便秘になっているとお腹にガスが溜まって苦しいということは珍しいことではありません。

 

  • 便秘でなぜガスが溜まってしまうのか?
  • それ以外にガスが溜まる原因はあるのか?
  • 溜まったガスを解消する方法は?
  • 市販されているガスピタンってどうなの?
  • お腹にガスが溜まっていると悪影響があるの?

 

こんな情報を知りたいのであれば、ぜひ読んでみてください。

今回の記事では便秘とガス溜まりについて紹介していきます。

スポンサードリンク

便秘でお腹にガスが溜まるのはなぜ

お腹にガスが溜まるのは便秘で悪玉菌が増加することで起こります。

便秘などで3日以上出ないと、腸内に溜まった食べ物が悪玉菌によって腐敗していきます。

 

腐敗すると、インドールやスカトールと呼ばれるガスが発生します。

これがお腹のガスの正体です。

 

お腹がはっているという症状は腸内にガスが充満しているサインです。

とくに便秘で悪玉菌が増えていると、ガスの量がかなり増えてしまいます。

 

これ以外にもガスが溜まってしまう原因はあります。

便秘以外でガスが溜まる原因は

スポンサードリンク

①同じ姿勢

座り仕事などで長時間座りっぱなしの人も、ガスが溜まりやすいです。

これは同じ姿勢のため、腸の動きが低下するからです。

②締め付ける服装

また、着圧式の靴下やタイツ、締め付けのきつい下着も同様です。

腸を圧迫し、働きを鈍らせてガスを溜めてしまいます。

③おならを我慢する

おならを我慢することが多い人も、ガスが溜まりやすいです。

ガスを出さない習慣をつけることで、知らない間にガスが排出されにくい体を作ってしまうのです。

 

確かに、人前でおならをするのは恥ずかしいことで、エチケットとしてもよくありません。

ガスが出そうになったときは、トイレに行くなどしてなるべくガスを体の中に溜めないようにしましょう。

④腹筋が弱い

腸の蠕動(ぜんどう)運動の働きが弱いことも、ガスが溜まる原因の一つです。

ガスを排出するには、腹筋からの圧力が必要となります。

 

蠕動運動の弱い人は、腹部の筋力が弱いので、腸内に溜まったガスを圧で排出することが出来なくなってしまっています。

⑤ストレス

ストレスもガスをためてしまう原因と考えられています。

腸内で発生するガスと、口から飲み込む空気によるガス、この2種類のガスがお腹の中に溜まります。

 

ストレスでで空気を多く飲み込んでしまう呑気症の場合は、ガスが溜まりやすくなります。

⑥炭酸飲料

炭酸飲料やビールの飲みすぎも、ガスが溜まる原因です。

炭酸に含まれる二酸化炭素が体の外に排出されず体内にとどまると、それがガスになってしまうからです。

⑦暴飲暴食

暴飲暴食もお腹の中で異常発酵が起こりやすいので、ガスを発生させてしまいます。

⑧イモ類の食べ過ぎ

イモや豆類、根菜類などガスが出やすいものを食べ過ぎた時も出やすいです。

ただし、イモ類などは悪玉菌が腐敗させずに、善玉菌が利用するので悪いガスは出ません。

 

このように、ガスが溜まる原因というのは非常に多く、便秘悩んでいない人でも、ガスが溜まって苦しい思いをしているという人が多いのです。

お腹のガスを解消するには

お腹を圧迫する原因を取り除く

締め付けのきつい服装や下着がを身に着けているなら、締め付けを取り除けばガスが溜まるのを改善できます。

 

座り仕事などで長時間同じ姿勢でいる時は、ストレッチを取り入れると良いです。

休憩中は立ち上がって動くようにする、座っていてもウエストをひねって腸を刺激するのが効果的です。

腸に刺激を与える

お尻からウエストラインにかけて、こぶしでトントンと軽くたたきます。

気持ち良いと感じる程度の強さで大丈夫です。

 

たたく振動によって筋肉がほぐされ柔らかくなること、振動による刺激で、ガスが出やすくなります。

腹筋運動をする

運動習慣がなく、筋力が低下しているという自覚のある人には腹筋運動も効果的です。

 

寝そべった状態で膝を90°の角度に立てます。

息を吐きながら上半身を軽く起こします。

 

このとき起き上がる必要はなく、おへそが見えるような角度まで体が持ち上がれば十分です。

 

そして息を吸いながら再び寝ころんだ状態に戻る。

7回を1セットとし、一日3セット取り組めば徐々に筋力がアップし、ガスが出やすくなり、便秘解消の効果もあります。

 

筋トレを行う場合は3日に1回くらいで十分なので続けてみましょう。

ストレッチをする

最近便秘解消法としても注目を集めている腸ストレッチは、便秘解消にも、ガスの解消にも効果的です。

 

仰向けに寝転んだ状態から、片足を胸の部分で抱え込みます。

その状態のまま腹式呼吸を10回します。

 

終わったら一度体を起こし、反対側も同様に行います。

両足1回ずつを1セットとして、1日3セット行いましょう。

 

早い人であれば、このストレッチをした後すぐにガスが排出されることもあります。

お腹を暖める

お腹を暖めることで腸の動きが活発になるので、ガスが出やすくなります。

ガスが張って苦しい時にはおすすめです。

 

使い捨てカイロをお腹に張る、お腹を時計回りに手のひらでさする、温かい飲み物を飲むなど暖めてみましょう。

ガスピタンの効果は

ガスピタンは、大腸にあるガスをつぶしてガスを吸収しやすくすることで、腸内のガスを消失させるものです。

 

ガスピタンに配合されている消泡剤(ジメチルポリシロキサン)が腸内のガスの膜を薄くします。

これによって、ガスが腸に吸収されガスが消失するのです。

 

腸内のガスを発生させる過剰な食物繊維を分解するために、消化酵素の一つであるセルラーゼAP3という成分も配合されています。

 

ガスピタンは、便秘によって発生する腐敗ガスも、他の原因によって発生するガスも、どちらにも作用することが出来ます。

ガス溜まりを改善できる唯一の薬がガスピタンなのです。

 

ガスピタンにはフェカリス菌やアシドフィルス菌、ビフィズス菌も配合されているため、整腸作用も期待出来ます。

便秘によってガスが溜まりやすい人にとっては、ガスだまりの改善と便秘解消と一石二鳥の効果が期待できそうです。

ガスピタンの副作用は

ガスピタンは薬ではなく整腸剤なので、副作用が少なく安全性が高いとされています。

 

ところが、ごくまれに発疹や赤み、痒みなどの症状が副作用として表れるという報告もあります。

人によっては腹痛や下痢などを副作用として引き起こすこともあるようです。

 

ガスピタンに含まれる成分で、刺激されて腸の運動が活発になってしまったことが原因と考えられます。

 

皮膚の症状や腹痛、下痢などの副作用と見られる症状が出た場合は、すぐに使用を中止して病院に行くようにしましょう。

 

ガスピタンは医薬品の中でも『第3類医薬品』に分類されます。

第3類医薬品というのは、激しい副作用もなく医師の処方箋がなくても個人で購入できる医薬品のことを指しています。

 

安心な医薬品であるという認識で大丈夫なのですが、人によっては副作用が起こる可能性もゼロではないということを頭に入れておきましょう。

参照:小林製薬

お腹にガスが溜まると悪影響がある?

体臭と口臭がきつくなる

お腹が張るという気持ち悪い、痛い症状以外に代表的なのが、体臭や口臭がきつくなるという悪影響です。

ひどい人だと、口臭がうんちのような臭いになってしまうこともあるほどです。

 

腸内に溜まって排出されない腐敗ガスは、腸壁から血液に吸収され全身をめぐるようになります。

そして、汗や息などから体の外に排出されるため、臭いがきつくなってしまうのです。

血行が悪くなる

また、血液中に流れる腐敗ガスは、老廃物の一つでもあります。

 

老廃物が正常に排泄されないと血流を悪くさせてしまうため、冷え性やむくみなどといった悪影響を及ぼすこともあるのです。

肌荒れが起こる

肌荒れの原因にもなってしまいます。

 

肌の新陳代謝は血液からやってくる酸素と栄養素によって成り立っています。

しかし、腐敗ガスが入ってしまった血液では新陳代謝に必要な酸素も栄養素も得られません。

 

これによって肌の新陳代謝が滞ってしまい、ニキビなどの吹き出物が出来たり、乾燥したり、くすんだりしてしまうのです。

お腹のガスの対策をすることで、肌が綺麗になったという人も多いです。

まとめ

ガスがたまるというだけで全身にさまざまな悪影響が出てしまいます。

溜まりやすいとい自覚のある人は、ガスが溜まらないように生活習慣の見直しをすると良いでしょう。

 

とくに便秘解消するような対策をしていくとガスが溜まらないようにもなっていきます。

きちんと便秘対策をしていきましょう。

 

なかなか上手く便秘が改善されないのであれば、こちらを試してみるのはどうでしょうか。

⇒⇒1日たった79円でするっと出るその秘訣は?