市販の便秘薬は種類がたくさん。

その中にスラーリアという錠剤タイプと液体タイプのものがあります。

 

今回の記事では、スラーリアの効果と副作用など紹介していきます。

スポンサードリンク

スラーリアの有効成分と効果

スラーリアはロート製薬から発売されている便秘薬です。

錠剤タイプと液体タイプの2種類が販売されています。

①スラーリア便秘薬(錠剤タイプ)

 

 

スラーリア便秘薬の有効成分は酸化マグネシウムです。

この成分は胃や腸で消化吸収されずに、大腸まで進んでいきます。

大腸内の浸透圧が高くなるため、腸内に水分が集まってくる効果を持っています。

 

その結果、便が柔らかくなり滑りがよくなるので排便することができるのです。

  • 成人(15才以上)…1回3~6錠
  • 11才以上15才未満…1回2~4錠
  • 7才以上11才未満…1回1~3錠
  • 5才以上7才未満…1回1~2錠

1日1回空腹時に飲みます。

30錠入りで希望小売価格950円(税抜き)

ネット販売の値段はこちら⇒スラーリア便秘薬 30錠

②スラーリア内服便秘薬(液体タイプ)

 

 

スラーリア内服便秘薬の有効成分は硫酸マグネシウム塩酸ピリドキシン(ビタミンB6)です。

硫酸マグネシウムは錠剤タイプのものと効果は同じで、大腸内の浸透圧を高めて水分を集めてくれます。

これによって、便を柔らかくして排便することができます。

 

それだけでなく、ビタミンB6も含まれているのでニキビなどの肌荒れの改善にも効果があります。

  • 15才以上…1回50~100mL
  • 15才未満…服用しないこと

1日1回空腹時に飲みます。グレープフルーツ味。

液状は120ml入り 希望小売価格1本950円(税抜き)

ネット販売の値段はこちら⇒スラーリア便秘内服液 120ml×3

飲んでから効果が出るまでの時間

  • 服用から1~2時間程度で腸の働きが活発に。
  • 服用から3~6時間くらいで排便する。

一般的にこれくらいで効果が出ることが多いようです。

 

人によっては飲んだ日はずっと水下痢が続いたという人もいます。

効果が出るまでの時間と、効果の強さは人によって違うので初めて飲む場合は、予定の無い休みの日の朝に飲むようにしましょう。


スポンサードリンク


錠剤タイプと液体タイプの違い

主成分は酸化マグネシウムと硫酸マグネシウムと少し違いますが、便秘に対する効果は同じです。

  • 液体かor錠剤
  • ビタミンB6が配合されているorされていない
  • 値段が高いor安い

これが違いになります。

液体or錠剤

よくあるのが錠剤タイプの便秘薬ですが、なかには錠剤が飲みづらくて苦手という人もいます。

液体タイプなら簡単に飲むことができます。

 

水が必要ないので、どこでも飲むことができるというのも違いです。

ビタミンB6が配合されているorされていない

液体タイプにはビタミンB6が配合されているので便秘プラス肌荒れに悩んでいるなら選ぶ価値ありです。

値段が高いor安い

値段はかなり違います。

(ネット購入の場合)

錠剤タイプなら1回あたり、80~160円くらいです。

液体タイプなら1回あたり、450~900円くらいで高いです。

どちらを選べば良いのか?

便秘に対する効果は、どちらもマグネシウムが主成分なので同じです。

そのため値段のことも考えると、やはり錠剤タイプの方がおすすめです。

 

液体タイプを選ぶ場合は、

  • 錠剤タイプで効果が無かった(口コミを見ると液体タイプの方が良い)
  • 肌荒れもひどい
  • 錠剤が苦手

こういった理由があるなら、試してみてもよいでしょう。

スラーリアの副作用

腸への負担が少ないことから副作用も少ないです。

ただし、まったくないというわけではありません。

 

まず便秘薬や下剤にどうしても付きまとう腹痛、下痢の副作用があります。

効果が出すぎることで下痢になってしまうようです。

効果は優しいので少ないですが、激しい腹痛に襲われたり、吐き気、嘔吐が起こることもあります。

 

また、依存性(飲まずには排便できなくなる)というのは低いとされていますが、全く無いというわけではないので上手に利用しながら服用する回数と量を減らしていくようにしましょう。

 

長期間、服用を続けていると高マグネシウム血症を引き起こしたという例があるので、要注意。

なお、腎臓病の方は服用前に必ず医師に相談してください。

妊娠中や他の病気で治療中または薬を服用している場合でも医師の指示を聞いてください。

 

スラーリアの口コミ

どちらかといえば、液体タイプの方が効果が高い!という口コミが多かったです。

ただし、水下痢が続いたという効果が強すぎという口コミも。

 

スラーリア内服便秘薬の口コミ(液体タイプ)

〇40代女性

私は1時間くらいで効いてきました。 最初は普通の便だったのですが、その後は・・・水下痢。半日くらいお腹の調子は悪かった。

 

 〇30代女性

グレープフルーツ味と書いていますが、美味しくは無い。2時間後くらいにガスが出まくり、後トイレへ。最初から水下痢でした。何度もトイレへの往復だったので、予定のない休みの日でないと使えないかな。

 

〇30代女性

4時間半で、少しお腹が張ったのでトイレに。少し柔らかめのウンチが、どかん!1回のみで終了。

 

〇30代女性

高い買い物をして腹痛があっただけ。

 

〇20代女性

普段はセンナが入った便秘薬。でも続けているとダメということで飲んでみました。正直、飲んでみてまずい!・・・そして効かない。

 

スラーリア便秘薬の口コミ(錠剤タイプ)
〇40代女性


柔らかくするというだけあってお尻が痛くないんです。 まるで便秘ではなかったかのようなウンチ!

 

〇30代女性

便意を感じてトイレに!効き目も早く1~2時間

 

〇30代女性

ビックリするほど効き目無しでした。ガスすらも・・・。

 

〇20代女性

残念ながら私には効果ありませんでした。 金~土の3日間飲んだけどダメ。

スラーリアが効かない場合

スラーリアが効かない場合もあります。

  • 緩下剤では十分な効果が得られないほど便が硬くなっている
  • 腸の働きが低下しすぎている

こういった可能性が考えられます。

 

また、水分をしっかり摂っているでしょうか。

周りから水分を集めてきますが、水分補給が出来ていないと効果が半減します。

それでも1週間くらい続けてみても、効果が無い場合には1度服用をやめましょう。

 

この場合には腸を刺激するタイプの便秘薬を使用するか、浣腸も検討してみましょう。

これらの方法はどうしても体に負担がかかってしまいます。

 

刺激性便秘薬or浣腸を使う⇒⇒スラーリアなどマグネシウム便秘薬⇒⇒何も使わない

刺激が強いものから、優しい便秘薬に変えていき、最終的には何も使わずに排便できるようになりたいです。

 

便秘薬を使ったあとには、食物繊維、乳酸菌をしっかり取り入れて腸内環境を整えてください。

まとめ

便秘薬のスラーリアについては分かったでしょうか。

どちらも有効成分はマグネシウムで、便を柔らかくする効果があります。

 

空腹時に1日1回飲んで、しっかり水分補給してみましょう。

そしてスッキリ出た場合には、その後に食物繊維、乳酸菌をたくさん摂ります。

 

スラーリアを飲む⇒スッキリ出る⇒食物繊維、乳酸菌をたくさん

これを繰り返していくことで、スラーリアを飲む量と頻度が減っていくはずです。

 

最終的に自力で排便できるチカラを身につけていきましょう!