コーヒーには身体に良い効能がたくさんあることが分かっています。

その中でも、便秘解消に良いことで注目されています。

 

ただし、飲み方や飲む量を間違えれば逆効果になることも知っておきたい情報です。

そこで今回の記事ではコーヒーが便秘に良い理由と、便秘のためのコーヒーの飲み方を紹介します。

スポンサードリンク

コーヒーが便秘に良い理由

コーヒーを適量飲むことは便秘に効果があることが分かっています。

①腸を刺激する

コーヒーに含まれるカフェインには、腸を刺激する作用があります。

適量を摂取するとカフェインによって腸が刺激、排便を促し便秘解消につながります。

②ピラジン

コーヒーはあの独特の香りもまた、便秘に働きかけてくれます。

香りの中にはピラジンという成分が含まれており、これには身体をリラックスさせ、自律神経を整えてくれる作用があります。

 

自律神経が乱れていると腸の動きが鈍くなるため、腸の運動を安定させるという形で便秘解消に貢献してくれるのです。

③コーヒーオリゴ糖

コーヒーを抽出した豆のカスにはコーヒーオリゴ糖というものが含まれています。

これには大腸まで届いて善玉菌を増やす整腸作用があります。

 

ただし、普通のコーヒーにはこのコーヒーオリゴ糖は含まれていません。

「体脂肪が気になる方に」などといった表示がある特定保健用食品にはこれが含まれているので、チェックしてみてください。

スポンサードリンク

コーヒーが便秘に悪影響な理由

コーヒーを飲む量や飲み方によっては便秘を悪化させることもあるので注意が必要です。

1.利尿作用

コーヒーには利尿作用があり、身体のむくみをとってくれるなどのメリットがあります。

しかし、便秘においては身体の水分を排出しすぎてしまうと、便が硬くなるため逆効果となります。

2.クロロゲン酸

コーヒーにはクロロゲン酸という成分が含まれており、これにはダイエットやアンチエイジング効果がある一方で、胃や腸の働きを抑える作用も持っています。

3.砂糖の摂りすぎ

コーヒーに砂糖を入れて飲む人の場合は、砂糖が悪玉菌の大好物であるということを知っておきましょう。

飲めば飲むほど、悪玉菌に餌を与えて腸内環境を悪化させることになります。

4.胃腸への負担

カフェインには刺激があり、これが腸の動きを活発にします。

しかし、摂りすぎると刺激で胃腸が弱ってしまうことがあります。

 

胃腸が弱ると食べたものが消化しきれずに、悪玉菌の餌になるので便秘を悪化させることがあります。

コーヒーを1日に飲む適量とタイミング

コーヒーには便秘に良いものですが、適量を守らないとダメというのは分かったでしょうか。

便秘解消のためにコーヒーを利用するのであれば、1日1~2杯を食後に飲むのがおすすめです。

(多くても1日に3杯までしておきましょう。)

 

食後は胃腸の働きが活発になるので、このタイミングでコーヒーを飲むとカフェインやピラジンの刺激で排便が促されやすくなります。

 

そして、コーヒーを飲むうえで注意することが他にもあります。

カフェインが入っていない飲み物で水分補給する

コーヒーはカフェインによる利尿作用があるため、これをいくら飲んでも水分補給をしたことにはなりません。

逆に飲めば飲むほど利尿作用が働き水分を排出してしまうため、便秘には逆効果です。

 

そのため、コーヒーを飲んだら同じ量の水や麦茶などカフェインの含まれていない飲み物を摂るよう心がけましょう。

(カフェインが含まれていないのは、ミネラルウォーター、麦茶、ルイボスティーくらいだと思ってよいです)

 

便秘には水分補給はかなり大事です。

ノンカフェインの飲み物で最低でも1リットルは飲むようすると便秘解消の助けになります。

(温かいもしくは常温の飲み物で胃腸を冷やさないのも大事)

砂糖ではなくオリゴ糖を入れる

甘くないとコーヒーが飲めないという人の場合は、砂糖では無くオリゴ糖を利用しましょう。

 

砂糖は悪玉菌を増やしてしまいますが、オリゴ糖は善玉菌を増やしてくれます。

腸内環境を改善していくことができるのです。

 

オリゴ糖を選ぶときには純度の高いものがおすすめです。

⇒⇒口コミで日本一売れている噂のオリゴ糖です

まだまだある!コーヒーの効能

コーヒーは眠気覚ましや便秘解消だけでは無い、たくさんの効能があります。

 

  • ダイエット
  • アンチエイジング
  • リラックス
  • 脳の活性化
  • 二日酔い防止
  • 消化促進
  • 糖尿病の予防

などといったすばらしい効能があります。

食後のタイミングで適量飲むようにして、飲み過ぎない習慣をつけてみてはどうでしょうか。

コーヒーで腹痛が起こるのはなぜ?

ときどき、コーヒーを飲むと腹痛が起こるという人がいます。

 

その中でも最も大きな原因として考えられるのはカフェインによる胃酸の分泌作用です。

カフェインを摂ると胃で積極的に胃酸が発生するため、これによって腹痛が起こるというわけです。

 

空腹状態でコーヒーを飲んだ時に特に起こりやすいので、基本的にコーヒーは食後と心がけておくことが大切です。

 

もし、コーヒーをいつ飲んでも腹痛が起こるというのであれば、体質的に合ってはいません。

無理して飲んでいると胃腸に負担が続くため、控えるようにしましょう。

まとめ

コーヒーが便秘解消に良い理由は分かったでしょうか。

 

  • カフェインで腸を刺激
  • ピラジンで自律神経を整える
  • コーヒーオリゴ糖で善玉菌を増やす

この3つの効果で便秘に効いてくれるのです。

 

ただし、注意することは飲み過ぎると便秘を悪化させるので、1日に1~2杯くらい食後に飲むくらいまでにしておくべきです。

 

そして、コーヒーは水分としてカウントせずに、ノンカフェインの飲み物で水分補給をしっかりするようにしましょう。

砂糖を入れないと飲めない!という人は、オリゴ糖を加えてみるというのも便秘に良い1つの方法です。

 

おすすめのオリゴ糖プラスコーヒーで便秘解消を試してみましょう。

⇒⇒1日たった79円でするっと出るその秘訣は?