便秘になっていると下腹部がなんだか痛いということは少なくありません。

下腹部の左側、または右側が痛くなってしまうのはなぜなのでしょうか?

 

また、放置しておくとダメな病気の可能性もあるので注意が必要なんです。

今回の記事では便秘と下腹部痛の関係について紹介していきます。

スポンサードリンク

便秘での下腹部に痛みが出る理由

便秘のときには左の下腹部痛が起きることが多いです。

便秘による左下腹部痛の原因には大きく分けて2つあります。

①S字結腸がつまっている

大腸は反時計周りの構造になっていて、左の下腹部はS状結腸と呼ばれる部分です。

S状結腸はとくに便が溜まりやすい場所になって、その結果、下腹部痛を引き起こします。

②腐敗ガスがいっぱい

もうひとつの原因として考えられるのが、便秘による腐敗ガスです。

3日以上も大腸や直腸内に便が溜まっていると腐敗しはじめるのです。

 

その時にインドールやスカトールと呼ばれるガスが発生して、そのガスが腸内に充満することにより内側から圧迫されて左下腹部痛が生じます。

 

S字結腸のつまりと、ガスの2重の圧迫により下腹部痛が出ます。

そのまま便秘が進行すると、ほかの場所にまで広がって痛みも拡大することもあります。

スポンサードリンク

便秘での下腹部に痛みが出る理由

右の下腹部に痛みが生じるのは、ガスによる痛みとつまっているからです。

①大腸と小腸の境目がつまっている

右の下腹部は、小腸と大腸、盲腸の境目になります。

ここもつまりやすい場所なので、痛みが起こっていまします。

②腐敗ガスがいっぱい

これは左も右も原因は同じですが、便秘が長引くとガスが溜まってしまい、内臓を圧迫するため痛みが出ます。

便秘による下腹部痛を和らげる方法

最大の原因となる便秘を解消しない限りは、下腹部痛は改善されずに再発します。

便秘解消をすることが大事です。

①まずは水分補給!

便秘解消には水分摂取も大切です。

1日に1~1.5リットルくらい水分を飲むようにしましょう。

 

  • 冷たい飲み物ではなく、できるだけ温かい飲み物にする(せめて常温)
  • 一気に飲まずに、コップ1杯をこまめに飲む
  • カフェイン入りの飲み物は水分補給にならない

 

これを守って、継続して水分を摂ることで便が柔らかくなり、腸の動きも活発になります。

②マッサージで詰まりを解消!

ガス抜きマッサージは下腹部痛を解消させる方法のひとつです。

マッサージで腸の活動が活発になると、痛みの原因の便秘解消にもつながります。

「の」の字マッサージ

ガス抜きマッサージのひとつとして「の」の字マッサージがあります。

朝起きた時とお風呂上りの1日2回実施すると良いですし、トイレの時もマッサージすると出やすいです。

 

方法は簡単で、時計回りに「の」の字を書くように、お腹をグルグルと撫でてマッサージをするだけ。

ガス抜きポーズ

もうひとつガス抜きのポーズがあります。

仰向けに寝た状態で片足を抱え込みように持って、その状態をキープしたまま腹式呼吸を10回程度行います。

 

そして、今度は反対の足を持って同じことを繰り返して、左右両方を1セットとして3セットを目安に実施すると腸の運動を活発にすることができます。

このポーズを片足ずつするだけ

③腸内環境を整えろ!

便秘では腸内環境が悪化しきっています。

これを解消していくと、腸が動きやすい状態になっていきます。

 

基本は食物繊維のために野菜をたっぷり、乳酸菌のためにヨーグルト。

これを毎日続ける必要があります。

 

食生活を改善していかないと便秘は治ることはありません。

これを続けていくのが難しいと思う人は、サプリメントなどの助けを借りると良いでしょう。

 

おすすめしたいのはこれです。

自分のお腹の中にいる善玉菌を増やすことで、お腹の調子を整えていくことができます。

⇒⇒1日たった79円でするっと出るその秘訣は?

放ってはおけない下腹部が痛くなる病気

便秘で起こる下腹部痛は、ほとんどが時間の経過や排泄などによって症状が治まるものです。

 

  • 下腹部痛が長期化
  • 嘔吐を伴う
  • 痛みが広がっていく
  • 激痛を起こす
  • 血便が出る

など、通常とは異なる症状が現れると、何かしらの病気を発症していることも疑われます。

 

下腹部痛を引き起こす可能性が考えられる病気は、

  • 大腸がん
  • 潰瘍性大腸炎
  • クローン病
  • 過敏性腸症候群

などのさまざまな大腸の病気があります。

また、強い下腹部痛と、さらに発熱を伴う場合は、盲腸(急性虫垂炎)、腹膜炎が考えられます。

 

それから、下腹部全体に鈍痛が発生したり、血尿や頻尿が起こったりしている時には、膀胱炎や卵管炎・卵巣炎など女性器の病気の可能性も疑われます。

 

とにかく、便秘、下腹部が痛い以外にも症状があるなら病院を受診するようにしておきましょう。

妊娠で便秘と下腹部痛が出る可能性もある

妊娠すると便秘になり下腹部痛が出ることがあります

これは妊娠初期から後期までずっと出る人もいれば、初期だけ、後期だけという人もいます。

 

子宮が大きくなる、靭帯が引っ張られる、ホルモンバランスやストレスで腸の動きが悪くなるなどが原因です。

 

妊娠による下腹部痛があるときは、無理をせず安静にしておくのが1番です。

痛みを感じた時には楽な姿勢でしばらく休息をとるようにしましょう。

 

それから妊娠中に起こる下腹部痛で注意したいのは、特に出血がみられる場合です。

切迫流産や切迫早産の危険があるので注意する必要があります。

 

妊娠中の便秘対策はこちらの記事を参考にしてみてください。

妊娠中の初期~後期で起こる便秘の原因と予防策とは!

下腹部の痛みで病院へ行く目安は

  • 慢性的な便秘が約2週間以上継続している。
  • 排便しても下腹部痛がある。

これは腸などに何らかの病気があることで下腹部痛が起こっていることも考えられます。

これをひとつの目安にして受診を検討すると良いでしょう。

 

ただ、人によっては1週間以上続くと我慢できないこともありますし、苦しい度合いは人により異なるので、我慢しすぎないで病院を受診することも重要です。

 

また、便秘と下腹部痛に加えて

  • 吐き気
  • 発熱
  • 血便

こういったほかの症状があるときも病院を検討してみましょう。

妊婦さんの場合も、

  • 10分間隔で腹痛やお腹の張りがある
  • 急に激しい腹痛が起きた
  • お腹が硬く張る

といった症状がある時には、病院に連絡して指示を受けることが大切です。

また破水している、不正出血がある、数時間胎動を感じないなどの症状がみられる時も、すぐに病院に連絡するようにしましょう。

まとめ

便秘で下腹部が痛くなる原因は分かったでしょうか。

右の場合も左の場合も、大腸がつまっている、ガスが多いのが原因です。

 

水分補給とマッサージ、食生活の改善を頑張ってみましょう。

 

下腹部痛と便秘以外にも症状がある場合には、病院へ行くことを検討してください。