の見直し

必ず改善するわけでなく、気長に続けないといけませんが生活習慣の見直しも重要です。

運動や食生活、規則正しい生活リズムを見直し、腸の運動や消化に気を遣っていけば、腸内環境をより良い状態に整え、免疫バランスを整えることができます。

便秘になってしまう原因

便秘の原因はいくつかありますが、大きな影響を受けるのは5つあります。

 

  1. 睡眠不足
  2. 水分不足
  3. 運動不足
  4. 食生活の乱れ
  5. ストレス

これらがダメな場合には、どうしても便秘になりがちです。

便秘になりやすいということは、生活習慣の乱れやストレスが溜まっているサインとも言えます。

 

花粉症を改善したいなら、便秘も必ず改善していく必要があるのは忘れないようにしましょう。

 

少し詳しく確認したいなら、こちらを参考にしてみてください。

 

食生活の乱れがなかなか改善できないなら、サプリメントに頼るのも考えてみましょう。

⇒⇒便秘解消に効く乳酸菌サプリメント・食物繊維・オリゴ糖のおすすめ!

 

睡眠中に大腸が活発になることが分かっています。

⇒⇒睡眠不足が原因で便秘になる?睡眠と便秘の関係は!

 

水分不足が便秘の原因になっている人は少なくありません。

⇒⇒便秘に効果的な水分の取り方!大事な5つのポイント!

 

毎日激しい運動をする必要はありませんが、やる時にはやる必要はあります。

⇒⇒なぜ運動不足は便秘の原因になるの?効果的な運動のまとめ!

 

現代人に増えてきているのがストレスによる便秘です。

⇒⇒なぜストレスで便秘になってしまう?その原因と対策!

まとめ

花粉症と便秘の関係については分かったでしょうか。

腸には免疫の70%も集まっているため、便秘による腸内環境の悪化は花粉症を悪化させることにつながるのです。

 

これをどちらも改善していくのは難しいですが、一石二鳥の手として乳酸菌がおすすめです。

今回の記事では2種類の乳酸菌サプリメントを紹介しました。

 

16種類も乳酸菌を摂ることができるサプリメント

⇒⇒☆1粒に500億個☆ヨーグルトの5倍以上の乳酸菌!

 

アレルギーに効果があると報告されている乳酸菌サプリメント

⇒⇒5種類の乳酸菌オールスターが1つに/カルグルト

 

もちろん、これ以外にも食物繊維、運動など便秘に良いことを続けていくようにしましょう。