花粉症などのアレルギー性鼻炎に悩んでいませんか??

アレルギー性鼻炎の原因についてはきちんと知っておくのは、対策を立てるのに役立つでしょう。

 

今回の記事では、アレルギー性鼻炎の原因と治し方について紹介していきます。

スポンサードリンク

アレルギー性鼻炎はどんな病気?

アレルギー性鼻炎は名前の通りですが、アレルギーによって起こる鼻炎です。

もちろん花粉症もアレルギーです。

アレルギー性鼻炎の症状

アレルギー性鼻炎の症状は

  • くしゃみ
  • 鼻水
  • 鼻づまり

これがアレルギー性鼻炎の3大症状です。

 

特徴の1つに連続したくしゃみが出るところです。

また、鼻水はサラサラで透明なものがずっと出るので見分けることができます。

 

これらの3大症状の他に、せき、のどの違和感、異物感、目のかゆみといった症状がでる人も多くいます。

スポンサードリンク

風邪とアレルギー性鼻炎の見分け方

風邪⇒⇒最初は透明の鼻水だがネバネバ、白・黄・緑色になっていく

アレルギー⇒⇒ずっと鼻水がサラサラ透明

 

1週間以上経ってもサラサラで透明の鼻水ならアレルギー性鼻炎の可能性が高いでしょう。

 

ただし、その後に蓄膿症に進行することがあります。

そうなると長期間、黄・緑色の鼻水が出るようになります。

 

アレルギー性鼻炎の原因は

アレルギー性鼻炎は花粉、カビ、ハウスダストなどのアレルゲンを吸い込むことで起こります。

アレルゲンに対して身体が過剰に反応してアレルギー反応が出てしまいます。

 

アレルギー反応とは自分の体内にない物質を排除しようとする身体の働きで、その結果起こる鼻の症状のことをアレルギー性鼻炎と呼んでいます。

免疫のバランスが崩れていることで起こると言われており、生活習慣が大きく関係しています。

アレルギーを悪化させる生活習慣

アレルギー症状を悪化させる生活習慣で気を付けたいポイントは「睡眠、ストレス、食べ物」の3つです。

 

睡眠不足はアレルギーの大敵です。

疲労が蓄積されることで免疫力の低下、自立神経の変調を招きやすくなり、結果としてアレルギー症状が悪化してしまいます。

 

ストレスもアレルギー症状を悪化させてしまいます。

身体のいろいろな調節をしている自律神経が乱れてしまうためです。

 

また、食べ物の中にはアレルギーを悪化させる原因となるものが多いため注意しておくと良いでしょう。

アレルギーを悪化させる食べ物

食べ物はアレルギーに大きな影響を与えています。

①ヒスタミンを多く含む物

ヒスタミンとはアレルギー症状を引き起こす物質です。

これを多く含む食べ物にはアレルギー症状を悪化させる可能性があります。

 

  • 青魚
  • 赤魚
  • お肉
  • 赤ワイン
  • トマト
  • なす
  • たけのこ
  • ほうれん草
  • えのきだけ

とくに青魚、赤魚には多く含まれているので、新鮮なものを選んで、解凍したらすぐに調理するようにしましょう。

②セロトニンを多く含む果物

セロトニンはアレルギー症状に悪影響を及ぼす物質と言われています。

これらが多くふくまれる果物もアレルギー症状を引き起こす恐れがあります。

 

  • バナナ
  • キウイ
  • パイナップル

セロトニンはストレス解消にも役立つと言われていますが、食べ過ぎには注意しておきましょう。

③ハム、ソーセージなどの加工肉食品

加工肉食品には酸化防止剤が入っていますが、この酸化防止剤に使われる亜硝酸塩などの刺激物はアレルギー症状に悪影響を及ぼします。

香辛料、スパイスなども刺激物質のため、摂取には注意が必要です。

④砂糖

砂糖(糖質)は分解される際に多くのビタミンやマグネシウムなどを必要とします。

大量の砂糖を摂取するとビタミン不足になりやすくなります。

 

そして分解できずに残ったものやビタミン欠乏などの影響がアレルギー体質を引き起こす可能性があると言われています。

 

また砂糖をたくさん摂取すると腸内に悪玉菌が増加してアレルギー体質に傾きやすくなります。

⇒⇒甘いものを食べ過ぎると便秘になってしまう6つの原因!

⑤アルコール

アルコールを摂取することでアセトアルデヒドが体の中で増え、ヒスタミンの増加を促すことが分かっています。

またアルコールを摂取することで血行が良くなり、喉や鼻の粘膜を刺激するためアレルギー症状が悪化することがあります。

⑥マーガリン、ラード、ショートニングなどの加工油脂

炎症作用が高く、免疫機能に悪影響を与えるトランス脂肪酸が多く含まれています。

これは外国では使用禁止されていることも多く、できるだけ摂らない方がよいものです。

 

  • カップラーメン
  • 菓子パン
  • 総菜パン
  • マーガリン
  • ラード
  • ショートニング

 

アレルギーの大きな原因の1つと言われています。

トランス脂肪酸が含まれているものは避けるようにしましょう。

⑦リノール酸

あまり聞きなれないかもしれませんが、リノール酸の摂り過ぎは炎症を悪化させるためアレルギーにとっては見過ごせません。

 

  • ひまわり油
  • ごま油
  • コーン油
  • 大豆油
  • サラダ油
  • ベニバナ油

これらにはリノール酸が多く含まれています。

普段料理で使っている油を変えてみたり、スナック菓子・外食を控える必要があります。

(外食で使われている油はほとんどがリノール酸が多い物)

 

また、揚げ物などの脂っこいものは腸内環境を悪化させるのでアレルギー症状を悪化させる可能性が高まります。

⑧高たんぱくな食材

肉、卵、魚卵など、高たんぱく質な食材はより多くの消化しにくいです。

たくさん摂りすぎると、分解されなかったものを身体が異物とみなしてしまい、アレルギー反応を引き起こすことがあります。

 

また、たんぱく質は腸内の悪玉菌のエサになるので、腸内環境を悪化させます。

 

腸内環境はアレルギーと大きな関係があります。

乳酸菌によって腸内環境を改善されるとアレルギー症状も改善されることが分かっています。

 

これは腸内に免疫を担当する器官が集まっているためです。

たとえば、FK23菌抽出物にはスギ花粉に対するアレルギーに効果があることが報告されています。

 

FK23菌抽出物が入っているサプリメント

⇒⇒赤ら顔でお悩みならFK23菌抽出物配合のカルグルト

アレルギー性鼻炎をどうやって治すのか?

アレルギー性鼻炎は本当に治すことは根気が必要です。

完全には治すことが無理でも症状を改善する方法もあります。

アレルギー性鼻炎の改善方法

1.できるだけ原因物質を排除する

掃除や外出時の工夫でとにかく徹底的にアレルギーの原因となる物質を体にいれないようにすることは大事です。

 

例えば、花粉症であれば窓を開けない、外出時にはマスクや眼鏡などをしておきます。

ハウスダストが問題なら、掃除を徹底的にする必要があります。

2.抗アレルギー薬による薬物療法

1番多い方法なのが抗アレルギー薬を使うことで、かなり症状を抑えることができます。

ただし、アレルギー性鼻炎の症状を改善するだけで、根本的な解決ではありません。

3.レーザー治療

薬物治療で効果がなかった人や、症状が重い人、薬の内服ができない場合などはレーザー治療が適応になることがあります。

 

レーザー治療とは鼻の中の粘膜をレーザーで焼くという方法です。

一週間ほどは腫れたり鼻水が出たりするため、効果が出るまでに少し時間が必要ですが効果は抜群です。

 

デメリットとしては効果が長続きしないことです。

4.減感作療法

治療用のアレルゲンエキスを非常に薄い濃度で少量ずつ投与していく治療法です。

アレルゲンを少しずつ投与して慣らしていく治療方法で、完全に治すことができる方法です。

 

デメリットは長い場合は数年継続しないとダメで、なかには全然効果が出ない人もいることです。

身体の中からアレルギー性鼻炎を改善する

アレルギーは免疫の異常なので、免疫バランスを整えてアレルギー症状が出にくい身体にするという方法もあります。

それには腸内環境が大きく関わっています。

腸内環境とアレルギーの関係

腸内環境が良い状態に保たれているとアレルギー症状が軽減されることが分かっています。

腸内で身体の7割の免疫を担当しているからです。

 

腸内の善玉菌が増えて、悪玉菌が減っているという状態にしておくことが大事なのです。

乳酸菌でアレルギー性鼻炎を改善してみよう

そして善玉菌を増やすためには乳酸菌を摂ることが必要です。

乳酸菌は善玉菌が住みやすい環境にしたり、善玉菌のエサとなることができます。

 

少し大変なのは毎日続ける必要があるということです。

乳酸菌は腸内で生き続けることが出来ないためです。

 

ヨーグルトを毎日毎日食べ続けることが難しい場合は、サプリメントを利用してみると良いでしょう。

 

おすすめしているサプリメントならヨーグルトより多い数・多い種類の乳酸菌を摂ることができます。

⇒⇒☆1粒に500億個☆ヨーグルトの5倍以上の乳酸菌!

アレルギー性鼻炎の検査がしたい場合

自分がアレルギーを持っているのか確認したい場合は、病院で検査をすることになります。

検査方法にも基本的に3つあります。

①血液検査(特異性IgE抗体検査)

採血して抗体の種類を調べる検査です。

例えばスギ花粉、ハウスダストなど、どんな物質に対してアレルギー反応を起こすのかを特定します。

②パッチテスト

様々なアレルゲンのエキスをつけて、どれに反応するかを調べる検査です。

反応があればその物質にアレルギーを持っていることが分かります。

③好酸球検査(こうさんきゅうけんさ)

鼻水を採取してアレルギー性鼻炎の人に多くみられる「好酸球」という細胞があるかどうかを調べる検査です。

まとめ

アレルギー性鼻炎のことは分かったでしょうか。

 

  • 連続したくしゃみ
  • サラサラで透明な鼻水
  • 目、ノドのかゆみ

これらの症状があればアレルギー性鼻炎の可能性が高いでしょう。

 

アレルギー性鼻炎を完全に治してしまうのは難しいです。

ただし、生活習慣、食事で改善できるとも言われています。

 

睡眠、ストレスは気をつけて、食事も気を配るようにしましょう。

とくにトランス脂肪酸とリノール酸には要注意です。

 

また、腸内環境を整えることでアレルギーが改善できることも少なくありません。

脂っこい、お肉中心の食事を控えてお腹に優しい食生活を目指すようにしてください。

 

なかなか難しい場合には、乳酸菌サプリなどで補助的にお腹の調子を整えると良いでしょう。